2011-06-06(Mon)

好きなのは洋菓子で、夫は用無し。

嫁の誕生日イベント第二弾。誕生日ケーキを食べるでござる、のまっき。

仕事帰りに普通にホールのバースデーケーキを買って鴻上会長ばりに

「ハッピーバースデー!」

とシャウトしようかと思い、その旨嫁にメールしたら

「ホールケーキよりショートケーキの方がいい。自分で食べたいケーキを選びたい」

嫁、娘・R(7才)、息子・タク(5才)がそれぞれ好きなショートケーキを選んでみんなで食べよう、とのこと。主役のご意向なので従うことにした。翌日、

「じゃあ買いに行こうぜ」

この辺では一番セレブな洋菓子店「L」に行こうとしたら

「えー。私の分はそこで買いたいけど、子供達にもそこのケーキ食べさせるのはもったいないなあ」

などとケチくさいことを言う。「L」の他には「A」という庶民的な洋菓子店があり子供達の舌にはそこで充分だ、とずいぶん高飛車なご意向である。僕はだんだんめんどくなってきて

「じゃあみんな「A」のケーキでいいじゃん」

と取りまとめしようとしたところ

「いや、それはダメ。私の誕生日だから」

頑として譲らなかったのでまさかの洋菓子店のハシゴをすることになった。まずは子供達を連れて「A」へ。

「どれにするかい」

ウィンドーのガラスにへばりついて物色するRとタク。しかしタクはすぐに離れて何かフォトアルバムのようなものをじっと眺めており、覗いてみたらその店で作られたキャラデコバースデーケーキの写真集であった。

「パパ見て!ポッチャマ!」

「で、お前はどのケーキにするんだ…」

何かと軌道を外れやすいタクを制御しつつケーキを選ばせて一旦家に帰り、今度は嫁も連れて「L」に行き、

「どーせ買ってもらうんだから一番高いのにするわ!」

と嫁が選んだケーキを買う。で、夕方ハッピーバースデー!ということで食べる。美味しい!甘い!何このソース、甘い!素敵!と解説しながら食べる嫁。そりゃケーキなんだから甘いだろう…とか思っていたが、

「ねえパパー。パパはママのことが好きなの?」

唐突にタクが直球な質問を投げかけてきた。

「もちろん好きだよ」

とりあえず無難に答えてみると

「ママはパパのこと好きー?」

今度は嫁に聞いた。

「うーん。好きだったんだよね。何で好きだったか忘れちゃったけど…」

おいこら幼い子供相手にそこまでぶっちゃけなくてもいいだろ。

こんなしょっぱいケーキは初めてだ。

応援クリックよろしくです。
    
クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog