2003-03-21(Fri)

ぱんぷる妊婦るぱむぽっぷん。

「ねえ…アナター」

嫁がモジモジしながらやってきた。
嫁はよくこういうもったいぶったオネダリをする。

とりあえず無視。

「アナター」

鼻糞をほじって気付かないふり。

「ねえダーリイイイイン」

「なんだよっ!なんですかっ!」

袖を引っ張るので根負けして返事をしてしまった。

「今夜は一緒に寝て」

…子供か。

僕は、またラブラブモードが始まったよこの人ぁ…と呆れたが
違った。

「だって、明日は産婦人科の定期健診なんだもん…」

嫁は表情を不安で曇らせた。
ああ、そうか、そうだった。

今、嫁は妊娠しているが、その前に去年も1度身ごもった。
しかし、2ケ月程度で流産してしまったため、その時の
恐怖がずっと残っている。僕にも残っている。

更に、健診ではその都度陰部をいじられるので
男の僕には実感できないが、それも辛いのだろう。

…僕以外触ったことないのに。
そう考えるとちょっとムカついてきたので

「わかった。一緒に寝よう」

と、嫁に返事した。

それからモソモソと一緒に布団に入った後、

「これは僕の~これは僕の~」

僕は心の中でそう念じながら嫁の体を撫で回して
おいたのだった。

でも、あまり刺激すると逆に検査の結果が
悪くなったりして。
あああああ僕はどうすれば。

…こういうのもマタニティーブルーって言うのかね。

バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

Powered by FC2 Blog