2013-04-29(Mon)

靴を買うのが苦痛。

「子供達の靴を買って欲しい」

と嫁から命令が下った。なんでも娘・R(9才)も息子・タク(7才)も、靴に穴が開いてしまってダメなのだという。

子供達のお気に入りで、今までずっと買っているアキレスの瞬足は、速く走れるように作られているらしいがすぐダメになるというのが嫁と僕の印象である。

このへんで靴を売っているところというと、靴流通センターと西友なのだが、西友は近寄りたくなかった。何故ならば、西友にはオモチャ売り場もあり、タクがおおハマリしている「ポケモントレッタ」という1回100円のゲーム機があるからである。

これをやるのは1ヶ月500円という制限を定めていて、今月はとっくにリミットをオーバーしてしまっているので来月までなんとかガマンさせている。しかし現物に近付いてしまうと

「やっぱりやりたいよう~」

とガマンの限界をあっさり超えることは間違いないのだ。そんなわけで選択肢はひとつだけであり、靴流通センターに向かった。タクは店の壁に「速い」と書かれたNIKEの靴の広告を見て

「ここに『速い』って書いてあるからこれがいい」

あっさり広告を信じて、これまでずっと履いていた瞬足をあっさりやめ、NIKEの靴にしてしまった。一方Rはいつまでたっても

「うーん…」

売り場をうろうろするだけでなかなか決まらない様子。

「これはどうだい?」

と僕が選んでみても

「やだー」

首を縦に振らない。

「もうこれ以上子供用の靴はないよ。西友行くか?」

やむを得ずもうそっち行くしかない、と言うと

「でも…西友行くと…たっくんが…トレッタ」

Rはヒソヒソ話でタクのおねだりを心配した。

「でも君の靴が決まらないとどうしようもないじゃないか」

ということで西友に。

「ポケモントレッタはやらないぞ。オモチャ売り場にも行かないぞ。靴を買うだけだぞ」

散々タクに念押ししたが、いざ店内に入ると

「見るだけ!見るだけだから!」

タクは僕らを振り切ってオモチャへGO!してしまった。本気で捕まえる気になればなれたのだが

「先っちょだけ!先っちょだけだから!」

という自分自身の情けない振る舞いと重なってしまい、追う気力が失せてしまった。

「たっくん行っちゃったよ…」

心配そうなRをよそに

「どうせポケモントレッタの前で地蔵になってるから迷子にはならないだろう」

ということでRとふたりで靴売り場に行くことにした。Rも悪いと思ったのか今度は「これがいい」と靴を決めてくれて、お会計を済ませてオモチャ売り場にタクを探しに行くと、案の定ポケモントレッタの前で他の子供達がやっているのをじーっと見て固まっていた。

「タク、帰るよ」

「やっぱりやりたい」

「見るだけって言ったろ」

「やっぱりやりたい」

「ダメ!今月はもう500円以上やったろう!それに君は今お金持ってないだろう!」

心を鬼にして腕を引っ張りとっとと店を後にした。ただ家に帰る途中でも

「今はお金ないけど、おうち帰ったらお金払うから100円貸して」

とか

「ボクは500円使ってない。栃木のおばあちゃんが出してくれたんだ」

とかもううるさいうるさい。

「やっぱり西友は行かない方がよかったね」

Rは横からヒソヒソ言うし、

「お前のせいだー!」

なに他人事のように言ってるんだ、といくら可愛い可愛いRでもさすがに切れそうになった。。

靴を買ったらヘリクツまで付いてきた、というお話でしたとさ。

↓応援クリックよろしくです。

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog