2015-12-01(Tue)

ポケマネゲットだぜ。

先日、息子・タク(10才)が参加したポケモンカードの大会のことは過去の日記に書いた。

僕は単なる付き添いで、タクがカードバトルしている間は酒を飲んだりしてヒマを潰していたが、ここに足を運んだ者にしか手に入れられないポケモンカードを何枚か手に入れた。

まずは来場者全員にもらえるピカチュウのポケモンカード。これは単なる付き添いで酔っ払いである僕も貰えた。

そしてカードバトルに参加し、勝つとポイントが貯まり、そのポイントにより貰えるポケモンカード。

これはタクのそこそこの活躍によりもらうことが出来、土日2日間の大会で多くの特典カードをゲットすることが出来た。

大会後、そのカードを

「早く売ってきてよ」

とタクが言う。このような会場限定カードはわりと高く売れることを知っているのだ。これも過去の日記に書いたが、参加者全員に貰えるピカチュウのポケモンカードを

「ピカチュウカードを集めてるんですが、カードパックひとつと交換してくれませんか?」

と、そこら中の参加者に声をかけ、回収しようとする輩が何人もいた。僕は声をかけられるたびに

「転売屋には売らないよ」

と追い払ったものである。そう、彼らは転売目的でこの会場限定のカードを集めていたのだ。彼らが交換しようと差し出してくるカードパックはコンビニでも買える160円かそこらのもの。しかし会場限定で貰えるピカチュウカードはすぐさまヤフオクで売ればうまくいけば2,000円ぐらいの値がつくだろうというプレミアグッズなのだ。

ましてやある程度バトルで勝たないと手に入らないカードはもっと高いだろう。

あいにく僕はヤフオクで売るようなめんどいことはしていないが、カードショップに売ればヤフオクほどではないがそこそこいい値段で売れるだろう。なのでタクは売って来いと僕に言うんである。なんて現金な子!

ポケモンカードの売買をしているお店がいくつもあるのは秋葉原だ。じゃあ売りに行くかと腰を上げた土曜日の朝、

「タクも一緒に行く?」

と誘ったら

「は?なんで?めんどい!」

あっさり断られてしまった。まさに「立ってる者は親でも使え」を地で行くおそろしい子!いくら朝立ちしてたからって。

「ふん。じゃあ大人しく留守番しろよ。宿題やれよ。ピアノやれよ」

ばばんばばんばんばんばん、とドリフのような捨て台詞を吐き、子供達を家に残して秋葉原に降り立った。ただ子供の遣いになるのはまっぴら御免なので

青島食堂
子供達に内緒でうまいラーメンを食ってやったぜー!

秋葉原の有名ラーメン店、青島食堂。麺。ムチとして僕好みのもの。汁。生姜の香りが食欲を刺激する。ウンメエエッ!思わず声を上げそうになったほど。完飲。以上レポっす。

へっ。帰ってから子供達に食わせる昼飯はせいぜいカップラーメンだぜ。そんな感じで腹ごしらえした後ポケモンカードショップに向かった。

話はポケモンから逸れるが、カードショップ近辺はメイド喫茶やらメイドマッサージやら、やたらと目移りする可愛いメイド姿の女の子が路上で客引きしている。なので

「メイド喫茶です。よろしくお願いしまーす」

「メイドリフレでーす」

などとお勧誘してくるカワイイ女の子の誘惑から逃げなければならないのである。僕のようなおっさんはホイホイメイドについてってしまいがちなので要注意だ。

ポケモンカードショップが入っているビルも、上下階にメイドマッサージやらメイド耳かきやらが入っている雑居ビルで、ビルの入り口やエレベーターホールなどに貼ってある色っぽいチラシの誘惑を振り払いつつエレベーターで昇りカードショップへ。

ショップの中はだいたい絵に描いた様なオタッキーな老若男女(「女」を除く)で溢れていて、ちょうどショップ主催のカードバトルが行われていた。上下階がメイド系のお店で挟まれているというのにここだけ女っ気がまるでない。たぶん童貞率ほぼ100パーだろう。

こういうマニアたちはすぐその辺にうろついてる女の子には目もくれず、自分の趣味の世界にあるもののみに血眼になる人種だ。僕のような外部者が何を言っても無駄だ。

僕はさっさと店員に売りたい旨を伝えてカードを渡し、査定してもらっている間しばし待つ。

「お待たせしました。7,500円になりますがよろしいでしょうか」

「えっ」

まさかそんなに高く売れるとは思わなかった。この額は僕とタクがポケモンカードバトル大会に行った2日分の交通費と朝飯昼飯代を余裕で上回る。黒字になってしまった。そりゃ転売野郎も目の色変えて回収したがるわけである。

もちろんOKしてお金を受け取って店を出、エレベータが来るのを待ってい間、ポケモンカードバトル恐るべし、たかが遊びなのにこんなにお金が動くとなると、タクの金銭感覚が狂ってしまわないか…などと考えていた。

チン、とエレベータが到着した音がしたので考えを中断し、扉が開いたので入ると、おそらく上の階のメイド系の店の子であろう、とてもカワイイメイドが乗っていた。いい匂いが充満したハコ内で、いつまでも下に着かなければいいのにと思ったがわりとあっけなく1階にチン。どうぞお先に、と譲ると

「ありがとうございますっ」

と元気に出て行った。彼女はこれから路上で客引きをするのだろう。

やっぱりポケモンカードよりモノホンメイドだよ。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2015-12-09(Wed)

北東の県

夜、仕事から帰って来ると子供達は既に寝ている時間帯であった。

晩御飯は子供達が食べ残したすき焼きであった。やったー。すき焼きだー。いただきマンモス、と喜んで食べ始めてみたところ、肉がない。僕は北斗の拳のラオウが死に際に放った名台詞を思い出した。

北斗の拳
「わがすき焼きに一片の肉なし!!」

ドゴーン!どうやら子供達に全て食べられてしまったようだ。肉どころか白菜やしらたきすらもない。

「あなたのぶんのお肉はちゃんと取っておいたよ」

などという嫁の名采配もなく、鍋の中に残っている豆腐とえのきをひたすら食べ続けた。あと、ちくわぶ。僕はこのちくわぶという存在が許せない。何故すき焼きに入っているのか。僕は栃木生まれで、栃木にいたころはちくわぶの存在すら知らなかった。嫁は高尾といえど東京人なのでちくわぶをいれる風習で育ったのだろうか。食べてみても味は染みてないしニチャニチャモサモサしているし嫌いである。子供達も苦手だから残っているのではないだろうか。

それにしても、ちょっとは肉の欠片があってもよさそうなものだが、それすら全く見当たらない。誇張なしに文字通り一片の肉なし。子供達、どんだけ貪欲だったんだ。ちょっとはパパに残しておこうよとかいう気持ちはないのか!

再び北斗の拳の名台詞を思い出した。今度はラオウの部下の悪行に怒りを表す南都水鳥拳の使い手・レイの台詞である。

北斗の拳
てめえらの血はなに色だー!

とかいっても半分は僕の血なのであった。ブーメランとはまさにこのこと。怒りより情けなさが出てきてしまう。こんな時はこの歌を歌うに限る。スキヤキだけに

うーえーをむーいて、たーべよおおお。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2015-12-11(Fri)

水曜日のカンパネラ「ポタフェスLIVE2015」豊洲PIT 2015.12.10

水曜日のカンパネラ
結構大きなハコだけどゆりかもめ沿線という不便な場所。平日の18:00という勤め人には厳しい開演時間の上にタイムテーブル非公表、という辿り着くまでがハードな条件のせいか観客は少なめでかなり空間的余裕があった。

水曜日のカンパネラ
僕が着いた時には既に水曜日のカンパネラのライブが始まってしまっていて

「きっびっだーん」

「桃太郎」の真っ最中であった。後で聞いたところによると、「ディアブロ」でスタートしたけれども、観客の声が小さかったせいか一度歌うのをやめて

「いい湯ーだーね」

「いい湯だね!」

のコールアンドレスポンスの練習をみっちりやったという。初見客が多いとすぐさま見抜き、みっちりみんなで声を出させて一体感を生み出させる呼吸はさすがだ。

桃太郎の後、何かを話すつもりだったようだが、

「ほわーん、ほわーん」

「ツイッギー」のイントロが始まってしまい、慌てて歌うことにするコムアイさん。

「ヤフオクのCM観た人ー?」

挙がった手はちらほらで

「全然観てないねー!」

と叫んで音ハネハネの曲を歌いまくる。それからノンストップで「ウランちゃん」へ。先日のワンマンでもこの流れだったけれども、この2曲のノンストップはとてもレイヴっぽくて一番踊れる時間である。

コムアイさんの絶叫に加え、水カンファンには「水曜日の視聴覚室」でのVJとしておなじみの中山晃子さんがスクリーンに投影する絵の具を使った水彩映像もドラッギー。キラキラした金色の粉が溶けた流れや川の濁流のような激しい流れ。ウルトラQのオープニングのような色彩の渦巻き。シャボン玉も飛んでたりして。ウランちゃんの音とシンクロしていてやばかった。

曲が終わってまた話そうとするのだけれども、また

「へーーーーーー」

「メデューサ」のイントロが始まってしまった。音出し用のMacを新しいのにしたんでまだよく使い方が分からないとボヤきつつ音を止め、お話タイム。

「名前が似てるってことで(タイバンの)小室哲哉さんに挨拶に行ったんです。コムアイは芸名で本名は小室愛っていうんですけど」

とかあくまで本名は小室愛で通す。小室さんはとてもいい方だったけど、本物に会ったのに本物すぎて本物に会った実感がないのだという。椎名林檎に会った時も同じだったそうで、だから

「これから『小室さんと共演した』とは絶対言わないです。たまたま同じ場所でライブやっただけで、私がライブしていた横を通り過ぎて行ったって感じなので…」

その気持ちはなんとなく分かるような気がする。

コムアイさんは今日の観客を見渡して

「全然客層が分からないじゃないですか。出演者のジャンルが違いすぎるとお客さんって来なくなるんですよ!」

と言いながらも、でも出演する側としては例えばロックばっかりのフェスとか(年末に出るけれども)正直面白くないんですよ、とぶっちゃける。

「文化と文化がぶつかると何が起こるのかっていうのが私の楽しみ。ジャンルとジャンルの隙間に私はいたい!」

まさに水カンがずっとやってきたことを熱弁。今日のような出演者のジャンルがバラバラなフェスは確かに客が減るかもしれないがコムアイさんにとっては面白いものなのだろう。

「こんな来ずらい平日に集まっていただいてありがとうございます!色んな人が混ざってライブを観ている光景が嬉しいです!今日のライブを見つけてくれてありがとう!」

更に観ている我々に丁寧なお礼をするコムアイさん。なんだか素直なコムアイさんの叫びを聴いてウルウルしてきてしまう。

長いMCの後にステージが真っ暗になり、改めて「メデューサ」のイントロが鳴り渡った。

ステージ上から、これも先日のワンマンで使われたシャンデリアが降りてきた。コムアイさんはそれを手に取りステージから観客のいるフロアへ飛び込んで行ったり2階に登ったり大暴れ。

最後は2階から駆け下りてきて「シャクシャイン」。あんな高速ラップをしながら走ったりしてよく息切れしないなと思っていたら後半何気に歌詞が飛んでいた。北海道だったら暴動が起こるだろう。

今日のライブはVJが中山さんだったので、かつての水曜日の視聴覚室を思い出させる演出もあり、また、ワンマンライブのダイジェスト版のようでもあり、そしてここ最近では珍しくガラガラのフロアだったので昔のライブは今と違ってそんな客でギチギチじゃなかったよなーとか、色々な時代の水カンライブを思い出させるような楽しいライブであった。

ライブ帰りに豊洲まで来たもう一つの目的、豊洲駅前のららぽーとに寄った。

妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチのオフィシャルショップ「ヨロズマート」があるのだ。ここで子供達のクリスマスプレゼントを買おうとした。しかしお目当ての品がない。店員さんに聞いてみると

「申し訳ありません!品切れです!」

ガビーン。オフィシャルショップで品切れならどこで買えばいいのだ…。

店が品を売らんちゃん…。

【セットリスト】

1.ディアブロ
2.桃太郎
3.ツイッギー
4.ウランちゃん
5.メデューサ
6.シャクシャイン

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2015-12-15(Tue)

スーシネーター。

だいぶ前の話。僕の誕生日祝いということで回転寿司に行った。

ひと月前のタクの誕生日の時にもそれだったので本当はもっと違うものが食べたかったのだけれども、既に息子・タク(10才)の頭の中では何ヶ月も前から寿司と決まっていたようで、僕の誕生日を口実に自分の好物を食べる気満々なのであった。何かというと回転寿司なので

「君らは焼肉なんてどうなん?」

と聞いてみた。娘・R(12才)と同級生のオヤジ達と話すと、例外なく子供らが焼肉屋が大好きらしく、ウチと全然違うので不思議に思っていたのである。すると

「うーん、別に」

Rはもともと食が細く、日曜の朝とかほっとくと朝飯に1時間以上かけて食べる。フランス料理のフルコースじゃないっつうの。実は寿司も食べられるネタはごく限られている。それでも文句なく付いてくるのはサーモンとデザートのメロンが好きだかららしい。ていうかメロンなんか流すな寿司屋。Rは焼肉についてもそっけない反応だったのはよく分かる。

「ボクは魚系なの!」

しかしタクは肉より魚が好きなんだと強く主張する。最近特にその傾向が強くなってきた。ホントに肉はあまり好まず、ラーメンのチャーシューですら食べない。魚系男子なんだろうか。ギョギョーとか言い出したらどうしよう。

そんなわけで食べ始める僕ら。嫁は白身中心、Rはサーモンやらタマゴ、僕は旬のおススメものを中心に食べる。おお、今日は寒ブリがうまそうだ。タクは魚系を自称するだけあり、どんどん食べられるネタが増えてきた。

「ねえパパー。大トロっておいしいの?」

「いやーあれは脂っこくてダメダメ」

「そっか。じゃあマグロ」

ふう。出来るだけ舌が肥えるのを防がないとそのうち僕はカンピョウ巻きぐらいしか食べられなくなるだろう。

そんなわけでいろんなネタの寿司を食べたわりには僕の誕生日についてはほとんど話のネタにされず、そのまま腹いっぱいになったのでお開きとなり、店を後にした。

「いやー、すっかり寒くなりましたねえ!」

店の入り口で車を誘導していた警備員のおじさんに声を掛けられたので、そうですねえとか返事すると

「私、孫が11人いるんですけどね~」

とか

「だからお年玉の出費がすんごいんですよー」

とかペラペラペラペラ堰を切ったように話し出す。うわああ話したがり警備員だったああ。更にはRとタクに向かって

「ん?君らは双子の女の子かい?」

などと言うもんだから、家に帰った後で

「あのおっさん、まじむかつくんだけど!」

タクは怒り心頭であった。

「まあまあ、暗い夜道でよく見えなかったんだろうよ」

なだめるのに必死な僕。

寿司だけに、タク、お寒ブリ。いやお冠。なんちて。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2015-12-17(Thu)

クリトリック・リス ワンマン「あかん もうやめます」渋谷WWW 2015.12.15

クリトリック・リス
「日常にどんだけ不満を持っているんだい!俺にぶつけないとあかんほど日常はつまんないのかい!

…全部受け止めてあげるよ!」

スギム氏ソロのユニット、クリトリック・リスのライブは懐の深いものだった。

そういえば昨年の年末もクリトリック・リスのワンマンライブを観たのだけれども、その時は熊谷のモルタルレコードという文字通り木造モルタルの2階、ライブハウスというよりは普通の「民家の部屋」みたいなところで50人ぐらいのこぢんまりとしたライブであった。そして今年は渋谷のWWW。1年でキャパが1ケタ違くなっていた。

クリトリック・リス
クリトリック・リスという名前と、ハゲ頭のパンイチ姿というイデタチから下ネタ全開の危険極まりないアーティストかと誤解されがちであるがとんでもない。

「いろんなレコード店で『日本で最も危ない男が全国リリース』って紹介されてるけど全然危なくないからね!ハードル上がりまくりなんや!」

とスギム氏本人も言う。

下ネタもあるけれどもむしろそれは少なく、どちらかというとダメ人間だけど憎めない人生の物語を歌詞にした曲が多い。それを歌う、というよりも叫ぶ。ラップとも違う。

幼なじみを初めて恋の相手と意識した男の歌、

売れないバンドマンの歌、

売れない、金ない、だらしないバンドマンに貢ぐ女の歌、

ハードロックにかぶれた男たちが集い、昔は良かったとかニルバーナが憎いとか布袋何やってんだよ禁煙してんじゃねえよとか愚痴りまくるバーの歌、

食堂で焼き飯とライス大を頼んでしまった男の歌、

80才になっても串焼き屋を続けているおばあちゃんが、偽1万円札を見抜けなくて受け取ってしまい、そろそろ潮時かと落ち込んでいるのを励ますネコの歌、

東京で30分のライブのため、片道8時間かけて「青春エコドリーム号」という日雇いオヤジみたいなのばっかり乗ってて青春じゃないしエコでもないし夢もない高速バスに乗ってやって来るスギム自身を描いた歌…などなど、

クリトリック・リスという名前の通り、少年が初めてクリトリスという淫靡かつロマンチックな言葉を知った時のときめきと感性のみずみずしさを保ちつつ、味わってきた人生の喜びと哀しみと怒りとおバカさをしっかり掬い上げた抒情詩なのである。

曲の間にスギム氏が話そうとするとそこらじゅうの客から

「ハゲ―!」

「おらハゲ―!」

という歓声が飛んでくる。勿論DISりなどではなく、親しみを込めての「ハゲ」なのだが、あんまりハゲハゲ声が飛び交うものだからスギム氏が返したのが冒頭のセリフである。

中には度を越してしつこくダミ声で罵声を浴びせ続ける泥酔女とかもいて、途中から声が聞こえなくなったので改心して行儀が良くなったのかと思ったらさにあらず、吐いて退場したらしい。ひどい客だ。そんな客にもスギム氏は

「うるせー!抱くぞ!公開セックスでもかまわへんで!」

決してマジ切れすることなくうまくあしらい、また、ある時はステージを降りて客でぎゅうぎゅうのフロアにも突っ込んで行ったりもした。

「君は俺のファンだからセクハラされても怒らないよね」

「水曜日のカンパネラは同じことやってももっと受けるんだけどな」

「俺に触れると禿げるぜ!」

などと叫びながら練り歩いていて面白かった。

さて、クリトリック・リスの曲、というよりも持ちネタと言った方が近いのだろうか、ライブで繰り広げられる「酒相撲」というものがある。

「おーれとー、おまーえとー、どっちが強ーいかー、酒相撲しようぜー」

と歌いながらスギム氏が酒を飲むんである。客に酒が振る舞われることもある。今日は客の方から

「飲め―!」

と催促され、件の酒相撲の歌も客側から自然発生していた。スギム氏は舞台袖や客席から差し出された酒を飲んでいたが、もっと飲めと言う煽りには

「酒相撲ってのはただ量やスピードを競うんじゃなくて、気持ちよく楽しみながら飲むんだ。さっきのうるさい女のように、ただ自分の欲望のままに酒を飲んどる奴は酒相撲の敗者や!横綱の飲み方を見ろー!」

