2016-08-04(Thu)

徒労の丑の日。

とある土曜日の朝。

息子・タク(10才)がヒマそうだったので

「せっかく夏なんだからプールでも行けば?としまえんとか」

と嫁が声をかけていた。としまえんはわりと近くにある遊園地で、夏はプールで賑わう。数年前までは年間パスを買っていて飽きるほど行ったのだが、飽きてしまったのでここ2年ほどはほとんどご無沙汰だ。

「としまえんか~。流れるプールなら入りたいかな」

「じゃあ行く?」

「うん」

「じゃあなたよろしく」

タクを煽るだけ煽っておいて、実は嫁は今日仕事なのでとしまえんには行けず、連れて行くのは僕なのである。年間パスがないのでとしまえんのプールに行こうとすると入園料は大人一人4,000円、こども一人3,000円ぐらいかかる。

別にいいけど。

わかったよ、と返事をすると

「あとタクの水着も買ってやって。今のもうボロボロだから」

ちっ。金がかかることを次々と。

「Rも行く?」

娘・R(中1)も連れて行こうとしたら

「今日は午後から部活」

ダメであった。昔は大喜びでレッツラゴーだったものだが、中学生ともなると忙しいしオヤジとプールっていうのもありえないのだろう。

「じゃあふたりで行くか!」

「うん!」

タクと男同士、ふたりで行くプールもたまにはよかろう。僕は心置きなく水着ギャルを観察できるし。

「よし、じゃあ早速行くぞ!」

開園と同時に入園だ!と意気込んだところ

「まってよ。わたしの昼ごはんは?」

Rがちょっと待ったコール。そうだった。嫁がいないので、午後から部活に出かけるRの昼飯を用意しなければならないのだった。

「Rはお昼に何食べたい?」

「えー。お昼にならないと分からない」

うーん。「明日はどこに行くの?」「明日にならなければ分からないさ」みたいなハードボイルドな返答。ていうかめんどい。「これ食え」と有無を言わさずこちらが用意したものを食べさせるっていうのもあるけど、娘の押しには弱い僕はダメダメさーん。

そんなわけで出かけるのは最速でも昼前になる。そんならついでに僕も早めの昼飯を食ってから行こうと思った。としまえんの中にも飲食店はあるが、マズい上に行列しているで嫌なのだ。

ラーメン二郎桜台駅前店
そんなわけでラーメン二郎桜台駅前店。話は逸れるが、この店は最近店主さんが休みがちで週1日か2日ぐらいしか営業しておらず、その営業日も店主さん不在で助手さんのみの対応となっており、レアな一杯となってしまっている。

開店30分後ぐらいに食べたが、店主さん不在でもながらあまり味は変わらず美味しかった。ウンメー。

話を戻す。腹も一杯になって家に戻り、Rの昼飯も用意できたし、さあ行くぞ!…としていたところに電話が。

「たっくんいますか」

タクの一番の友達から、午後一緒に遊びたいというお誘いであった。タクに代わってしばし、

「パパー…プールより友達と遊びたい…」

電話を終えたタクは申し訳なさそうに言った。プールより友達のほうが圧倒的に優先度が高いらしい。

「なにー!しょうがねえなあもう…」

いろいろ言いたいことはあるが、今までのことは水に流してやろう…。流れるプールなだけに!なんちて。

「でも水着は買っておくようにってママが…」

「あー…。それがあったか。わかったよもう…」

めんどいな、というのが露骨に顔に出ていたかもしれないが、友達が来る前に水着を買いに行った。

「これよくね?」

「やだ」

超派手でチャラいガラパンを勧めたところ、タクが選んだのはナイキの黒地に赤いラインが入ったのみの至ってシンプルなものであった。

「試着てみなよ」

「うん」

試着室に連れて行き

「ロッチのコントのマネする?」

「やだ」


以前観た、ロッチの試着室コントを思い出しながらサイズを確かめさせ、オッケーなので買って帰った。

プール、行かないなら行かないで僕もやりたいことがあったので、それに合わせた行動を取りたかったのに、今となっては時既に遅しでダメである。

こんなことならプールなんて最初から言わなければ良かったのに…なんて言ってもさっき食べたラーメンだけに、今更二郎である。

なんちて。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2016-08-27(Sat)

麺と線。

お盆は栃木の実家に帰る。

娘・R(12才)と息子・タク(10才)は、一昨日に栃木の母が迎えに来て既に栃木に行っているため、僕が追いかけて行く形になった。嫁は仕事があるというので留守番である。

土曜日の朝に出かけようとしたら何故かネットが繋がらなくなるというトラブル発生。水のトラブルは8千円だけど、ネットのトラブルはどうすればいい?情弱御用達今絶賛炎上中のPCデポ?

線とかルーターとかをいろいろいじってみたがサッパリ分からないまま無駄に時間が過ぎていく。

「えー!まだ線、繋がらないの?困る!栃木帰るの遅くなってもいいからなんとかしてってね!」

嫁はそう吐き捨てて職場に出かけてしまった。嫁はいつもネットで食材その他を注文しているのだ。そういう都合は分かるけど、ああもぶち切れるとはひどい。線の切れ目が縁の切れ目。なんちて。

自分ではもう原因が分からなくてNTTのサポートセンターに電話してみたら一向に繋がらず、繋がるまでまとうホトトギスと辛抱強く待つ覚悟を決め、ずっと繋ぎっぱにしてやるぜ、と思っていたら10分で勝手に電話を切られる仕様になっておりこっちの堪忍袋も切れそうになってきた。

ブチ切れそうになりながらもどうにかこうにか復旧したのがもう10:30ごろ。朝から何も食べてないので腹が減っており、ちょっと早い昼飯を食べてから栃木に行くことにした。で、「ラーメン二郎桜台駅前店」へ。人気店なのに最近ほとんど休んでばかりであったが、ようやく店主が復活したのだ。

栃木の実家近くには「小三郎」というこれまた人気店で僕ら家族が一番好きな佐野ラーメンの店があり、帰郷したらほぼ必ず食べるのだが、今もうまさに

「お腹が空いて力が出ない」

とアンパンマンばりに言えるほど弱っているので仕方あるまい。

ラーメン二郎桜台駅前店
やっぱりウンメー。ビバ復活。以上レポっす。

店を出てから

「着くのは14:30ごろになっちゃうかも…」

と栃木の母に電話して電車に乗った。途中、乗換駅での待ち時間が30分もあり、アスファルトの上のミミズの心境になり、思わず駅外のコンビニでガリガリ君を買ってしまった。

実家の最寄駅に着くと母が車で迎えに来てくれた。実家ではすっかり我が物顔でくつろぎまくってるRとタクが僕を待ち構えていて

「パパ!小三郎行こう!待ってたんだよ!」

なんと、先程述べた小三郎のラーメン食べたさのあまり、もう午後3時近くになるのにお昼ご飯を食べないで待っていたのだという。

「いやー、パパ、来る時に二郎食べて来ちゃったからね」

…なんてことは言えない。二郎の次は小三郎なんて、面白い偶然である。

「…分かった。じゃあ行こう。遅くなってごめんね」

遅くなった理由は回線普通のトラブルもあるが、二郎を食べてたせいでもある…なんてこともいえない。二郎の後の連食をする羽目になったが、果たして食べられるのであろうか…と思っていたが

小三郎
やっぱりウンメー。小三郎は別腹だわ。以上レポっす。

確実にデブまっしぐらだけれども僕に断る選択はないわけで。

「せっかく待ってたのに先に自分だけずるい!」

「食べて来たんなら先にそう言ってよ!」

非難GOGOなのは目に見えてるからである。

麺の切れ目も縁の切れ目。なんちて。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog