2012-12-26(Wed)

寝落ちサンタ。

クリスマスイブの晩飯。

嫁が張り切ってごちそうを作ってくれた。

「サンタクロウス!イズ!カミング!トゥ!タウン!」

と台所で絶叫しながら。頭の中に何かがカミングしちゃったようだ。

ごちそうの後はケーキが待っていた。しかし娘・R(9才)も息子・タク(7才)も既に眠くなっているようで、顔がポヤーンとなってしまっている。

ケーキを半分ずつ食べるぐらいが限界で

「あとは明日にする?」

と言うと

「うん…」

もう頭は夢の中へ。ところが布団の中に入ると逆に興奮して

「サンタさん来るかな?楽しみー!」

と10秒おきにキャアキャア叫ぶ。

「寝ないと来ないぞ」

「眠れないー!どうしようー」

と布団の中をゴロゴロ悶えていたが、10分後、わりとあっさり寝た。子供達が寝たらプレゼントの準備をしなければなるまい。ブツは押し入れの奥深くに隠してある。更にプレゼントだけでなく、お手紙も書かなければならなかった。

というのも、Rが

「みてみてー。サンタさんにお手紙書いたの」

と嬉しそうに手紙を見せてきたのである。読んでみると

「わたしは、ポムポムプリンのうでどけいがほしいです。あと、おへんじかいてください」

プレゼントを要求した上に更に返事もくれという、なんともおねだり上手な手紙。返事を書くのはいいけど、筆跡で一発でばれそうだなあ…。英語で書いてごまかしておくか、などと考えたものである。

なのでどういうことを書いてやろうかな…などと案を練っていたら…子供達と一緒に寝てしまっていた。ふと目を覚ますと午前2時。子供達の枕元を見たらちゃんとプレゼントが置いてある。すごい。サンタさんが来てくれた!…わけはなく、嫁がちゃんとやっていてくれていたのである。

嫁は歯を磨いていた。目が座っていて、明らかに眠くて眠くてイライラしている目だ。

「あのー。やってくれたんでしょうか…」

「やった!」

「手紙は…」

「書いた!」

これ以上話しかけたら殺すぞ、ぐらいの目ヂカラがあったので、そそくさと寝直した。そんな嫁が自分に自分で買ったプレゼントは、ロイズのチョコポテチである。僕もなんか買っておけばよかった。

翌朝、僕より早く起きたRとタクのテンションが最高だったのは言うまでもない。僕が目を覚ますと

「せーの、メリークリスマス!」

と叫んでいた。欧米か!

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog