--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-01-09(Wed)

はかどらない墓参り。

あれは父の墓参りに行った時のことじゃった。

墓地の門の脇に、桶を入れる棚がある。スーパーの袋に入った我が家のそれを取って水を入れる。

「”ひしゃく”をスーパーの袋で桶の取っ手に結んでおくのはお母さんのアイデアだ。ほら、他の家のも見てみ。みんな真似してっから」

墓に来る度に母は必ずそうドクター中松ばりの勢いで自慢する。そして墓に来る度に

「ひしゃくかして!」

娘・R(9才)は必ずひしゃくをひったくり、ひしゃくを空に向けて高く掲げるのである。もちろんこのひしゃくは船幽霊対策のために底抜けではない。「梶林家」と書かれた底がちゃんとある。Rはその家名がこちらに見えるように

「はーい、こっちでーす、付いてきてクダサーイ」

ツアコンよろしく先導するのである。時々いっちに、いっちに、と鼓笛隊の指揮者のようにもなる。しかし息子・タク(7才)は聞いちゃいなく、

「ボク梶林家のおはかにいちばーん!」

誰よりも先駆けて当家の墓に走って行く。

「タク!走るな!」

と叱る嫁。しかし叱ったところで聞くわけもなく、ゲゲゲの鬼太郎昼間バージョン状態だ。結局誰も付いてきてくれず、

「たっくん!ちゃんとRの後に付いてきてよ!」

という姉弟ケンカも墓に来る度だ。

父の墓前に立つ。孫にあたるこの子達が誕生する前にいなくなってしまった父は、草葉の陰から見ていたりするのだろうか。もっと早く僕が嫁としっぽりしていれば…とこれも墓に来て手を合わせる度に思う。

「はい、君達も手を合わせな」

子供達に線香を持たせて正面に立たせると、Rは線香の煙がイヤで、線香を置くとすぐ離れて遠くから手を合わせる。タクはキチンと墓前で手を合わせるのはいいのだが、

「カード!カード!カード!」

ぴょんぴょんジャンプしながらポケモンカードを買ってもらえますように、とお祈りするのである。

「この子、こないだの神社でも同じことをしてたよ」

どんだけカードが欲しいんだか、と嫁が溜め息をつく。こんな僕らの中に、父がいたらどんな顔で僕らと喋っていただろうなあ…と想像する。で、また手を合わせて父の墓を後にした。

「はーい、梶林家こっちでーす」

帰り道もまたRがひしゃくを高々と掲げていたが、やはり誰も付いてこないので、さすがにポツーンとしていてかわいそうだったので僕が後ろに付いてやることにした。

お墓だけにひとり墓っ地ってか。

↓応援クリックよろしくです。

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。