2013-01-10(Thu)

過度なカード欲。

たまには子供のおねだりに負けてしまう僕である。

息子・タク(7才)は何かというとポケモンカードを欲しがるので、たまーに買ってしまうことがある。超レアなカードが出るまでキリがないのだが、僕も子供の頃はビックリマンチョコで同じようなハマリ方をしていたので、

「ダメ」

と100%バッサリ断ることもできないっていうか。で、とあるおもちゃ屋で買おうとすると、当然娘・R(9才)にも買ってやらないとかわいそうである。なので

「Rちゃんにも買ってやるよ」

と言うと

「ううん、いらない」

さすが3年生にもなるとしっかりしてくるなあ…。もうオモチャっていう年ではないのかもしれないが、このぶんをいつか何かをしてやらないと不公平なのでこれが悩みの種である。

タクは持ち前の嗅覚でとっととポケモンカードが置いてあるところを見つけ、早く来いと手を振る。

「カード!カード!カード!パパ!カード!カード!」

「分かったからちょっと黙ってろ!」

最早理性を保っていないタクを抑え、店の人に

「カードひとパック下さい」

と伝えると(袋の中に5枚入っているのである)

「はい、カードひと箱ですね」

ドン、とカウンターに箱を乗っけた。

「い、いや、ひとパック…ひと袋で…」

「あ、そうですか」

当たり前に箱を出してくるあたり、普通に箱買いする人も多いんだろうなあ…。お金を払ってひとパック受け取り、店を出ると、

「ねえ、ボクが持ちたい。そんで早く開けたい」

もうウズウズしてしょうがないタクに。

「ダメだ。おうちに帰ってからだ」

「えー!」

じらしプレイをさせる僕。意地悪ではなく、歩きながらカードを見たり、いつの間にかどっかでなくしていたり、平気でそう言うポカをやらかすのだ。

家に帰ると、うんこが漏れそうな子供のようにドタタタタともの凄い勢いで中に入り、すぐさま開けようとするのを

「まず手を洗ってうがいしろ!」

さらにじらす。

「えー。めんどい!」

「そういうことを言うとカード返すぞ!」

「やだー!」

普段はダラダラとやらせるのにやたらと時間がかかるタクでも、カードをちらつかせると、とりあえず従順になる。しばらくこの手でいこうかな…。

カードだけに切り札でしょう。なんちて。

↓応援クリックよろしくです。

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog