2012-11-07(Wed)

ダイフォン。

娘・R(9才)と息子・タク(7才)が台本を持って来た。

学芸会で演劇をやるのだという。

Rの台本を見せてもらうと、

「これおもしろいんだよ!全部読んでね!」

とニコニコして強制的に最後まで読まされてしまった。

「役は決まったの?」

「まだだよ。先生が決める」

「主役になれるといいね」

「やだ!」

Rはとにかく目立つことを嫌う。テレビでアイドルが歌っていたり、商店街のお祭りなどで地元のチアリーダーチームが踊っているところに遭遇すると、足を止めてじーっと観ていたりするので、華やかな女の子が好きなようであるが、

「Rも練習して将来ああいう風になるのを目指すかい?」

と言うと

「やだ!」

自分が人前に立つのは絶対にイヤなのである。親としてはやはり少しでも見せ場が多い方がいいので、主役とまではいかなくても目立つオイシイ役になれることを祈るばかりである。ちなみに前回の演劇では「おにぎり」の役であった。確かにおいしい役だが文字通り過ぎる。

一方タクはその正反対で、お調子者で踊るの大好き。幼稚園のお遊戯会ではずっとセンターであった。また、「おかあさんといっしょ」に運良く当たってスタジオ収録に行ったら、イキがよいと思われたのか、その後の体操のお姉さんとサシで踊るコーナーにも選ばれたことも自慢である。

タクの学年は「桃太郎」をやるようで。

「ボクねえ、桃太郎やりたいんだ~」

やはり主役を狙っているようである。役割一覧を見てみると、桃太郎を3人ぐらいで交代で演じる台本になっている。子供たち全員をまんべんなく目立たせないと、親達が鬼が島の鬼より怖いモンペが襲ってくるからであろう。その分タクにチャンスが回って来る可能性も高まるということでもあるが…。

タクは僕から台本をひったくり、最初からブツブツと読み始めた。

「ボクねえ、全部暗記するんだ!」

「ええーっ」

北島マヤ
北島マヤかお前は。

月影先生
おそろしい子!

そこまで気合いが入っているのなら、きっと先生も分かってくれて、桃太郎役をやらせてくれるかもしれない。ならば僕は演技の指導でもしようか。桃太郎が犬猿雉を引き連れて堂々と歩くさまを…。

めんめんメガネのよいメガネー!って違うか。

応援クリックよろしくです。

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

No title

私の娘も、目立つのが嫌い
卒園式の日、先生にプレゼントを渡す
という係りになりそうだったときは、
嫌で泣いていました
(泣くほど嫌なのか・・?)

家では、たまにお調子者なのに
・・考えてみれば、私自身も人前で何かするということ嫌いだし、嫌なところはよく似るなと思いました
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

Powered by FC2 Blog