2013-04-02(Tue)

ソーサー、100%勇気。

日曜日の昼間、嫁は昼ご飯を作ってくれて、その後「美容院に予約してるから」と言って出掛けていった。

ご飯を食べ終わった僕は、娘・R(9才)と息子・タク(7才)に

「お皿洗おうぜ」

ちょっとぐらいお手伝いしようぜ、と呼びかけた。

「いいよー」

Rは普通に言うことを聞くのだがタクは

「なんで!やだ!ママにやれって言われてないもん!」

断固として拒否。パパがやれって言ってもやらないんかい。タクはやる気は更々ないようだ。皿だけに。

「じゃあパパとRちゃんでやろうか」

「うん」

そんなわけで僕とRで皿洗い。

「ママが帰って来たら『Rがやった』って言うんだよ」

「うん。たっくんはやらなかったって言う」

「Rはスポンジであわあわする方がいい?それともあわあわを流す方がいい?」

「スポンジであわあわ!」

などと役割分担をしながら皿洗い。わりとすぐ終わってしまった。質素な昼飯なので食器の数もタカが知れている。

「はい、おつかれさん」

終わった後はRはすぐぬいぐるみだのを引っ張り出してきて遊びを始めた。嫁が帰って来たのはそれから2時間後ぐらいだったろうか。

「ねえねえママ、Rとパパでね、お皿洗ったんだよ」

Rはすさかず得意気に嫁に報告。褒めて褒めて~という顔をしていたが、

「なーにこんなに散らかしてんの!」

皿洗い後のお遊びで、あまりにもオモチャを部屋にぶちまけまくり、散らかし過ぎてひどいカオス状態になっていたため、褒められるどころか怒られてしまったとさ。僕ももうちょっと早く気付いていれば…。目を離して隣の部屋でインターネッツやってたりウツラウツラと惰眠を貪ってしまっていたことよ。

しかし嫁もそんなに怒ることはないだろうに…。機嫌が悪いのだろうか。ということはアレなのだろうか。

皿だけに、さらさーてい。

↓応援クリックよろしくです。

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog