2013-05-23(Thu)

おじんの星。

子供達が通う小学校の父親達が集まったソフトボールチームの試合があった

僕は生まれてこの方ソフトボールも野球もビタイチやったことがない。ずっとスポコン的なものを避けて来てロリコンになってしまったというダメ人間が何故所属しているのか。それはいろいろあって省略するが、ご近所付き合いメインで、ということで。

未経験者なので当然補欠であるが、試合の日の朝、娘・R(9才)が

「パパの試合、みたあい」

と言うので困ってしまった。

「見たいっつってもパパ補欠だぞ。出ないぞ」

「でもいいの!」

なんだか嬉し恥ずかし的な状況。

「じゃああとでパパたちの試合の時間に合わせて連れて行くよ」

嫁が連れてきてくれるようなので試合開始予定時間を伝えて会場に向かった。

今日は6チームが集まって3チームずつの2ブロックに分かれ、2試合ずつ行なう。そしてそれぞれのブロックの1位同士で決勝戦になる。

「ま、決勝には行かないっしょ」

ウチはわりと新参の方なので、みんなのほほんと構えていた。

第一試合。先攻を取れたウチは、体力と集中力が切れない序盤のうちに連続安打で大量得点を叩き出し、一気に勝負を決めた。

試合が終わる頃に嫁がRと息子・タク(7才)を連れて来た。

「え、なんでこんなに勝ってるの」

嫁はスコアボードを見て目を丸くする。僕らのチームをナメてるので、まさか勝ってるとはビタイチ予想してなかったようだ。一方、タクは来て早々

「ねえプール行きたい!」

パパッ子のRに対し、ママッ子のタクは僕らの試合などまるで眼中になかった。

「Rは行きたいって言うけれどもタクは行きたくないって言うし…でもタクだけ置いてくるわけにはいかないから、あとでプール行こうねってことで、プールをエサにして連れて来たのよ!」

今僕らがいる運動公園のすぐそばに区営のスポーツセンターがあり、その中のプールがキレイで料金も安いのだ。

Rは大人しく試合を観ていたのだけれども、

「なんでパパは出てないの!」

やっぱりそう聞くので

「パパ補欠だからさ~、ほら、みんなうまいっしょ」

と答えてていると

「そーいう言い方ダメよ!パパはね、秘密兵器だからね!」

周りのパパさん達がフォローを入れてくれた。ううう、ありがとう。

そのうちタクがプールプールとやかましくなってきて、試合もちょうど終わったので

「じゃあ1時間チョイぐらい泳いだらまた来るね」

嫁と子供達はプールに向かって行った。次の試合が2時間後ぐらいにあるのでまた見に来るという。

「パパ頑張ってね」

去り際にRが応援してくれた。補欠親父なのにいい子だなあ…。秘密兵器ってのを信じちゃってるのだろうか。心が痛い。

本当は秘密兵器じゃなくて、いつもお股から牛乳のようなモノを垂れ流してるミルク性器なんだ…。

後半へ続く(ちびまる子風)

↓応援クリックよろしくです。

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog