2017-05-03(Wed)

長野県佐久市岩村田遊郭跡を歩く。


現在は長野県佐久市に属する岩村田は中山道の宿場町だった。そのはずれにかつて遊郭が存在した。

遊郭が出来たきっかけは、岩村田から10キロほど離れた追分宿の衰退にある。江戸時代末期の政情不安や参勤交代がきちんと行われなくなったことにより交通量が減少、更に明治になり鉄道が開通したことから宿場の機能もなくなってしまった。

そこで追分宿の人達は、追分を離れ小諸に遊郭を造ろうとしたが許可されず、1889(明治22)年、当時佐久の行政や商業の中心地だった岩村田に開設した。

岩村田遊郭
(『図説 佐久の歴史<下巻>』より)

岩村田遊郭
(『軽井沢三宿の生んだ追分節考』より)

遊郭の中心には池があり、それを取り囲むように遊歩道や妓楼が配置され、周囲は黒板塀で取り囲まれていたという。

妓楼は追分からの「小川楼」・「永楽屋」・「嘉女屋(亀屋)」・「新嘉女屋(新亀屋)」・「吉野楼」・「大丸屋」・「中喜屋(中木屋)」・「八橋屋」8軒に、岩村田宿から「高地楼」・「大黒屋」・「宝玉楼」の3軒が加わり、計11軒であった。

岩村田遊郭
(『佐久・小諸の昭和史 保存版』より)

その中でも嘉女屋は三階造りの客間の上に四階を太鼓櫓風の小部屋とし、さらにその上にコウモリ形の屋根を付け、ひときわ目立っていた。

すぐそばの鼻顔稲荷神社の参拝客も含め非常に賑わったが、大正昭和の不況や戦争の拡大により客足は衰え、1940(昭和15)年には嘉女屋も取り壊されて韮崎に運ばれて行ったという。

現在、遊郭のあった場所は団地になってしまい何の面影も残っていないが、大門の門柱が現存しているという。それを見るために岩村田を訪れてみた。

岩村田遊郭
まずは岩村田駅前。案内板にも「遊廓大門の跡」と記されており、史跡・名所扱いされている。ちなみに岩村田は「いわむらだ」と読むが、電車内のアナウンスでは

「次は、いわむらーだ、いわむらーだ」

と伸ばして読まれていて、なんかの語感に似ている…と思ったら「たまプラーザ」だった。

岩村田駅から東に歩き、岩村田交差点を南に曲がると岩村田で最も栄えた商店街。岩村田本町交差点で再び東に曲がり下仁田道を10分ほど歩いているとやがて見えて来る。

岩村田遊郭
これが岩村田遊郭大門の門柱。トンネルの向こう側が遊郭エリアとなる。これだけしっかり、しかも左右両サイドとも残っているのは全国でも珍しいのではないだろうか。ここを通り過ぎて行った無数の人達の思惑を想像するだけで遊郭のあった時代にタイムスリップした気分になる。

裏面に

「明治四十一年一月起工
 明治四十一年八月竣成」

とある。西暦1908年であり、既に100年以上経っている歴史的建造物だが、地域のゴミ置き場や民家の庭に浸食され、日常生活の場の中に埋もれてしまっていた。

岩村田遊郭
遊廓内エリアから見た門柱。左奥、屋根に太陽電池が乗っている民家は元床屋だったようだ。冒頭で載せた地図にもちょうどこの位置に「とこや」と書かれており、もしかしたら当時からあった店なのかもしれない。

岩村田遊郭
大門をくぐってすぐ右側に古い建物がある。これは性病患者用の隔離病棟だったそうだ。

トンネルの向こう側は団地。歩いてみたが遊郭の名残りは全く見つからなかった。

岩村田遊郭
(『佐久・小諸の昭和史 保存版』より)

これは湯川に架かる鼻顔橋を渡ったところにある鼻顔神社側から撮った当時の写真。

岩村田遊郭
ほぼ同じ場所から撮ってみた。

遊郭跡巡りはこれぐらいで、あとは岩村田市街地内で味のある建物をいくつか回ってみた。

まずは岩村田交差点近くにある「好楽センター」なる建物。

岩村田遊郭

岩村田遊郭

岩村田遊郭
いくつかのスナックの集合体のようだ。現役の店はほぼないと思われる。

岩村田遊郭
辛うじてまだ営業していると思われる雰囲気がここに。タイ語だろうか。15年ほど前のネットの書きこみ情報によると、ここにはいくつかのタイ系の連れ出しスナックが入っていたという。

