2017-01-07(Sat)

僕の帰郷な冒険。

年末年始は栃木の実家で過ごす。

今年は娘・R(13才)のお友達のお誕生日会があるということで、僕と息子・タク(11才)ふたりが先に行き、1日送れて嫁とRが追いかけることになった。

朝、タクと電車に乗り、途中で立ち食い蕎麦で一緒に食べる。僕は旅の途中で息子と立ち食い蕎麦を食べるのが好きだ。

「パパはかきあげそばだぞ」

「ボクは月見うどんがいい!」

「かきあげ食べるか?」

「もちろん食べるよ」

実家の最寄り駅に着いて母と弟が車で迎えに来てくれた。

帰郷して早速だがこの夜は高校時代の友達4人で忘年会であった。みんな地元を離れてバラバラだが年末だけ集まってもう10年以上続いている。ところがそのうちの1人、N(仮名)が今日の今日でノロウイルスになってしまったというメールが。

文面からでも非常に辛そうな様子が伝わって来、残念ながら3人で飲むことになった。夜になり、タクは母と弟に世話を頼んで待ち合わせ場所にGO。

「どの店にしようか」

「去年どこだったっけ」

「沖縄居酒屋だっけ。今年は違うところがいいな」

と店を探す。だいたいどっかしらの飲み屋に入れるので予約などはしないのだが、今年は

「予約でいっぱいで…」

10件以上断られ、

「どうしたんだ今年は!」

と三人で焦ってしまう。

「きっとNが呪いをかけてるんだよ」

「ノロだけに」

N、ひどい言われよう。30分以上さ迷っていたところに

「お店お探しですか…」

とお爺さんが寄って来たので教えてもらおうとしたら、なんとエロい店のポン引きのお爺さんであった。いつの間にか風俗店が多数入っている地元で有名なエロビルまで来てしまっていた。このお爺さんはいつもこのビルの前で客引きしているのだった。

で、結局入れたのは去年入った沖縄居酒屋だったという。

単に僕らが今年は違う店にしたいから、という理由で避けていただけであって、店自体はいいお店である。料理はうまいし可愛い女の子店員もいるし。沖縄料理の店なのでしばらくはオリオンビールを飲んでいたが、せっかく地元に帰って来たので栃木の地酒を飲みたいなあ…と女の子に聞いてみたら

「ハブ酒ならありますけど」

そうだった。ここは沖縄料理の店だった。僕らがいた席のすぐそばに、ガラスの甕の中で酒に浸かったハブがとぐろを巻いていて、さすがにそれはちょっと…と引いてしまったが、友達がいつの間にか妙な酒を頼んでいた。

「お待たせいたしましたースズメバチ酒です」

「ええっ」

ハブ酒の甕の隣にスズメバチがいっぱい浸かった甕もあったのだ。うわー…。ポイズン系動物酒が並んでいるのは壮観である。友達が

「飲んでみる?」

とグラスを渡そうとするのだが、やはりこちらも躊躇してしまった。

ハチだけに

「えーと…」

なんちて。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2017-01-24(Tue)

千葉県松戸市「平潟遊郭」跡地を歩く。

千葉県松戸は、陸路では水戸街道の松戸宿として、また、水路では江戸川水運の要所でもあることから栄えた。

平潟遊郭
松戸宿から北西方向に10分ほど歩いたところにある平潟遊郭は(↑の地図左上、黄色く塗ったところが遊郭のメインストリート)、その旅人や水運関係者達のお世話をする飯盛女(夜のエロいお相手もした)を旅籠屋に置いたことがルーツであるようだ。

松戸駅西口から流山街道を北上し、「かざね薬局」と「銚子商工信用組合」の間の道に左折。やがて坂川にかかる水堰橋を渡ると十字路の向こう側、谷口ビルの角に道標が残っていた。
平潟遊郭
「右 流山 野田 道
 左 平潟遊廓  道 
 根本川岸組合   」

とある。その通り左に進んで行くと、1868年開業という「松戸シティホテルSENDAN-YA」(旧「せんだんや」)前に出る。

平潟遊郭
その裏あたりに平潟遊郭の東の大門があった。

平潟遊郭
遊郭のメインストリートがこちら。江戸時代から続き、関東大震災後に全盛期を迎えたという平潟遊郭も1958年の売春防止法の施行により全ての妓楼が廃業。その後建物は学生寮などに利用されたが1994年に最後の建物が撤去されてしまったらしい。

平潟遊郭

平潟遊郭
現在はほぼ住宅、マンション、空き地になっており、古い街灯と遊郭が存在した時代からあったという柳がわずかに当時の面影を残す。

平潟遊郭

平潟遊郭
遊郭に隣接する平潟神社。天水桶は遊郭内にあった「九十九楼」の寄贈によるもの。

平潟遊郭
平潟神社とほぼ向かい合っている来迎寺。ここにも「九十九楼」と刻まれた墓石があった。あまり読めないが正面には「……信女」、側面には「大正十四年 九十九楼娼妓一同 …一同」と刻まれている。

