2018-05-08(Tue)

Being Bowling

ゴールデンウィークは家族をどこにも連れて行けなかったのでこどもの日は子供のやりたいことをやらせることにした。

娘・R(中三)は

「韓国料理食べてTwiceグッズ買いたい!」

というもの。すなわち新大久保に連れて行けということ。

息子・タク(中一)は

「ボウリングやってメダルゲームしたい」

というもの。すなわちラウンドワンに連れて行けということ。

海外に連れてけ、とか言われるより遥かに安上がりだしいずれも30分ぐらいで行けるので連れて行くことにした。

ラウンドワン
まず午前中に池袋のラウワン。

ピンを倒しまくって父親の威厳を見せようとしたが、3ゲームやって平均スコア100ぐらいの体たらくであった。嫁も子供達も大して変わらず。子供達が投げる時はガーターよけのバンパーを付けていたのだが、本当はもっと小さな子供がやる時に使う想定らしい。店員さんが寄ってきて

「バンパーはあまり強くないんです。すいませんが6ポンドか7ポンドくらいの軽い玉にしてください」

と言われた。子供達は9ポンドの玉を使っていたのだ。玉を交換してゲームを再開してしばらく、隣レーンの大学生風男二人組みが急にバンパーを出してわざとボールを全力でぶつけたところ見事にぐしゃっと切断寸前までひん曲がり、速攻で店員に連れて行かれた。アホだ。

そんなハプニングがありつつも僕らはなかなかストライクもスペアも出ずテンション低めの展開のところ

「パパ、この玉に気を注入してくれ」

タクが変なことを言うので玉を抱えて

「はああああ!」

とか適当にドラゴンボール風に叫んで渡したところ見事ストライクを取ってしまったのでそれ以降ずっと気を注入しなければならなくなった。ドドスコスコスコ気を注入。

ラウンドワン
ボウリングに満足した後はメダルゲームのフロアへ。どうせすぐなくなるだろ、と思いつつRとタクにそれぞれ300枚ずつ渡したのだが意外と粘る。

そのうち「釣りスピリッツ」という釣りのシミュレーションゲームに夢中になっていった。釣堀みたいな感じなのだがたまに松方弘樹でも無理だろってぐらいの超デカイ魚が出てきて、それを釣竿そっくりのコントローラーで釣り上げるんである。ちゃんと魚が引っ張る力も再現されるらしい。みんな真っ赤な顔してリールをぐるぐる巻き上げている。

「ねえパパ、ホオジロザメ釣ったのよ~」

とRが自慢する。無邪気でカワイイ。一方タクは

「おっしゃー!アーケロン釣ったー!」

「おっしゃー!またアーケロン釣ったー!」

「うおおお!アーケロン3匹目―!」

古代の巨大な亀を釣りまくってどんどんメダルを増やしまくっていた。

「そんなに亀を釣りまくったら竜宮城に連れてってもらえないぞ」

と言ったら

「は?つまんないんですけど!」

マジレスされたがまあよい。亀だけにカメへん。なんちて。

結局メダルがなくなるどころか増えまくってしまったので預けるハメに。1ヶ月出し入れがないと消えてしまうらしいが。また来なければならないのだろうか。

もうお昼時をかなり過ぎていたのでラウンドワンを後にした。みんな楽しんだようだったがボウリングの成績だけは悔いが残る。言い訳がましいが僕は本当はアベレージ150ぐらいは出るはずなのだ。

ラウワンのレーンが合わなかったのだろうか。それとももう年なのだろうか。もう僕自身はラウワンにリベンジできそうにない。

そこでメダルも預けたことだし、今後Rとタクをラウワンにリピートさせてストライクを3回連続とりまくるぐらい上手くなってもらい、僕のリベンジを果たして欲しい。

親のかターキー。なんちて。

後半、新大久保編につづく!
↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2018-05-12(Sat)

水曜日のカンパネラ「La Magnifique Society in TOKYO」代官山 SPACE ODD 2018.05.11

6月に開催されるフランスの音楽フェス「ラ・マニフィック・ソサエティ」のキックオフパーティー。

水曜日のカンパネラは昨年に続いて今年も出演するとのことで。

今日のライブ出演者は水カン以外全てフランス人アーティスト。なので外国人客が多くボンソワーな感じ。そして代官山SPACE ODDはキャパ450人ぐらいのハコで水カンにしてはかなり小さい。久々に距離感が近いライブを楽しめた。

まずDJ YonYonによるプレイの後、スタッフふたりが出て来てDJブースを金色の布で覆う。そのスタッフ、何故か黒子衣装で「欽どこ」のクロ子とグレ子(小堺一機と関根勤)を思い出す(のはオッサンのみか)。

水曜日のカンパネラ
ライブは「桃太郎」のリミックスバージョンでスタート。コムアイさんはベージュ地の花柄シャツと、ギンギラギンに光って裾がパンタロンみたいにゾロッとしたパンツ姿。髪はベリーショートで見るたびに新しいお美しさが拝める。

水曜日のカンパネラ
「嬴政」ではフロア最前の柵に昇り、

水曜日のカンパネラ
「オードリー」でその柵を乗り越えフロアの真ん中、右端、左端、奥、と多くの観客の目の前で歌う。

水曜日のカンパネラ
昔のように客の中に突っ込んで行く、という感じではなくてひらひらと踊りながら進んでゆき、客も自然にスーッと動線を作る優雅な世界。

水曜日のカンパネラ
途中寝っ転がるシーンも。

水曜日のカンパネラ
ステージに戻ったコムアイさんは、Moodoïdのパブロ・パドヴァーニを招き入れた。今度の新譜「ガラパゴス」の中でコラボしたミュージシャンである。

お互い1曲ずつ作って交換したという2曲をデュエット。ライブでデュエットするのは珍しい。加山雄三以来か。

「ガラパゴス」に収録予定の「マトリョーシカ」は、大きい人形の中にひとまわり小さい人形、そのなかにまたひとまわり小さい人形…という連続さから、先祖から子孫まで続いてる命の繋がりをイメージしたという内容の曲。ゆるやかな感じで歌詞の中に時々般若心経のフレーズが入っていた。

水曜日のカンパネラ
もう1曲「LANGUAGE」ではパブロがギターを演奏しつつデュエット。Moodoïdの曲にコムアイさんがボーカルで参加したもので、懐かしさを感じるエレクトロポップ。言葉が通じない人同士が恋愛や音楽を信じることができるか、というテーマの曲だそうだ。パブロもフランス語で説明していてよく分かった(全然理解していない)。

「すごい寂しい~」

ステージを去るパブロを見送った後、コムアイさん、更に新曲を披露。「ガラパゴス」の中から「南方熊楠」。イントロからもの凄くかっこいい。彼の愛読書だったという「和漢三才図会」、この言葉が何度も出て来る。

新曲披露はまだまだ続く。「見ざる聞かざる言わざる」。これもライブで観るのは初めて。CMのせいかどうしてもベッキーが脳裏に浮かんでしまう。どうでもいいか。

水曜日のカンパネラ
最後はおなじみ「一休さん」。ライブでは定番のエンディングソング。僕ら水カン仲間約10人は最前列ステージ上手側で観ていて、手を挙げて指で「1,9,3」を作るフリをしていたのだけれども、反対下手側の外国人さん達は呆気にとられていた。コムアイさんはそんな僕らに「ああ、いつもの」という暖かい微笑みとまなざしを向けてくれていた。ような気がする。

コムアイさんは再びステージからフロアへ。そのまま歌い終えて

「またねー」

と奥へ消えて行った。

水カンのライブの後もコムアイさんが普通にフロアにいて握手させてもらったり、ケンモチさんやDir.Fさんとも久しぶりに話をさせてもらった。昔よく新宿LOFTや渋谷O-NESTあたりでライブを観ていた時代の雰囲気を思い出す。

水曜日のカンパネラ
ケンモチュ。さん。

しかしライブ内容は新曲やフランス絡みやコラボや珍しいものであり、懐かしさと新しさが入り混じった刺激的なライブであった。

パブロが2曲だけでいなくなってしまったので

「早めのパブロ」

とか言っていたのは僕です。すみませんなんちて。

【セットリスト】

1.桃太郎
2.嬴政
3.オードリー
4.マトリョーシカ
5.LANGUAGE
6.南方熊楠
7.見ざる聞かざる言わざる
8.一休さん

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2018-05-16(Wed)

突撃オモニの韓ゴハン。

前回の日記の続き。

池袋のラウンドワンを出た後、ビクトリアで息子・タク(中一)のテニス用品を買う。

タクは生意気にもテニス部に入ったのである。初心者なのでアドバイスしてくれる店員さんはいないかと探したところ、パッと見「寝起きの本田圭佑」みたいな店員さんが来た。

ポヤーンとした雰囲気ながらとつとつと親切に説明してくれ、ラケットとシューズ、あとバッグなどを買った。以前はサッカーをやっていたけど1年ほどで辞めてしまったタク。ある程度先が見えてしまうと醒めてしまう傾向がある。今回もすぐ辞めなきゃいいけど。