岩村田遊郭
そして岩村田本町交差点近くにある「いわんだ・ゴールデン街」。地元の人は岩村田のことを「いわんだ」と呼ぶらしい。ここもタイ系のお店が6軒ほど集まっており、その中に日本の飲み屋が3軒ほど混じっている状況である。

岩村田遊郭
入ってみると、おお、りんごとスターでリンゴ・スターだ。なんちて。手前の店のドアが開いており、そこから見えたママさん(だろうか)に

「コンニチワ」

と挨拶され、僕も慌てて「こんにちは」と返事をする。

岩村田遊郭
左側の長屋もボロいが右側の「たつみ」の今にも崩れ落ちそうな寂れ感がたまらなく良い。

岩村田遊郭
更に進むと「フレンド」の中からママさんが出て来て

「コンニチワ!」

やはり挨拶をして僕の前を颯爽と歩いてゆく。僕も「こんにちは」と声をかけ、ママさんの後を付いて更にゴールデン街の奥へ進もうとしたら、彼女がこちらを振り向き

「イキドマリなのでーす!」

と言うのであった。

「?」

と思って突き当りを左に曲がってみると、確かにそこはトイレであり、行き止まりであった。

「ホントだ、あはは」

「アハハ」

タイのママさんは気さくである。

岩村田遊郭
Uターンしてゴールデン街を後にした。

岩村田の商店街はかつては佐久地方の商業地の中心としてかなり栄えたようであるが、現在はレトロで寂れた商店街という感じが否めない。

ここから歩いても20分程度のところに長野新幹線の佐久平駅が出来、駅周辺が開発されてイオンモールやベイシア等の大型商業施設や郊外型店舗が立ち並び、客足はすっかりそちらに奪われてしまっている。

岩村田遊郭が出来たきっかけとなった、かつての追分宿が衰退と状況が似ているのではないだろうか。

しかし岩村田の商店街を歩いてみると、商店街振興組合が運営する手づくり惣菜の店「本町おかず市場」や商店街直営の塾「岩村田寺子屋塾」など地元活性化のために手がけている施設をいくつか見ることが出来た。

昼ご飯を食べに入ったのもそのうちのひとつ。「三月九日青春食堂」。店名はちょっと恥ずかしかったが、ご当地メニューが豊富で良い。

岩村田遊郭
「いわんだセット」1,000円。

地元の農業高校とコラボして生まれた豚肉たっぷりの「北濃カレーうどん」、地元信州味噌発祥の安養寺の味噌を使用した「安養寺味噌ぶた丼」、どれもとても美味しかった。コロッケも。

岩村田遊郭
夕方の6時前、ちょうど「いわんだ・ゴールデン街」と道を挟んで反対側にあるバス停から高速バスに乗り、岩村田を後にした。

ゴールデン街には明かりが灯っていた。時間が許せば寄って行きたかったな。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2017-05-04(Thu)

ライブレポート「水曜日のカンパネラ VIVA LA ROCK 2017」2017.05.04 さいたまスーパーアリーナ

さいたまスーパーアリーナで開催されたフェスでの水曜日のカンパネラ。

タイムテーブルによると一番大きな「StarStage」のトップバッター。

僕がさいたまスーパーアリーナで水カンを観るのは2014年の「ぐるぐるTOIRO」というフェス以来であるが(正確にはさいたまスーパーアリーナ内の「TOIRO」というイベントスペース)、この時も水カンがトップバッターだった。

あの時は娘と息子も連れて開演前に入場すると、まだ人もまばらな物販ブースにコムアイさんやケンモチサンやDir.Fさんが普通にいて、しばらく3人と話したり子供達も

「ウチも私と弟のきょうだいなんですよー」

なんてコムアイさんに可愛がってもらったりしていたものだった。

水曜日のカンパネラ
当時の画像(拾い物)。コムアイさんの後ろに見切れて僕ら親子が映っている。とても近い距離で観れてのどかな時代であった。

さて今回はどうなるか。僕は朝8時少し前に現地に到着し、9時開場と同時に入場。前に並んでいた人達が別ステージで水カンより早く始まるキュウソネコカミに流れたせいか、最前列をゲットできた。