平潟遊郭
大正時代の平潟遊郭。右側の建物がその九十九楼だという。

平潟遊郭

平潟遊郭
やはり大正時代だと思われる平潟遊郭の西側の大門の写真と、現在の様子。左側は日大の学生寮になっている。

平潟遊郭
「メロリンキュー」。こんな落書きや、もう何年放置されているか分からない幼稚園の送迎バスや、草ボーボーで朽ち果てたテニスコートなどが醸し出す寂れた感じが、かつて煌びやかに栄えていたこの街の歴史と対照的で物悲しかった。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2017-01-24(Tue)

オノボリー。

12月30日に栃木の実家に帰っていた僕と息子・タク(11才)。

翌日、大晦日に嫁と娘・R(13才)もやって来た。

栃木に帰って来ると必ず食べに行く佐野ラーメンの店がある。美味しくてみんな大好きなのだ。毎年、大晦日は必ずその店のラーメンを食べて年越し蕎麦がわりにするので、今年もレッツラゴーしたところなんと休み。

「じゃあ暖簾分けの店に行こう」

ここで修行した人が独立して開いた店があり、ほぼ同じラーメンを食べられるという。そんな情報を母は持っていたので改めてレッツラゴー。車で15分ほどかかるがノープロブレムな僕らは立派なラーメンオタクである。

さて、着いてみるとそのお店は修行先のお店同様、順番待ちの人で溢れていた。しばらく暇を持て余していると

「あの人達もあっちが休みだからこっちに来たんだって」

母が僕らのちょい後ぐらいにやって来た人達を指して言った。暇だったからちょこちょこその辺の人と話していたらしい。母はおばさん特有のノリでわりと誰にでも話しかける。

にった屋
30分ほど待たされて食べたラーメンは、噂通りもともと食べたかった店の味そっくりで文句なしに美味しく、皆満足した。

そんなわけでラーメン欲を満たした後は、コタツに入り紅白歌合戦を見ながらおごそかに年が明けるのを待つ。紅組が勝ってえーまじでーとか言っていたら程なくして

「あけましておめでとうございます!」

「おやすみ!」

年が明けたので、ほぼ同時に速攻で寝た。初日の出を見に行くためである。

朝5:30に起きた僕らは、車で10分ほどのとある山の中腹へ向かった。僕らはここで毎年初日の出を見ている。付近の「山を守る会」みたいな団体の人たちが豚汁やコーヒーをふるまってくれていて、また、

「ここでも初日の出は見れますが、ここから10分ほど歩いた○○平ではもっと視界がよく、富士山や東京スカイツリーも見れます。私たちスタッフがご案内しますのでぜひ皆さんも○○平まで登ってみてください!」

としきりにアナウンスをし、おすすめするんである。

「どうする?」

と嫁に聞くと

「これだけおすすめされちゃったらなー」

というわけで案内するスタッフの人に連れられてゾロゾロと向かった僕らを含む日の出待機一同。10分ほど山道を登って行くと、確かに最初にいたところよりもかなり高い位置に来た。初山登りである。初登りさせられるとは思わなかった。東京から来たのにおのぼりさんとはこれいかに。僕はもともと栃木人だけど。

かかしの里
そして最初にいたところでは山に隠されて見えなかった西の空から富士山も見えた。

より高いところ、より山が邪魔しないところなのは確かだったが、重要な罠があった。

かかしの里
なんと、木が超邪魔して結局は視界が悪いんである。なんでこんなとこ勧めるんだよ!

最初のところは木なんかない広場だったのに…。僕らを含め、登ってきた人達は邪魔な木を避けようとするとどうしても限られたスペースにぎゅうぎゅうづめになってしまう。おのれ、来年は騙されないぞ。

かかしの里
Rもクリスマスプレゼントでもらったばかりのデジカメを構えて撮る気満々である。

かかしの里
「うおー!出てきたー!」

6:50ごろ、初日の出。毎年筑波山の右から出てくるんである。おのれ、やっぱり木が邪魔だ。

「そういえばスカイツリーはどこ?」

と嫁や子供達が聞くのだけれども、

かかしの里
「たぶんこれじゃね(矢印のあたり)」

肉眼で見るのはほとんど無理で、望遠レンズを付けたカメラで覗いてみると、ツマヨウジみたいな細い棒がようやくぼんやりと見えたのであった。

はいはい初日の出初日の出お疲れお疲れ、んじゃ帰んべ、と、多少しらけたところで山を降りた。

かかしの里
降りる途中で見えた朝もやがキレイであった。

車が止めてあるところに戻ると、

「パパ、霜柱がすごいよ!ばりっばりだよ!」

タクが初日の出を見た時より嬉しそうにはしゃいで地面をバリバリと踏みつけていた。ここは普通に土の地面なので霜柱が盛り上がりまくりなのだ。温暖で都会な東京っ子には珍しいのだろう。

僕にとっては珍しくもなんともないのだが、さっきのご来光スポットに多少むかついていたので僕もバリバリ踏みつけてみると、嫁やRも無言でバリバリやっているのであった。

霜柱。

バカわしら。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2017-01-27(Fri)

第二回・水曜日のカンパネラ大人の遠足…「アラジン」「一休さん」MVロケ地探訪

ポニーさん(@DrPONYTAIL19673)の呼びかけで、水曜日のカンパネラ・大人の遠足第二回が行なわれた。

水曜日のカンパネラゆかりの地を訪ねまくるこの遠足、一回目は上野公園近辺で「カンフー・レディー」や「ナポレオン」のMV撮影地を回り、再現動画を撮ってみたりした。

笹塚ボウル
今回の集合場所は笹塚ボウル。「アラジン」のMVにおいてコムアイさんが青いボウリングシャツと白のパンツ、赤いベルトで歌って踊っていた場所である。

笹塚ボウル

笹塚ボウル

どーん。

笹塚ボウル

笹塚ボウル
こんな感じ。僕らのレーンは一番奥の方であったが、コムアイさんが撮影していたのは主に真ん中のレーンあたりであったようだ。

笹塚ボウル
今回も再現動画を…と考えないわけではなかったが、まさかよそ様が使っているレーンに邪魔するわけにはいかないし、何よりも今回はコムアイさん役の女子がいなかった(参加者はひとりのティーンエイジャー・りょう君(@Tigers0703)を除き全てオッサン)ので、僕がコムアイさんのコスプレをするに止まった。

笹塚ボウル
ヨシヨシさん(@yoshikata_naoki)にいつの間にか撮られていた。

笹塚ボウル
ゲームは白熱し、ピンを倒すたびにビールビンが増えていったが、タブレットで「アラジン」のMVをエンドレスで流し始めるとみんなの成績が良くなったのは本当である。

笹塚ボウル
3ゲームやって皆バテバテに。最優秀成績は1ゲーム目から安定して高得点だったごんたさん(@gontamail)であった。

笹塚ボウルを後にして、さあどうするべか、もう飲みに行っちゃおうかと迷っていたところにポニーさんが

「行ってみよう!」

と提案したのは某病院。
某病院
歩いて10分ほどで到着。ここはなんなのかというと、

某病院
某サウンドプロデューサーがリハビリしたところだという。なんでそんなこと知ってるんだ。で、さらには

「川崎に行ってみよう!」

「一休さん」のMV撮影場所、ウェアハウス川崎というゲーセンに行くことになり、さらにさらに

「じゃあ渋谷で途中下車してカレーメシ食べようぜ!」

どんどん行き当たりばったりで目的地が追加されてアグレッシブ。

DRIP CURRYMESHI TOKYO
川崎に向かう途中、山手線の渋谷駅で降り、ホーム内にあるのがこのカレーメシのショップ。その名も「DRIP CURRYMESHI TOKYO」。やたらおしゃれである。

DRIP CURRYMESHI TOKYO
3種類のカレーメシからひとつ、また、唐辛子、ガーリック、ジャスミン茶、かつお節、コーヒー他のドリップする食材をセレクトすると店員さんがお湯を注いでくれる。夕方のヒマそうなアイドルタイムにドヤドヤとオッサン5名が押しかけてきたためか(りょう君は昼もカレーだったため外で待機)、店員のお姉さんがちょっとキレ気味であった。

DRIP CURRYMESHI TOKYO
僕がオーダーしたのはスパイシーチキンカレーメシ+ガーリック。辛さとガーリックの香りが食欲をそそり、いただきまんもす。そして腹持ちも良い。

再び電車に乗ってアバウト30分。ウェアハウス川崎店に到着。ここは1Fから3F部分が、かつて香港にあり、魔窟と呼ばれたスラム街「九龍城砦」を再現した内装になっている。リアリティを出すためにゴミすらわざわざ香港から取り寄せたという。僕自身は2年前、3年前ぐらいに2度ほど訪れたことがある。

ウェアハウス川崎
あやしい入口。

ウェアハウス川崎
駐車場への通路。

ウェアハウス川崎
2階~3階への吹き抜け部分。

ウェアハウス川崎

ウェアハウス川崎
MVとの比較。ネオンは常設ではなく、MVのために付け足されたことが分かる。

ウェアハウス川崎
3階のこの部分は、

ウェアハウス川崎
このように残念ながら進入禁止になっているが、

ウェアハウス川崎
MVで気になった「快速豊胸」のビラは他にも数箇所貼られていた。

ウェアハウス川崎

ウェアハウス川崎
MVの終盤、コムアイさんが逃げる場面は1Fの通路である。ちなみに通路から覗ける部屋の窓からは以前、

ウェアハウス川崎
こんなエロスなドールの姿を拝めたのだけれども、

ウェアハウス川崎
今日覗いてみたら現在はちゃんとブララが着用されていてB地区が隠されていた。

みんな、ロケ地の検証に一生懸命であったが、いつの間にかまこたん(@McKORMACK)がUFOキャッチャーと戦っていた。何を狙っているかと思ったら、

ウェアハウス川崎
こんな感じのイカ。典型的な酒のツマミであった。

ということで九龍城砦を後にし、川崎の元ワタミ現三代目鳥メロで飲み。

からの締めはラーメン…といきたいところであったが、お目当ての店が混んでて並ぶのが必須であったため近くにあった三田製麺所に入り、ガッツリつけめんORまぜそばを食べることに。

6人で入ったのだが、箸が4組しかなくて、

一休さんだけに、この箸で食うべからず、なんちて。

参加者:(五十音順・敬称略)

梶りん(@kajilin)
ごんたくん(@gontamail)
Dr.PONYTAIL(@DrPONYTAIL19673)
まこたん(@McKORMACK)
ヨシヨシ(@yoshikata_naoki)
りょう(@Tigers0703)

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2017-01-30(Mon)

シーモネーター2

「日曜日はサンデー、月曜日と火曜日はなんだっけ」

と、娘・R(中一)と息子・タク(小5)がカヤカヤとにぎやかに騒いでいた。タクはともかく中一のRが分からないのって結構やばいのではないか、と危惧した僕は、

「月曜はマンデー、火曜日はチューズデーだよ」

と教え、更に

「サンデー、マンデー、チューズデー、さわってー、もんでー、チューしてーって覚えるんだぞ」

必殺の覚え方を伝授したところ、タクからはダンゴムシを見るような目でガンを飛ばされ、

「タクは下ネタ嫌いなんだよ」

嫁からは駄目出しされ、

「それ、うちのクラスの男子と一緒!」

Rからは中一男子レベルの烙印を押され、すなわち家族全員からドン引きされてしまった。

おかしい、受験勉強において下ネタ語呂合わせはよくある話。

例えば日本史においては

「1931(一番臭い)年、満州(まん臭)事変」

とか、世界史においては

「インノ、インノで絶頂3回(教皇権の絶頂期、インノケンティウス3世)」

とか、化学の元素周期表の覚え方

「ベッド(Be)に 潜(Mg)れば 彼女(Ca)の スリ(Sr)ップ バ(Ba)ラ(Ra)色」

など、オッサンになった今でもすぐ出てくる。覚えやすく忘れづらい、強力な手法なのだ。それなのにひどい言われよう。…ただ、ちょっと早かったかな。

しかしタクが下ネタ嫌いと言うのはおそらく真実ではない。タクは嫁やRの前ではそういうフリをしているだけなのだ。その証拠に僕に対しては時々意味もなくチン○を

「ほれー!」とか言って見せびらかして来たり、

「一歩歩いておならプー」

とか訳の分からない放屁をしてくる。嫌いなはずはないのだ。

話は飛んで、先日、お笑い芸人のパーマ大佐が「森のくまさん」の替え歌を無断で販売したとして、訳詩者の馬場祥弘氏が差し止めを要求した、というニュースがあった。それを聞いて

「でもさー、僕らも『あるー貧血、森のな浣腸』って歌ってたよね」

とタクに言うと

「あるー貧血!
 森のな浣腸!
 熊さんにんにく!
 であーったんこぶ!
 花さーくもーりーのーみーちんちんぶらぶらソーセージ!
 熊さーんにーでーあーっタモリのおけつはレインボー!」

頼んでもいないのに勢いよく歌ってくれた。ちんちんぶらぶら…のところ、なんでそこ、すごい歌詞が詰まってるんだ。こんな歌を大喜びで歌うとは、やっぱ下ネタ嫌いなんかじゃないじゃないかー!

そしてタモリのおけつはレインボー…何故このようなフレーズが生まれたのか。謎である。もしかして、検索すれば何か分かるかもしれない…と思って「タモリのおけつはレインボー」でぐぐってみたところ、一番上に出て来たのは「エキスパートモード」というブログで…ってこのブログじゃねえか!GOOGLE意外と使えねー!

何気ない僕のネタ振りが息子の下ネタソングを呼び出してしまった。

これを下ネタ子を起こすといいます。なんちて。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog