--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-02-17(Sun)

MMK息子。

息子・タク(7才)が

「パパーみてー。Mちゃんにもらったー」

と、バレンタインチョコを僕に見せびらかす。Mちゃんとは、タクにラブレターをくれたクラスの女の子で、タクもまんざらではないらしく、わりとラブラブらしい。く、悔しくなんかないし。

「ちゃんとホワイトデーにお返しするんだぞ。Mちゃんを大切にしなさいよー」

いつまでもモテるなと思うなよ、今のお前は一発屋の芸人と同じだと思え、と教えたら

「ホワイトデーじゃないよ。もう返した。返したっていうかボクもおうちで作ったチョコあげたもん」

「お…おう、そうか、うーん」

「他に4個もらった」

「意外とモテるんだね、君…」

僕は唸ってしまった。男がチョコを手作りして女の子と交換するって凄いことだなあ、と。最早バレンタインデーというのは、男は「気にしないフリ男の子」とばかりに単にソワソワ待っていればいい、という時代じゃなくなっているのか。それぐらいマメじゃないと埋もれてしまうのだろうか?21世紀は恐ろしい。

ともかく小学校1年でもバレンタインはちゃんとやってるんだなあ…と。僕が子供の頃はどうだったっけ、と思い出しても思い出せない。いや、思い出せない、じゃなくて、僕はその頃もらった実績がない、っていう気付きたくなかったに気付いてしまい、軽く泣きそうになった。

1年生の女の子が好きな男の子にあげるくらいだから、娘・R(9才)の年なら尚更だろう。ていうかRって男の子にあげたことあったっけか?」

「Rちゃんはチョコ男の子にあげないのかなー?」

あまりがっつくと引かれるので、あくまで話のついでだから聞きました、的の話してみると

「あげないよー」

とのことで

「ふーん、そうか」

素っ気ない口調で答えたが、内心超ガッツポーズものである。まずは一安心。

「どんな子にあげたの?」

「えっとねー…」

Rは女の子4人ぐらいとチョコの交換をしたらしい。

「あげたい男の子とか、いないの?」

とさり気なく(どこがだ)聞いてみたら

「いなーい」

よっしゃああ。これでまた安心。

バレンタインは義理チョコでももらって嬉しいものであるが、義理ノムスコとなると今のところいらないのである。

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。