水曜日のカンパネラ
ちょうどコムアイさんがリハをしていて、その姿を見れたのはラッキーだった。「シャクシャイン」を歌い、調整を終えると

「おはようございます~。またあとでね~」

と僕らに手を振って去って行った。

ライブ始まりは11時5分。主催者による挨拶があって、オープニングなのかステージに何本もの火柱がボボーンと立ち、熱気をモロにくらってから水カンのライブが始まった。

まずは「ナポレオン」のイントロが流れたがコムアイさんの姿がない。そういえばコムアイさんはまともにステージから登場する方が少ないんだっけ…と後方を見渡すと、正二十面体の骨格が組まれた神輿に乗って登場。

「おはようございまーす」

と挨拶して熱唱。アリーナを区切る通路をゆっくり回りながら徐々にステージに近づいて行った。ステージに昇ってからは「シャクシャイン」。音がよいのでいつにも増して体が動いてしまう。

コムアイさんは朝から来てくれてありがとうございます!などと挨拶した後

「いいっ湯ーだーね!」

早速「ディアブロ」の声出し練習。指の腹がふやけ過ぎてもはや別の生き物みたいになってしまってなんじゃこりゃー!みたいな感じで

「ふやけるね!」

って言ってください、とか設定が細かい。それからだんだんと声を小さくし、しまいにはヒソヒソ声のコールアンドレスポンスをやってたところ、コムアイさんがふと客席の奥の方を見て

「今入ってきた人、ビックリしてますよ」

「わはは」

という笑いがあってようやく曲へレッツバスロマン。みんなで両手を挙げて、ゆらゆら湯気を表現すると、一転してBPMが上がり「ツイッギー」へ。

水曜日のカンパネラ

水曜日のカンパネラ

水曜日のカンパネラ
チャリティーオークションでヤフオクに出品しているからこの曲を演じた…ってわけでもないだろうが、実物が展示されていた。ちなみにワンピースとコルセットの解説文が、これってもしかして、入れ替わってるー?訂訂訂正すべき。

「ツイッギー」の曲は本当に短くて、あっという間に「ウランちゃん」に。緑のレーザービームが何本も伸び、交差し、赤いライトともばんばん交わる。

今日のウランちゃんはところどころ低音を抜いてブレイクっぽくしたりコムアイさんもいつもより絶叫していてあの場のブチ切れ感がすさまじかった。

その後は静かに「ユタ」へ。音がよい、特に低音がよく響くので久しぶりに聞き入ってしまった。

「不思議な快感!」

のところを叫ぶのが周囲半径ひとりぐらいの間でブームになりつつある。

「ユタ」を歌い終えてからスタッフの方が出て来てコムアイさんの服を調整。

「パンツが、見えそう…」

なんだそうだ。

「みなさんには見えてないかもしれないけど、スタッフの人達にはTバックがバッチリ見えてるかも」

とのことで、コムアイさんはTバックらしい。その理由は

「お尻に変な線が入らないから」

だそうで、

「中学生ぐらいのお客さんもいると思いますが、若いうちからエロい下着をはいてた方が綺麗なお尻になると思います!」

と若い衆にもアドバイス。理屈は分かるが僕の中2の娘がTバック買いたいとか言い出したらどうしよう。そして男には

「聞かなかったことにしてください」

と言うが、綺麗なお尻になりたい男だっているはずだ。

それから「ユタ」の歌詞の解説などをしてから「桃太郎」。コムアイさんが歌い出すと当然のようにウォーターボールが登場。ウォーターボールとコムアイさんはステージから降り、ちょうど僕がいる目の前まで来てボールの中に入ってゆく。あ、ちょっとTバックが見えちゃったかも。

「そっち行きます!」

コムアイさんが入ったボールは最前列の僕らの上を通り過ぎて観客の海へドンブラコドンブラコと流れて行きやがて見えなくなってしまった。正面にはでかいスクリーンがあるが、最前列からだとほぼ真上にあり見えづらい。

ボールはアリーナの真ん中あたりまで行き、そこに設置された移動式ステージに降り立ったようだ(よく見えなかった)。すると天井にあったミラーボールが降りて来て輝き出す。そこで「一休さん」だ。ディスコっぽい曲調に合わせた演出がイカス。

ステージの上にスタイリストの清水文太さんがひょっこり現れた。坊主頭なので一休さん役でステージに上がらされたのかと思ったらそうではなくて、普通にコムアイさんの服のズレを直していた。

移動式のステージはどんどん動いて行き、どこにいるのかサッパリになってしまったがどうやら一番奥の方まで移動して、やがて曲が終わり

「最後まで楽しんでってねー」

とそのまま退場。相変わらず与えられた空間は行けるところまでは全部行くコムアイさんらしいライブであった。常にクネクネと体を動かし、流れるように奇抜なポーズを取ったりするけれども、普段から体幹を鍛えているせいだろう、どれもバランスが良くて美しかった。あっという間の40分間、楽しませてもらった。

開演30分前までぐらいはお客さんがスカスカだったけれどもいつの間にか満員に近くなっていて、熱気も充分であった。

綺麗なお尻とかけまして、お客さんが溢れんばかりのステージとときます。

どちらも美っ尻。なんちて。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2017-05-22(Mon)

一同霊。

「中二病」という言葉がある。思春期にありがちな、ひとりよがりのカッコつけたがりや思い込みの激しさを現す言葉だと思う。

で、うちの娘・Rがいつの間にか中二になっていて、先日それっぽい話を僕に振って来た。それが

「パパ~、あのね、同級生で霊感が強い子がいるの。霊が見えるんだって」

オカルトネタであった。

「中二病かよ」

速攻でケラケラ笑いそうになったが、そんなことをしたらRは二度と喋ってくれない気がしたので

「へえ~、どんな霊が見えるのカナ?金正日とか?」

などど話を合わせてみた。

こっちだって小学生の頃からテレビでは心霊研究家・新倉イワオ氏プロデュースの心霊体験再現ドラマ「あなたの知らない世界」を食い入るように観、マンガでは「恐怖新聞」「うしろの百太郎」でおなじみ、心霊マンガの大家・つのだじろう先生の名作を貪るように読み、小説では「帝都物語」「陰陽師」を、ゲームでは「女神転生」シリーズを楽しんできた魔太郎ばりのガチの中二病オカルトマニアであった。

子供の頃は夢中だったけど、オッサンとなった現在の見解は

「ウソだとは言わないけど、僕には見えないのでなんとも言えない」

このことである。ともあれ、Rの言うことはいちいちカワイイので聞いてみた。それによると友達の霊感が強い子とやらは、たまに学校で霊現象に会うという。どこからか声が聞こえて来たり、廊下を歩く足(だけ)を見たりするらしい。

「えー、うっそーん」

とからかうと

「ホントなの!」

Rは信じて疑わない。また、近所にわりと大きい公園があるのだけれども、

「そこのトイレにも霊がいるんだってよー。そこで自殺した人がいるんだって」

とドヤ顔で語る。その公園で数年前に自殺があったのは事実。その頃まだ小さかった子供達の間に既にそういう伝説が生まれてしまっているのは興味深い。しかし僕が知っている情報と内容が違っていた。

トイレではなくて、その公園にあった立派な松の木で首つり自殺したのである。Rもちっちゃい頃はよくよじ登って遊んでいた木だったのだけれども、そのせいで切り倒されてしまい、子供達共々残念な思いをしたことがある。なので

「パパが聞いたのはトイレじゃなくて松の木だったってことだけども…Rもその話は知ってるだろ?」

と思い出させようとしたら

「でもその友達がトイレって言うんだもん!霊感探知機もトイレが一番強く反応するんだもん!」

Rはそう言って聞かない。ほえー、そうなのか…。

「…って、霊感探知機ってなんだよ!お前の友達キテレツ?」

どんだけ怪しい機械を持ってるんだよ、とツッコミを入れたら

「アプリ」

なんだそうだ。試しに検索したらそれっぽいのがいくつか出て来た。

「はあ、なるほどですねー…」

スマホはなんでもできるんだな…と思ったけれども中二女子相手にそれ以上のツッコミは不毛である。それに、松の木じゃなくてトイレだ!と言い張られると、確かに僕も実際に見たわけでないので松の木説も揺らいでしまう。

「そうかー。あそこのトイレがなあ…」

実はそこの公園のトイレ、駅からウチに帰る途中にあるので、酔っぱらって帰る時などは時々利用したりするのである。薄暗いし、決してキレイではないのだが、そんなことは大して気にもかけていなかったのだけれども、あそこが自殺現場だと言い張られてしまうとあっさり怖くなってしまい、

「ひいいいー!結構あそこのトイレ使ってたんだけど!」

かなりびびってしまったではないか。今のR以上にかつてオカルト大好きっ子であったためか、大人になっても未だに吹っ切れないようである。

とにかく今後もうあそこ行けない。冷や汗もんである。

霊感はないけど冷汗三斗。なんちて。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog