--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-02-11(Mon)

Negiccoライブ「下北沢GARDEN present’s BATTLE LIVE!LIVE!LIVE! vol.1」

Negicco
Negiccoを観るのは1月5日の浅草「まつり湯」以来。

ライブのことを書く前に私的日記。

下北沢に来たのは、何年か前ペニバン、じゃなかったヴィレバンで「臨死!!江古田ちゃん」の作者である瀧波ユカリ先生のサイン会に足を運んで以来である。

瀧波先生は単行本の中で江古田のキャバクラ「EKD48」(現在は店名変更)に行ったことを書かれていて、それがきっかけで僕も行ってしまったんだよなあ、などと思い出しながらライブ会場に入ったら、ハイパーヨーヨの旗を振り回してる知り合いのオタさんに遭遇。僕を指差して、

「この人、ネギッコのライブ終わってからキャバクラ行こうかどうしようかとかツイッターに書いてる人なんですよ!」

と紹介されてしまった。そ、そんなこと書いてないし!(書いたかも)

ハイパーヨーヨのライブでは、メンバーの”ちゃんゆみ”さんのお誕生日記念ワンマンライブの告知があり、その中で

「ちゃんゆみは、キャバ嬢じゃないんで、プレゼントとかはいりません。足を運んでくれるのが嬉しいです。何故なら、キャバ嬢じゃないんで!」

相変わらず頭のネジが一本抜けたようなテンションのトークで、アイムノットキャバ嬢を強調しており、どんだけキャバクラで話が続くんだと思った(ここまでだった)。

さてここからがNegiccoライブの話。2番手、ハイパーヨーヨの次に登場。相変わらずカッコイイ、曲をRIMIXした出囃子で登場。2曲続けた後で自己紹介。ぽんちゃは喋る代わりに

「ねぎねぎ?」←ぽんちゃ

「ねぎねぎ?」←客

「ねぎねぎねぎねぎ!」←ぽんちゃ

「ねぎねぎねぎねぎ!」←客

と、ねぎねぎのコールアンドレスポンスで妙に高まる。いつもならNao☆ちゃん→ぽんちゃの自己紹介でノリが変な風に高まっても、

「はい、えーと…」

クールビューティーかえぽが素に戻って、そのギャップで笑いが起こるのがパターンだったのだが、今夜はかえぽも

「ねぎねぎねぎねぎ!」

タテノリしてぽんちゃ以上の弾け具合。その後

「慣れないことはするもんじゃないですね」

やっぱり素に戻っていたが。

「珍しい物見れましたね!」

「勉強が終わって、色んな物が出て来たんじゃない」

Nao☆ちゃんとぽんちゃが茶化していると

「6単位取れたんですよ」

やれめでたいということで客席からバンザイが上がった。大学生(しかも理系)もアイドルも続けて行く苦労は並大抵ではないと思うけれども、それをあんまり表には出さないかえぽは強くて美しい。

話は変わって、ぽんちゃが

「西寺郷太さんから『Negiccoはみんな箱推しだよ!』っていうメールをもらいました!」

新曲「愛のタワー・オブ・ラヴ」の産みの親の方からのメール報告をする。嬉しそうなので観客もおおーっと盛り上がる。でも

「急にどうしたんですかね」

素朴なNao☆ちゃんのツッコミがジワジワと笑いを誘う。

「ありがとうございます!ってメールを返しておきました!」

「…」

「…」

その後話が続かなくて、でっていう、いつものグダグダトークな空気になったが、

「オチはないんですけど、カエポが単位落ちなかったってことで」

Nao☆ちゃんが、アサッテの方角に飛んでったボールを掴んでダンクシュート、みたいな見事なまとめ方していた。たまにねずっちばりの整え能力を発動するNao☆ちゃん。

その後マイクスタンドが3人の前に運ばれてきたので「愛のタワー・オブ・ラヴ」かと思ったら、ぽんちゃによる「僕らはともだち」振り付け練習開始。お遊戯タイムである。

手を振ったり隣の人と手を繋いだりするのだが、僕が隣の同年代らしきおじさんの手を取ろうとしたら、すっと避けられてしまった。初めて拒否られてしまったよおお。

そりゃ可愛い女の子と手を繋ぐとかならともかく、見ず知らずのオッサン同士が手を繋ぐというのは、初めての人やNegiccoファンじゃない人にはハードル高いかも。

振り付けの説明と練習が終わって

「レッツいってみましょう」

という妙に笑えるフレーズの後に「僕らはともだち」スタート。曲がかかると周りの雰囲気に押されたのか、隣の人もおずおずと手を繋いでくれた!(その後のラインダンスの肩組みも)。オッサンと手を繋げただけでこんなに嬉しいなんて。

新曲「愛のタワー・オブ・ラヴ」では、後半Nao☆ちゃんの裏声で

「君とベイベー」

と歌った後からサビに入るまでの間だけ、振り付けが入っていた。最終的には全部入るのだろうか。それともここだけ?

Negicco
ライブが終わって、ETCキャンペーンのチラシを、新潟県内の高速道路でゲットしてきた方にいただく。それを持って握手会の列に並ぼうとしたら、おん自ら握手会チケットを回収していたマネージャーさんに

「それ、もらってきたの?」

と声をかけられた。いやー新潟に行った人にもらって、などと答えながら握手会をこんばんにぎにぎ。「まつり湯」の時は娘と息子を連れて来ていて、Nao☆ちゃんがハグしてくれたり、息子がぽんちゃ大好きになり、握手してもらうときに本人の前でデレデレになっていたので、

「息子がぽんちゃのことを一番大好きみたいですよ」

などと話したりしたものだが、ぽんちゃはそれを覚えていてくれて

「息子さんにヨロシク」

と言ってくれた。よかったな息子よ!

息子がぽんちゃを好きな理由は「丸顔だから」なんだそうだが、本人に言っていいのかどうか分からないので言えず仕舞でしたとさ。

【セットリスト】

01.あなたとPop With You!
02.トキメクMERMAID
03.Disco!! The Negicco!
(MC)
04.僕らはともだち
05.愛のタワー・オブ・ラヴ
06.アノソラへ
07.ニュートリノ・ラヴ
08.Party on the PLANET
09.圧倒的なスタイル


↓応援クリックよろしくです。

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

No title

羨ましいです〜 ライブハウスで立ち見だと、腰が痛くなりませんでしたか?
僕は…(T_T)
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。