--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-02-12(Tue)

タオラー卒業。

嫁と子供達が実家から帰って来た。

娘・R(9才)は

「あのねープラネタリウムに行ったのー。外は寒いから、でもR達はどうせ暴れるから寒くても平気だけど、ママ達は寒いから、外じゃないところにしたのー」

とたどたどしく説明する。なるほど、プラネタリウムに行ったというのは昨日のメールで知っていたが、そういう嫁の思惑があったのか。

「パパのお膝座らせて!」

久しぶりに会ったせいか、やたらとベタベタ甘えてくるのがカワイイ。そして息子・タク(7才)は

「ねー、ボク、タオルふんふん卒業したんだよ!」

「えー!」

タクは生まれてからずっと、ハンドタオルを手に持ち、鼻や口に当ててふんふん匂いや感触を楽しむクセがあったのだが、遂に卒業したのだという。なんだか数年前、僕が禁煙した時のことを思い出した。

「偉いなあ。ところでなんでやめようと思ったの?」

これまでいくら「やめてみたら?」と言ってみても全く聞く耳を持たなかったのに、どうして?と聞いてみたら

「うーん、それはねー、話すとむずかしいから、しない」

「なんだそれ!」

Rは説明が苦手ながら一生懸命説明してくれたのに、タクはハナから説明を放棄してしまった。僕は、嫁母あたりに強く言われたんじゃないか…?などと考えているのだが…結局タクは教えてくれなかった。

その後お風呂に入った時に

「あー!タオルふんふんしたい!ふんふんしたい!」

と禁断症状が出て来たようだ。本当に僕が禁煙した時とまるで同じだ。

「パパもタバコやめた時つらかったんだよ。ところでなんでやめようと思ったの?」

「いわない!」

タオルの禁断症状でピンチなタク。僕は説明しろと迫る。

絶体絶命ならぬ絶対説明ってか。

↓応援クリックよろしくです。

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。