次は娘・R(中三)の希望で新大久保へ。新大久保から大久保にかけての界隈は、実は嫁や子供達には内緒でちょこちょこ来ている。

ネパール系のお店が多いのでダルバート(ネパールの定食)を食べたり、カレーの名店が多いのでお気に入りの店(魯珈)でカレーを食べたり、新大久保駅から大久保通りを挟んで北側のイスラム横丁でビリヤニを食べたりしている。非常に国際色豊かなのだ。ついでに夜になると現われる立ちんぼも国際色豊かである。こちらはまだ食べたことがない。

話を戻す。韓国のアイドルグループ「Twice」が大好きなRのお目当てはもちろんコリアンタウンだ。韓国料理を食べ、Twiceグッズを買い漁りたいという。今日は子どもの日なので子供が正義。まずはRが行きたい韓国料理の店に向かう。

メインストリートの大久保通りはものすごい人通りで目的地まで辿り着くことがまじで大変であった。歩いているのはRのような韓国女性アイドル好きの若い女の子と、男性アイドル好きのオバサンがほぼ半々、といった感じである。いろいろな韓国料理店が軒を連ねているが、もう午後3時を過ぎているというのに至るところで順番待ちの列が出来ていた。


僕らが目指したのは「でりかおんどる」という店。有名店なのでここも何人も人が並んでいて、

「うわ…これじゃ昼飯どころか晩飯になってしまう」

ラウンドワンで遊び過ぎたのを後悔しつつ、嫁達を並ばせておいて僕は他のめぼしい店を探してみた。もっと早く入れそうな店があったので「移動しようぜ」と嫁に電話したところ

「もう席についてるよ」

とのことでズコー。なら言えよ!

気を取り直してオーダーした料理はRの希望でチーズタッカルビ、サムギョプサル、サムゲタン、プルコギ丼。周りの人達もだいたいチーズタッカルビとサムギョプサルは頼んでいた。始めはもっと頼もうかと思っていたが思ったより量がありお腹がパンパンになってしまった。

でりかおんどる
チーズタッカルビ。思ったより辛いがチーズのまろやかさが合わさって美味しい。タッ(鶏)のカルビだピーヒャラピーヒャラ。なんちて。

でりかおんどる
サムギョプサル。これ自体はけっこう脂っこいが、サンチュを巻いてサムジャンをつけて食べると非常にアッサリ感じられて食べやすく、どんどんなくなっていってしまう。

「パパー、サンチュもっと食べたい。おかわり頼んでよ」

「分かってるよ!」

見てる暇があったら食べろ、話を聞いてる暇があったら食べろ、見ざる聞かざるサムギョプサル。なんちて。

でりかおんどる
サムゲタン。最後に運ばれてきたが願わくば一番最初に食べたかった。だってチーズタッカルビもサムギョプサルも味濃いんだもん。

アッサリかつ深みのあるとても優しい味。オモニの味といったところか。丸々入った鶏をほぐし、お粥を掬う手が止まらない。ずっとサムゲのターン。なんちて。

ウチはタクが肉より魚派なので、滅多に焼肉屋などの肉がメインのお店には行かない。Rはその逆で肉が大好きなので、普段我慢させてしまっていることを気の毒に思っていた。寿司屋などではあまり食べられるネタがなく、かわいそうなぐらい小食になってしまう。

しかし今日は違っていた。モリモリ食う。タクがおなかいっぱいでギブアップしてもまだまだガンガン食う。

「こんなハングリーなR始めて見たよ」

思わず驚いて言ってしまったら

「これが本当のわたしの姿なのだ!」

肉食系女子Rの活躍によりほぼ残すことなくごちそうサマンサ。韓国料理を平らげたRのテンションはますます高く、韓流百貨店という韓国の芸能人グッズがたくさん売っている店に突入。

「うわああああ!モモがー!ダヒョンがー!」

目をギンギラギンに輝かせ、さまざまなTwiceグッズを手に取っていた。嫁もなんだか楽しそう。女の買い物とおしゃべりとトイレは男より長い。これは定説である(僕はトイレも長いが)。取り残された僕とタク。僕はエキサイトなRを見ているのが面白いのでいいが、タクがとっとと飽きた。

「まだなの?帰りたいよ」

姉に文句を言う弟。

「じゃパパと帰って」

姉は父に丸投げした。

というわけで僕とタクの男闘呼組は先に帰ることにした。タクだって前半はボウリングにメダルゲームにテニス用品買いと、Rを付き合わせたのでお互い様である。

いずれにせよ子どもの日、ふたりが興味あるものに触れて楽しめたようでよかった。そして僕は食いすぎで腹が張って歩くのが辛い。

冒頭に書いたように大久保では本当に食べてばかりだ。ダルバート、カレー、ビリヤニ、そして今回の韓国料理。いつも腹一杯。どうりで太るわけである。

デーブ大久保。なんちて。

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

Powered by FC2 Blog