と大見得を切った。そして

「こんなもん観に来たんじゃないだろ!」

と自分のペースを取戻し曲に移る。この呼吸はさすがだ。

売れないバンドマンと、バンドマンに貢ぐ女を歌う、クリトリック・リスの名曲「バンドマンの女」がラストの曲だった。何故か涙が出て来てしまった。

「ありがとう!」

スギム氏がステージから姿を消すと、アンコールならぬ「ハゲ」コールが湧き上った…と思ったらすぐさま戻って来て

「はええよ!」

思わず声を上げる観客。スギム氏はこれもまた名曲「桐島、バンドやめるってよ」を含み、アンコール、ダブルアンコール、と呼んでいいのか分からないけど、引っ込んでは戻って来て、繰り返して観客の呼びかけに応えた。

最後はクラウドサーフでスギム氏が観客の間をするするとフロアを移動して行き、フロア各所で観ていたお世話になった方たちにお礼を述べていた。ステージに戻って来てからはなんかの洋楽の歌をみんなで手を振りながら合唱してフィナーレを迎えたが、僕は何の曲かさっぱり分からず、この場面だけは興醒めであった。最低限クリトリック・リスの曲で締め括って欲しかった。

それはそれとして、音楽経験のない会社員スギム氏が36才でクリトリック・リスとして活動を開始し、10年で渋谷wwwを満員にし、熱狂させるまでになった。10年の間、どんな苦労をされてきたのか?単なる観客の自分には知る術はないが、遅咲きのオッサンでそこまで登り続ける者がどんだけいようか。スギム氏はオッサンの星に違いない。

「柳瀬次長は、人間のクズ!」

の柳瀬次長や、

「奥さんの名前クニエ、娘さんの名前マリ、でもパソコンのパスワードはヒロコラブ!」

の部長はスギム氏の会社員時代の実在の上司だったという。部長、柳瀬次長、スギム氏は課長、そしてスギム氏が教育担当となった新人君がいた時が最強と呼ばれていたらしい。そんなサラリーマン生活をしながらここまで来たことを聞くとますます感慨深くなった。

山形でのライブで暴れて骨折してしまったという右手小指が包帯ぐるぐる巻きで痛々しかったが、そんなことは吹き飛んで全く気にならないほど感動的なライブであった。

でも、ケガないのにケガしてるとはこれいかに。なんちて。

【セットリスト】

(ツイッターからのパクリ)

01.柳瀬次長
02.I LOVE Rock 'N' Roll
03.秘密のパスワード
04.レイン
05.バーブラックナイト
06.BUS-BUS
07.陽の当たらない部屋
08.その時、俺は
09.マリちゃんと熊のアーノルド
10.ライス&ライス
11.ロングヘアーファットメン
12.思い出のカラオケボックス
13.あべちゃん
14.串焼き屋かっちゃん
15.人間の目
16.バンドマンの女

17.桐島、バンドやめるってよ

18.万引き

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2015-12-24(Thu)

胸騒ぎの餅つき。

子供達の小学校で餅つき大会があった。

その前日、僕らオヤジ達はお母さん達と混じってもち米を研ぐ下ごしらえに駆り出された。

小学校の家庭科室の、いくつもある流し台のひとつに陣取り、妖怪小豆研ぎばりの素早さでもち米を研ぐ。普段やりなれないもんだから冬の水の冷たさにしばし固まってしまう。毎日お米を研いでいるお母さん達はエライね…とリスペクトしたが、お母さん方はお湯が出る流し台でやっておりふざけんなこら。

で、いくつものでっかいポリバケツに研いだもち米を入れ、水を張り、翌日に備えた。

翌朝もそのもち米を運んだりテントを張ったり大忙し。そうこうしている間に関係者が続々と集まって来た。

餅つき大会だけではなく、消防署や区の防災課が来て備蓄食品などの炊き出し訓練、地震体験車が来て地震模擬訓練などもあるのだ。

また、警察も来て交通事故講習。これはプロのスタントマン達が実際に車に轢かれるシーンを再現するもの。ロッチの「轢かれたー!」のコント並みに体を張って跳ね飛ばされていたので子供にはインパクト大。リアル過ぎてドン引きの子供達もいたけれども、チョロチョロしまくりのウチの子らにはちょうどいい教訓かな、と。

また、地元民が多く集まるところには必ず政治家来たる。某衆議院議員の秘書なる男がさっそーと来てさっそーと餅を適当に付いて帰って行った。

お前のようにポーズだけじゃ済まねえんだよ!と、僕らオヤジはぺったんぺったん餅をつく。何しろ前日に仕込んだ大量のもち米を全て餅にしなけらばならない。そして餅を求める多くの地元民が長蛇の列を作っているのである。

ワシらオヤジがついた餅は、テントの下にて作業をしているお母さん達が、のり巻きにしたりあべかわにしたりあんころもちにしたりして配布しているのである。

僕も非力ながら餅つきぺったんをした。前年は振り下ろした杵が臼のヘリにぶつかり、杵の木屑が餅に入ってしまった、という失敗を犯したため神経を使った。

幸い同じ過ちは犯さなかったが、

「ああああー!」

他のオヤジが、ついている餅を地面に落としてしまうという失敗を犯してしまっていた。それも3回。同じ人がやったのではなく、違う人が1回ずつやったのであるが。

これには主にもち米を仕込んだお母さん達が激おこ。しかし原因はもち米や杵にちゃんと水を付けてなかったから餅が杵にひっついてしまい、杵を振り上げた時にも餅が張り付き、ボトッと臼の外に落ちてしまったせいである。これはちゃんと水をつけていなかったかえし手担当のお母さんたちのせいとも言え、一概につき手のワシらオヤジに責任を押し付けてもなあ、という感じで一時期険悪になった。

まさに餅ベーションの欠落。なんちて。でもそこは地域と子供達のためを最優先し、餅製造マシーンとして一体感は保つワシらオヤジとお母さん達。

「もちつきしたい!」

と目を輝かせ興味津々の子供達もウェルカムだ。ちょうど僕の息子・タク(10才)も寄って来きたので

「やるか?」

「やる!」

ということで餅つきぺったん。娘・R(12才)もいたので

「Rもやる?」

と振ってみたところ

「やんないし」

ツンツンした返事。そういえば餅つきしたい!と言っている子供達ってほぼ幼稚園から小学校低学年ぐらいのチビッ子で、最年長がせいぜいタクぐらいであり、6年生のおしゃまな女子達にはまるで興味のないコンテンツなのであった。

餅つきがひと息ついて、僕らも餅をいただくことにする。他の人達は餅をもらうために行列を作っているが、僕らは餅つきお疲れ様ということで別枠で餅を持って来てもらった。

さらに餅とは別に炊き出し訓練で作っているけんちん汁も。僕はどっちかっていうと餅よりけんちん汁の方が好きで、その暖かさと野菜や豚肉たっぷりの汁をすすり恍惚となった。それから余った餅を嫁に持って行ってやると、嫁も僕と同じ嗜好のようで

「ワタシ、お餅よりもけんちん汁の方がいいなー」

とかほざく。うるせー俺のちんちん汁で我慢しろ!と言いたいところだが、よそさまの目もあるし、まだ午前中で下ネタには早い時間帯だったし、餅つき労働者特権で並ばずにもらえるからまあいいか、と戻り、

「けんちん汁おかわりください」

と言ったところ

「ダメ!餅はいっぱいあるけど、けんちん汁は余裕がないの!だからおかわりはナシ!」

ものすごい勢いで断られてしまった。

けんちん汁はけち汁であることよ。なんちて。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog