2008-08-29(Fri)

夏の重い思い出

「Rの写真選んでよ」

と嫁に言われた。娘・R(5才)の幼稚園でお誕生日会が行なわれるらしい。Rは8月生まれなので今月はお誕生日をお祝いされる側になる。

お祝いの王冠やらアイテムやらを作るために写真が必要らしい。どんな写真でもいいわけではなく、やはり

「可愛く写った写真」

及び

「夏の思い出の写真」

がいるんだそうだ。

「なんだ夏の思い出ってのは」

「海で泳いでるとか、いかにも夏☆しちゃってるBOYみたいな写真よ」

夏の思い出、か。そうか、もう夏も終わりなんだなあ…。夏の思い出、ねえ…。どんなもんがいいのやら。

海でロケット花火戦争。
海に向かってバカヤローと叫ぶ。
夏休みの大学に深夜潜り込み、女子トイレでうんこ。
夏休みの大学に深夜潜り込み、電話ボックスに紫の煙玉を投げ込んで電話バルサン。

僕の夏の思い出を挙げてもおおよそがろくでもないものであるから参考にならない。デジカメで撮った画像を保管しているフォルダを開けてみて膨大な写真を見返してみた。

まず「可愛く写った写真」。Rはもともと可愛いから可愛くない写真などない!と思ていたらやはり親の欲目だったらしく、正確に保存されたデジタルなデータには、しかめっ面やオナニー直後でエクスタった江原啓之みたいな間抜けな顔もかなりあるので難航した。

そして「夏の思い出」の写真。今月海に行った写真があった。その中で僕と一緒に撮っている写真が一番良い表情であったので

「僕も写ってるけどよい?」

と聞いてみると

「オヤジ付きも可」

とのことだったのでそれにすることに決定。それともう1枚選べと嫁が言うので、栃木の実家でビニールプールで遊んでいる息子・タク(2才)と一緒に写っているのも追加。計3枚をプリントアウトして嫁に渡した。

そして翌日の夜。渡したはずの僕とRの写真が僕の机に返されていた。

「どうしたのこれ?」

と嫁に聞くと

「夏の思い出写真は1枚でよかったの。Rにどっちがいい?って選ばせたらタクと一緒に写ってる写真を選んだの。だからそれはあなたにあげる」

とのことで…。しょっく。しょっく。超しょっく。何がショックってタクに負けたことである。Rは父より弟を選んだ!いつもタクの意地悪やらイタズラから救っているのは僕だというのに。女心は分からぬ。

もう夏も終わりなんだなあ…。女心と秋の空である。

もう一度海にバカヤローと叫びたい。

クリックしてね!←やばすぎなのでよろしく。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもズンドコと。
クリックしてね!←3つもすいません。

はてなアンテナに追加
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

Powered by FC2 Blog