--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-01-25(Fri)

眠れない夜を抱いて。

このところ仕事が忙しく、終電を過ぎても帰れない日が多かった。

タクシーで帰った日もあったが、家に着いてもすぐまた起きて出掛けなければならず、その時間がもったいなくて今日は泊まることにした。

しかし金をケチってマンガ喫茶にしたのがいけなかった。更に

「フラットは空いてないんですよ」

平らな床の個室は埋まっていると言われてイヤな予感がし、この時点でとっとと素直にタクシーで帰れば良かったのだ。ただそれは結果論で、もう動くのがイヤになっていた僕はリクライニングシートの席でもいいのでお願いします、とここで一晩を明かすことにしてしまった。

嫁に「今夜は帰れない」とメールを打つ。もう寝ているようで返事が来ない。さて、とリクライニングシートに身を沈めるとギシギシ音が鳴った。両隣のブースからもそのような音が。どうやら結構人が入っているらしい。ゲホゲホという咳も聞こえ、インフルエンザが流行っていることを思い出し、やはりこんな所に来るのは浅はかであったと後悔するも既に遅し。

腹を括って寝ようとしたら、やっぱり眠れない~。当たり前だけど布団の中で眠りたいし、リクライニングシートと言っても大して倒れないし…。あと寝る目的の客を入れているクセにBGMがずっとかかってるし、なんなのよもう。

頭に来たのでエロ動画見たらますます眠れなくなった(当たり前だ)。とにかく寝ないとすぐ朝が来てしまう、という焦りがだんだん大きくなって、一生懸命目をつぶってじっとしていたのだけれども、ちょっと眠りに落ちたと思ってもすぐビクッと目が覚めてしまう。非常に浅い眠り。寝たのか寝てないのか分からないような感じで時は過ぎて行き、恐る恐る腕時計を見るともう残された時間は1時間ほど。とてつもない絶望感。

でもそれだけでもいいからガッツリ寝たい…と、再びぎゅっと目をつぶると今度はケータイが鳴った。軽く殺意が湧いたが、それは嫁が寄越した電話だということに気付き、よくない感情である、と思いとどまった。出てみると

「ぎゃははは!パパー!いまどこにいんのー?」

朝から異様にテンションが高い息子・タク(7才)であった。

「会社の近くで寝てるんだよ」

「やっぱりなー!ボクも寝てると思ったんだー!」

「寝てると思うならかけてくんなー!」

さすがにちょっとだけイラッと来た。

「Rちゃんにかわるね!」

タクはひとり騒ぐだけ騒いでとっとと娘・R(9才)と替わると、今度は

「もしもし~い?」

まさに寝起き、という超低いテンションのRの声がした。

「Rちゃん、ちゃんと起きてる?」

「うん…。起きてない」

返事になってない返事をのんびりとしゃべり、ぶつっと切れた。ダメだこりゃ。愛のあるモーニングコールのお陰でもう寝る雰囲気ではなくなってしまった。ブースの外もざわざわとした物音が多くなってきた。出掛ける人達なのだろう。しょうがないので僕も腹を括って身支度を始めたのであった。あっエロ動画もっと見ておけば…。

マンガ喫茶だけに、眠りをマンキツしたかったなー、というお話でしたとさ。

↓応援クリックよろしくです。

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。