--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-03-22(Fri)

はぐれメタル純情派。

近所の小学校で、近所のおっさん達によるソフトボールの練習試合に参加していた。

3試合ほどやり、相手が勝ったりこちらが負けたりしていてお疲れ様でしたー、と後片付けをして帰り支度をしていると、

「そこの12番!」

大声で怒鳴る声がするので誰だと思ってキョロキョロしてみると、息子・タク(7才)が走ってやって来た。

「親を番号で呼ぶんじゃない!」

12番は僕の背番号なのだ。そう叱りつつも、なんでこんなところにいるのか。娘・R(9才)やその友達とこの辺をうろついて遊んでいたのは知っていたので、何故ひとりなのか、と聞いてみると

「○○公園に行く途中でRちゃんたちがいなくなっちゃんたんだよ」

とぷんすかしていた。

「偉そうに言うけど要はお前がはぐれたんだろう」

そういえばこの子ははぐれメタルにどことなく似ているなあ…と思いながら言うと

「そうだよ!」

逆ギレされた。R達とはぐれたタクは僕がここでソフトボールをやっているのを知っていたため、とりあえず来たのだという。確かに公園からは家に帰るよりこの学校のほうが近い。

「とりあえず公園に行ってみよう」

とタクの手を取り公園に向かう。

「ボクは公園から学校まで一人で歩いてきたんだよ。すごいでしょう」

公園から学校まではほぼ直線で徒歩2分ぐらいなのだが、まだひとりで外を出歩くことを許されていないタクにとっては冒険だったんだろうなあ。

公園に着くと

「あっRちゃんの自転車だ!」

Rとお友達の自転車が止まっているのを発見。

「たっくんいたー!」

すぐさま本人たちも駆けつけて来て無事合流することが出来た。Rのお友達がケータイを持っていて、お友達のママ経由で嫁に「タクがいなくなった」と連絡してくれていた。僕はお友達に謝って、またママに見つかった旨の電話をしてもらうようお願いした。僕は嫁に電話をした。

「あーよかったー!ウチに帰ってくるかもしれないしどうしようかと思ってたんだ…」

嫁もとりあえずひと安心したようで、時計を見るともう夕方5時過ぎ。

「もうこんな時間だからそろそろ帰ろうか」

お友達にはありがとねー、と言ってお別れし、Rとタクと家まで歩く。

「こういうのってどっちが悪いの?」

タクに振り回されたRはご機嫌斜めであった。

「うーん、見てたわけじゃないから分からないけど、君らは自転車でタクは歩きだからどうしても差がつきやすい。お互い離れないで、曲がる時は『こっちだよ』とか声掛けて行くのが一番だよ。集団登校と一緒だ」

と言うと、

「えー!」

100パータクが悪いという見解じゃなかったのでRはあまり納得してないようだった。おっとり屋のRにしてはめずらしく食い下がる。

息子ははぐれメタルで、娘はハグレッシブ、ってか。

↓応援クリックよろしくです。

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。