2018-01-23(Tue)

水曜日のカンパネラ「オールナイトニッポン50周年 ALL LIVE NIPPON Vol.6」 2018.01.21横浜アリーナ

横浜アリーナでのオールナイトニッポン50周年イベント。オードリーのふたりが司会で、演者は順にRADIOFISH、お笑いのラブレターズとニューヨーク、Creepy Nuts、miwa、水曜日のカンパネラ、お笑いの三四郎、オードリー、BLACKPINK。

水曜日のカンパネラのライブは「ゴッホ」から始まった。コムアイさんはしばらく姿を見せず、アンビエントテクノ調のリミックスバージョンのオケと、歌声と、ステージの中央のきらめく光が強調された。

じらして(?)ようやく姿を現したコムアイさんはウォーターボールの中に入っていた。そのまま花道に躍り出てセンターステージへ移動した。

「嬴政」でボールの中から出て曲調に合わせて激しく踊る。センターステージからさらに後方まで移動して「オードリー」。この曲やると思ったぜ。

コムアイさんはついにステージから飛び出して2階席に突入し、何食わぬ顔でお客さんの隣に座って歌った。

ステージに戻って次の曲は「ユタ」。風を受け止めて大きく膨らんだ巨大な母衣のようなエアドームがステージ一杯に広がり、コムアイさんが飲みこまれて行った。母衣のゆらめきと戯れながらコムアイさんが歌う。

水曜日のカンパネラ
(画像はオールナイトニッポンのオフィシャルサイトから拝借)

一気にアップテンポに行くのかと思ったら予想に反して「ユニコ」。コムアイさんはアリーナに作られた妖しい世界をゆっくりと楽しむようにじっくりと歌う。

最後は「桃太郎」のリミックスバージョン。ネメネメしたシンセベースとブレイクビーツが強烈で原曲のノリがほぼ壊れまくったダンスチューンである。

がほどよくのラップとビートと共に

母衣のようなエアボールが我々観客の前の通路にも投げ込まれ、ポヨーンと漂っていて水カン十八番の空間演出が繰り広げられていた。

曲の終わりとともにコムアイさんもステージの光の中に飲みこまれるようにフェードアウト。MC一切なしのノンストップの30分であった。

その代わりにコムアイさんはすぐ戻って来てオードリーとのトーク。春日がマイクを小指を立てて横向きに持っているのを

「フルート吹いてるんですか?」

とツッコミを入れたり。

「始まる前、春日さんと髪型がかぶってたんですよ~でも本番になるとその髪型になるんですね」

キチキチの二八分けになる前の、髪を降ろした春日と髪型が今日の自分のとソックリだった笑ったていた。

また、コムアイさんとオードリーは以前タモリ倶楽部で一緒に出演したことがあった。渋谷のストリップ、道頓堀劇場で、ストリップ嬢へ向けての紙テープの投げ方とかBGMに合わせたタンバリンの鳴らし方などをベテラン常連客に教えてもらう、というものだった。

コムアイさんが楽しそうにテープを投げていたのを覚えているが、その時の思い出話もしていた。コムアイさんはオードリーのふたりに

「あの後もタモリ倶楽部、結構出られてます?」

と聞く。

「ええ、何回か」

とオードリー。

「私、楽しくてはしゃぎすぎちゃったからか、もう呼ばれなくなっちゃったんですよー」

コムアイさんがそんな風に寂しそうに話すので

「そんなことないから!」

オードリーがフォローに回っていた。時間となったのでコムアイさんがステージからはけると

「マイクの持ち方を突っ込まれたのは初めてですね!」

とオードリーが締め括って水曜日のカンパネラのライブは終了した。

音がとても良くて、セットリストもいいと思うのだが「見えにくかった」というのが今日の第一印象だった。全体的に暗めで、カメラが追い切れずスクリーンにも映っていない時間も少なかったように思う。

席があまり良いところではなく、水カンのライブはいつも近くで観ることに慣れてしまっているせいか、

既に横浜アリーナという大きな会場で演じるようになった水曜日のカンパネラにはもはや贅沢なことかもしれないが、演者がすぐ近くにいるというのに姿が見え辛いというのは、水カンではあまり味わったことがないことだけに歯がゆかった。

歯だけにトゥース!なんちて。

【セットリスト】

1.ゴッホ(Remix)
2.嬴政
3.オードリー
4.ユタ
5.ユニコ
6.桃太郎(Remix)

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2018-01-30(Tue)

ありがとサンキュー。

今更だが我が家の年末年始。

クリスマス、僕が子供達に贈ったプレゼントは既に書いたと思うが、僕自身が嫁からプレゼントをもらったのは思いもよらぬことだった。

何をもらったかというと、敷布団である。

「布団も新しくなったことだし…ウフーン」

とかいう子供がもう一人欲しい的なものではなく、ただ単に僕が寝ている布団が「まんが日本昔話」に出て来る百姓のじいさん並みにもみすぼらしかったためらしい。既に夫婦間でプレゼントの贈り合いが途絶えて久しかったので、よっぽどみじめだったのだなあと思った。

クリスマスを過ぎて年末になると栃木の実家に帰るのが慣習である。そして12月30日に高校時代の同級生と飲む。彼らとは1年でこの日にしか会わないが、もう20年近く年末の飲み会は続いている。高校当時は一番仲良かったわけではないが、細く長く続いているのが面白い。毎年飲みながらいつまでも続いて欲しいと思うのである。

大晦日の夜は実家のコタツに入りながら母や弟と共に紅白を最後まで観、ゆく年くる年で鐘がゴーンとなってから寝る。今年は娘・R(中二)が大好きなTWICEが出たので大騒ぎであった。

寝たら数時間後に初日の出を見るために速攻起きる。起きたら弟に車を出させて眺めの良い山の中腹まで車で行くのが毎年の恒例である。

初日の出
初日の出は6:50分ぐらい。左右にツンツンしたツノがあるような筑波山の右側から出る。毎年変わらぬことだが変わらぬことに感動を覚えるのである。

毎年変わらずに会ってくれる友。毎年変わらずにいる母、弟。そして嫁、娘、息子。今は変わらなくてもずっと先まで同じであるわけはない。子供達、特にRは僕と一緒にどこかに行くということを嫌がるようになった。例えば近所のファミレスとかで外食をしようとすると

「絶対同級生がいて見られるからヤダ」

親と一緒にいるところを見られるのを毛嫌いするようになったし、嫁だって子育てが終わったらどうなることかわかったものではない。母も元気ではあるもののアラエイティになり

「お母さんは寒いから今年は初日の出はいいや…」

少しずつ無理をしなくなってきている。親も、嫁も、子供達も、友達も、僕も、ずっと同じであるはずはなく、いつまでも変わらないのは初日の出の眺めなのだなあ…と諸行無常を感じるのであった。

せめて来年だけでもまた皆と同じように初日の出を見れるように、と手を合わせるのだ。年が変わるたびに今あるものが滅びゆくことへの恐れが増す

「門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」

まるで一休さんのような心境だなあ…と思いつつ駐車場に戻ると

初日の出

ナンバープレートが一休さんの車だー!

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

Powered by FC2 Blog