2018-03-01(Thu)

栃木県宇都宮市徳次郎遊郭跡地を歩き、「性神の館」を見学する。

栃木県宇都宮市の北部にある徳次郎(とくじら)。

奈良時代、日光に勢力を持っていた久次良(くじら)氏の一族がこの地に出て来て、本家と区別するために「外の久次良」→「外久次良」→「とくじら」となったという。

室町時代末期から江戸時代はじめごろまで刀鍛冶集団がこの地で作刀した刀剣が現存する。また、かつて大谷石に似た「徳次郎石」が採掘され、それを用いた蔵などが近隣に残っている。

江戸時代、日光街道が整備されてからは宿場町として発展し、亀屋・福島屋・松岡屋・米屋・和泉屋・亀沢屋・大黒屋などの飯盛り旅籠が出来、のちの遊郭のルーツとなる。

徳次郎遊郭(新地)がいつ出来たかは調べられなかったが、日光街道から少し東に外れたところに造られ、1956(昭和31)年の売春防止法の制定により消滅した。妓楼は富永楼・松岡楼(のちに逸富楼)・亀楼・斉藤楼の4軒があった。その跡地を訪ねてみた。


宇都宮の中心部から国道119号線(日光街道)を北に。車で30分くらいでバーミヤンがある徳次郎交差点。右折し国道293号線を東に進むとすぐ、道路の北側に遊郭があった。

徳次郎遊郭
「明日に伝えたい富屋の郷土誌」より

徳次郎遊郭
国土地理院サイトより空中写真。1948(昭和23)年。

徳次郎遊郭
同じく1961年(昭和36)年。

徳次郎遊郭
「大日本職業別明細図 宇都宮市 城山村 徳次郎 石橋町」(1929年:昭和4年)には「遊廓」と記されている(左側が北の方角)。

徳次郎遊郭
現在は園芸用土製造販売会社や食品問屋会社などの敷地になっていて、遊郭の面影は全くない。

徳次郎遊郭

徳次郎遊郭

徳次郎遊郭
遊郭の入口があったところには普通の民家が建っていた。

徳次郎遊郭
裏側から。

徳次郎遊郭
遊郭の東側から北に伸びる道、「大網道」を歩く。おっぱいのように見える山。遊郭内の妓楼の窓からも見えたのではないだろうか。

徳次郎遊郭
左のおっぱいあたりにある毘沙門山の毘沙門天神社。徳次郎遊郭に売り飛ばされて来た遊女により作られ、歌い継がれてきた「徳次郎節」の歌詞に毘沙門山があることから、何か遊郭と関係するものがあるかと思って来てみたが特に何も見当たらなかった。

徳次郎交差点に戻り、今度は西に行くと

性神の館
「性神の館」というビザールな博物館がある。

性神の館
入口からしてコレである。

性神の館
トゥナイト2の山本晋也監督は4時間もかけてじっくり見学したという。

性神の館は梅宮辰夫から邪悪さを抜いたようなルックスの館長さんとその奥さんのふたりで運営しており、

性神の館
受付で奥さんに入場料を払いチケットをもらうと、館長さんがつきっきりで館内を案内してくれる。その間、エロネタを交えた愉快な解説が途切れることはない。

性神の館

性神の館
まずは男根や女陰を祀った神社や道祖神・石神・お祭りなどの説明。モルゲッソヨ的なインパクトに圧倒されるが、性に関する(特に男根・女陰をオブジェ化した)信仰・風習・文化に関するものを中心に展示してあり、エロ目線というより民俗学的な観点のものが多い。だから秘宝館ではなくあくまでも博物館と名乗っているのであろう。

客の出身地を聞いて、あなたの県にはこんなお祭り(ちんこ型の神輿を担いだり、ちんこオブジェをこすったりする類)をがありますよ、ということも資料を見せながら教えてくれる。

世界の性の信仰についても様々な展示物と説明がある。館長さんはヒンドゥー教の寺院、カジュラホに行き、そこにびっしりと刻まれている様々な男女のまぐわい像(男女交合像:ミトゥナ)を撮りまくってきたのだという。

性神の館
これはフィリピンのチンコ・パイオツ系の工芸品。ウィークエンダーっぽいのがあったのでつい撮ってしまった。

更には大人のおもちゃの歴史や体位四十八手についても。体位解説の絵が壁に貼ってあり、館長さんがそのうちのひとつ、横から入れている系の体位を指して曰く、

「これなんかは来年、皇太子殿下が絶対やることですよ。側位(即位)」

とか

「今の天皇陛下にも大変関わりのあるテーマですね。体位(退位)」

オヤジギャグがキレキレであった。天皇陛下万歳的な人が聞いたらブチ切れるんじゃないだろうか。

驚くべきことはこれだけではなく、喜多川歌麿の浮世絵の原画が展示されていた。失礼だが本物なのだろうか…。

館長さんの怒涛のレクチャーで館内をひと回り。時間は20分ほどか。最後はソープランドの待合室のような、古ぼけたソファが並んだ部屋に通される。ここで10分ぐらいのビデオを鑑賞するという。真面目系のビデオと不真面目系のビデオの2択。真面目系は先程にも書いたインドの寺院のビデオだという。しかし僕はつい

「不真面目系で」

と言ってしまい、始まったビデオは

性神の館
「桃尻ナースの裏筋クリニック ナマで何度も注射して…」(五十嵐こずえ)

という出演者のルックスやファッションからバブル時代の匂いがプンプンするエロビデオであった。スマホで検索したら1992年物。どうりで。逆に古すぎて卑猥だったが、

「いやあん」

「ああーん」

という馬鹿でかいあえぎ声の中、大部屋でひとりポツンと観ているのは結構キツかった。男優、早くイってくれないかなあ…と早く時間が流れることを願った。せっかくだからここでしか観れない館長さんオリジナル作品の方がよかったと後悔。

ビデオが終わると自由行動である。館内を自由に見学でき、写真撮影もOK。出口の脇にはお土産コーナーがある。もちろん扱っているのはアダルトグッズ中心。中にはあやしい精力剤や媚薬みたいなものも。さながら大人のおもちゃ屋である。

館長の奥さんが

「コレ買った人がね、ロトシックスで50万円ぐらい当てたのよ!」

ウソかホントかしきりにすすめてくるお守りを購入した。

性神の館

性神の館
パッケージ。思い付いたフレーズを片っ端から書きまくったような文のとっ散らかりよう。

性神の館
開けてみる。

性神の館
さらに開けてみると…うん。もうこのカタチ、館内で散々見まくったので「もうええわ!」って感じになった。

帰り際に館長さんに

「この辺に遊郭があったと聞いたのですが」

と聞いてみたら

「そうですね!徳次郎遊郭といって、徳次郎というのは日光の…」

さすがにご存知で、冒頭に書いたような徳次郎の地名の由来を説明してくれ、あと

「バーミヤンのあたりがそうですよ」

場所もざっくりと教えてくれた。

内容が内容なだけに、アレな画像をたくさん載せてしまったが、

こんな卑猥なものを見せないで!とか

とくじら立てないで欲しい。なんちて

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

Powered by FC2 Blog