--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-03-05(Fri)

ファッキングパパ

クリックしてね!←応援クリックよろしく

「来週の土曜日、実家に帰ってもいい?」

と嫁が言う。僕はその日仕事なのだが、嫁は娘・R(6才)と息子・タク(4才)を連れて土日を実家で過ごしたいのだと言う。

「別にいいけど」

実家に帰ったまま戻って来なくなっちゃったら僕泣いちゃうけど、いつもは僕の母優先で孫の顔を見せているのでたまにはよいだろう。

「あなたはどうする?仕事終わってから来る?」

「うーん。どうすんべ」

嫁の実家も同じ都内とはいえ、すぐそばが山梨県の西の端っこ。僕の勤め先はすぐそばが多摩川の南のはじっこ。結構億劫である。それに、ひとり暮らしの頃は当然ひとりで寝ていたが、嫁と子供が出来てからはひとりで寝る寂しさと寒さに耐えられなくなってしまった。

特にいつも一緒に寝ているRのぬくもりは、聖帝サウザーがケンシロウに破れ、死の間際に欲した師・オウガイのぬくもり程の価値がある。僕はさびしんぼうになってしまった。決して錆ちんぽではない。まだまだテカテカしている。

「タクはどうかな?パパ来て欲しい?」

僕は迷っているが子供達はどうだろう、と思いタクに聞いてみた。僕としては「パパも来てくれなきゃやだー」と言って欲しかった。しかしタクの答えは

「おうちで寝てれば?」

すっごいドライなのね君…。

「Rちゃんはどう?」

最後の頼みの綱であるRに聞いてみると、Rが答える前にタクが

「Rちゃんはパパ大好きだからパパいたほうがいいんじゃない?」

まさに僕の心の中を読んだようなことを言う。そうだ。その通りだ。するとRの答えは

「Rちゃんねえ、あっちゃんと遊びたいの。ゲームとか」

ファッキン!Rよお前もか…。あっちゃんとは嫁の弟である。僕のことを誰よりも激ラブだったはずのRが嫁弟になびいてしまっている…。信じていたのに…。僕、多分年取ったら山に捨てられるんだきっと…。

行ってやる。意地でも嫁実家に行ってやる。例えめんどくても東京の南のはじっこから西のはじっこまで行ってやろうじゃないのさ。

土曜日、1日2回の東京都内移動。まるで人生のようだ。

人生は二度都内。なんつって。

応援の2クリックよろしくです。
    
クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。