2013-01-08(Tue)

ボーリング・ストーンズ。

嫁が子供達を連れて、嫁友人母子と遊びに行き、ボーリングをしてきたのだという。

娘・R(9才)と息子・タク(7才)にとっては人生初ボーリングとなった。そういえば子供達が生まれてからボーリングやったことなかったなあ…。

嫁がスコア表を持っていたので見せてもらったら、165点とか書いてあったので

「へー。わりとうまいんじゃん」

やべえ、僕負けるかも、と思ったが

「それ、2ゲーム合計だから」

「うわ。ヘタクソ」

2ゲームぶんでしかもガーターレスのレーンでやってそのスコアだったという。

「おい、でもRのスコアに『G』ってあるぞ!」

ガーターレスなのになんでだ、Gってゴキブリでも出たんか、おかしいだろ、と詰め寄ったら、

「ピンの近くまで行くと、ほんの少し隙間があって、そこにボールが落ちてった」

とのことで、変なところで無駄に高度なコントロールを発揮してしまったようだ。みんなヘタクソで、しかも嫁友が最下位スコアだったらしく、本当は1ゲームでやめようとしたのだが、Rとタクと、嫁友のお子ちゃんはもう一回やりたい!と盛り上がり、じゃあ子供達だけでも、とやらせようとしたらRが

「大人もやろうよ!だって負ける人がいないとつまらないもん!」

と超上から目線の発言をしてドン引きさせたのだという。

「R、言うねえ…」

僕はいつもポヤーンとしているRがそんなことを言うなんて信じられなかったが

「でも2ゲーム目でドベだったのはRなんだけどね」

と嫁が笑った。Rとタクはウチに帰ってから早速空きのペットボトルを並べ、本などを立ててガーター防止とし、テキパキとボーリングごっこの準備を進めていた!こういう時だけ手際が早い。ボールは野球の軟球を僕からかっぱらった。そして

「ねえパパ、いっしょにやろ?」

スコア表も作り、いつの間にか僕もエントリーされていて3人でゲームスタートとなってしまった。まあしょうがないか、ということでせっかくだから

「じゃあスコアの付け方を教えてやろう」

昔は手書きでやったんだぞ、と教えようとすると、Rは素直に聞いてくれるのだが、タクは

「ボクが好きに付けるからいいんだよ!」

言ってることがムチャクチャである。しかもピン代わりのペットボトルにドングリが入ってるし。

「それいつのドングリだよ!捨てろよ!中から虫とかやめてくれよ!」

「いいの!」

どうやらそのペットボトル達は、中にドングリを入れてマラカス代わりにしていたものらしい…。スコアの付け方も聞かぬ。ドングリを捨てろと言っても聞かぬ。自己流のボーリングを突き進むタクなのであった。

これをボーリングマイウェイといいます。なんちて。

↓応援クリックよろしくです。

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog