2008-12-09(Tue)

アイム・アライブ!

クリックしてね!←クリックしないと枕元にミーのパンツを置くざんす

おまんたせ致しました。今日から日記を再開します。

調子を取り戻せていないので1日2日空けることもあるかもしれないけどよろぴく。

休んでいた第一の理由は、ある資格を取るためだった。本気で取りたいと思っていたので、いつも日記にかける時間を勉強にあてていた。

その試験が行なわれたのがこないだの日曜日。会場は、僕を「パパ」と呼ぶ由衣という女の子が通っている大学である。念のために言っておくが彼女とは血の繋がりも援助な交際的な繋がりもない。

何の根拠もなく「パパ」と呼ばれているだけであるが、不思議なもので呼ばれている内に親の情みたいなものが多少なりとも湧いて来て

「こんな立派なキャンパスに通っているなんて、あの子も大きくなったなあ」

などと感慨に耽ってしまった。実際はそんな感傷に浸るのも束の間で、教室に入るとすぐに緊張感が胸をキリキリと締め付ける。

開始20分前ごろから、若そうだけれどもお色気が全くないロボみたいな女性試験官が案内を始めた。

「携帯電話、ポケットベルを含む一切の通信機器は配布した紙袋の中に入れてクダサイ…」

コンピューターの合成音声が発するような変なイントネーションで解説するので、ますますロボなんじゃないかと疑いが深まった。この人もイヤーンとかウフーンとか艶っぽい声を出す時があるのだろうか。

そしてそんなみだらな声にて行なわれたわいせつな行為により産まれた赤ちゃんは試験官ベビー…なんつって。

「それでは只今開始5分前です」

いよいよ開始が迫った。この1年間の勉強の成果を…

「開始の合図まで手を動かさず待っていてください」

ええっ!!!!

不正防止のためっていうことは分かるけれども、手を動かさずってそりゃ無茶だろ。「動かさない」ことを意識してしまうと余計動かしたくなる…とか考えている内にハナクソほじっちゃった。

…しかし何も言われない。セーフ。よし、次はダブルでハナクソほじほじをしてみる。

…セーフ。

よし次は「ぱんつー丸見え」を…と思ったがさすがにこれをやると今までの苦労が無駄になりそうなので、開始の合図まで疼く手を押さえるのに必死だった。

「では始めてください」

の試験官の声で慌てて開始。2時間に及ぶ格闘の結果は…手ごたえがあったようななかったような。教室が暑かったため、ぬるま湯に浸かった後のような気だるさを引き摺りながら教室の外に出た。そして由衣にメールしてみた。

「今、君の大学にいる。記念にうんこでもしていこうかな」

すると速攻で帰ってきた。

「ゆいが毎日通っている大学よ(はあと)。女子トイレにでも行けばいいよ」

…さすがわが娘。お下劣なところが僕に似ている。血の繋がりはないのに変なところで繋がりがあるような気がしてならない。

実際僕は大学生の頃、友達と夜中の大学に忍び込み、女子トイレでうむこしたことがある。しかし今は僕も分別盛りの妻子ある身。それは遠慮して喫煙所でタバコを1本吸い、家に帰ることにした。

帰って来るともう夕方。子供達を風呂に入れるとすぐ夕食になった。嫁が飯を運んで来て

「はーい、今日はカツですよー試験にカツ!」

「1日遅ぇよ!」

恨みでもあるのかうちの嫁は。

さて、合格発表は来月である。一体合格しているのかどうか…。もう今更終わったことについてあれこれ悔やんでも仕方がない。やれることはやった。

しかしひとつだけ気になることがある。やはり由衣にメールを送った通り、大学でうむこをすべきだったのではないか…このことである。

昔の人は言いました。

うんちを尽くして天命を待つ。なんつって。

あなたのズンクリ(ズンドコクリック)でランク上げてくりゃれ。
お手数ですが順番に3つクリックお願いします。
ランクが下がる一方なのでサルベージしてね!
    ↓
クリックしてね!←やばすぎなのでよろしく。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもズンドコと。
クリックしてね!←3つもすいません。

はてなアンテナに追加

2008-12-10(Wed)

スイーツ(笑)年取った自分へのご褒美(笑)

クリックしてね!←クリックしないと枕元にミーのパンツを置くざんす

もう過ぎた話であるが、11月20日に誕生日を迎えた。

僕は16才になったわけである。僕はまだ、16だから~。センチメンタルジャニ夫。異論は認めない。

「パパ、おたんじょうびだよね!」

娘・R(5才)と息子・タク(3才)も僕の誕生日を覚えていてくれているが、それは父が生まれた記念すべき日というよりも

「ケーキたべたい!」

スイーツが食べられる日と認識していることによる。スイーツのことになるとふたりとも異常なほどの記憶力を誇るのである。

「じゃあケーキ買いに行こっか」

「うん!」

一家総出で近所のケーキ屋に向かった。あまり量を食べられない子供達にとっては、ホールのケーキよりショートケーキの方が色々種類を選べてよい。

とはいえ大体の選択は固定されていて、Rはイチゴのショートケーキ、タクはチョコレートケーキである。特にタクはチョコが大好きで何かとチョコを欲しがる。コンビニに行くと必ず

「ちょこたべたぁい」

と言う。かくいう僕もチョコの食べ過ぎで乳歯がぼろぼろになり、また高校生の時、夜に麦チョコをドカ食いし、翌日の数学のテストで答案用紙を鼻血で染めたことがある。僕の血を受け継いでいるに違いない。

フリーハグ夫
本文とは全く関係ないが、川崎のハロウィンパレードの時にルフロンの前にひっそりといた人。ハグするどころか誰も近寄らなかった。

話を戻す。ケーキを買って家に帰って来ると、もうRとタクは餓えた珍獣。父の誕生日なんだか命日なんだか生理日なんだか最早どうでもよく

「けーきたべる!」

目をギラギラと輝かせて

Rタク
このようにウハウハなノリで食いまくっていた。僕もなんか変なのを選んでしまって若干失敗してしまった感があるケーキをモソモソと食べながら、ああ、ケーキを食って年も食った…あとどれだけ誕生日を迎えられるのだろう…と人生の行く末を案じてみたりした。

「パパ、なんさいになったの?」

ケーキを食べ尽くして一息ついたRが思い出したように聞いた。

「16才だよ」

異論は認めない。

「じゃあママはなんさいなの?」

今度は嫁に向かって聞くR。嫁は

「18才よ」

と即答。サバ読むことに関しては嫁も負けちゃいなかった。てことはアレかい。僕は中学生ぐらいの時に孕ませたってことになるのかい。うわ、ドエロ。

僕はこの日年食ってケーキも食ったわけだが、女体は食わせて貰えなかった。こういう日に食わせてくれなくていつ食わせてくれるんだ。嫁よ。

まったくもって人を食った話である。

あなたのズンクリ(ズンドコクリック)でランク上げてくりゃれ。
お手数ですが順番に3つクリックお願いします。
ランクが下がる一方なのでサルベージしてね!
    ↓
クリックしてね!←やばすぎなのでよろしく。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもズンドコと。
クリックしてね!←3つもすいません。

はてなアンテナに追加

2008-12-27(Sat)

遊戯女王

クリックしてね!←クリックしないと枕元にミーのパンツを置くざんす

日記再開とか言って2日だけ書いてまた休止。すまんこってす。

試験が終わったと思ったら仕事の嵐が襲い掛かってきて、年末の今の今まで大激戦。先週の帰りはほとんどが午前3時ごろ。たまに1時頃に帰ってきたら嫁が

「あら今日は早いわね」

とか言いやがって、午前様になってまで「早い」と言われるとは思わなかった。丑三つ時がデフォルトって僕は幽霊か。

ネットに繋ぐ気力もなく、更新の仕方もおぼろげになってた。ついでにみだらな行為もしてないので、行為の仕方も忘れてしまった。誰か手取り足取りナニ取り教えてたもれ。

まだしばらく忙しいので途切れ途切れになるけど見捨てないでね。

それでも娘・R(5才)のお遊戯会だけは休むことが出来た。子供のお遊戯会…単に歌に合わせて踊るだけであるが、それは親にとって大好きなミュージシャンのライブ以上の価値がある。

しかもRのクラスが踊るのは、

perfumeperfume
perfumeperfume
Perfumeの「チョコレイト・ディスコ」である。Rと息子・タク(3才)はPerfumeの3人を「おねえさん」と呼ぶほど大好きで、毎日のように

「おねえさん見して~」

とビデオクリップやライブビデオを見ており、この曲も歌詞も踊りも覚えている。そのため練習の段階から上手いようで

「Rちゃんは上手なので真ん中で踊って欲しいんですけどね…」

上手い子ほどセンターの位置でやらせたい担任のプッシュで、Rはお遊戯会のいわば主役の位置を掴みかけたのだが、

「でもRちゃんは真ん中は絶対イヤって言うんですよね…」

とのことで

「ここは真ん中じゃないからいいよね!」

センターよりひとり分だけ右にずれた位置になったそうだ。

「なんで真ん中じゃイヤなのよ」

とRに聞いてみたら

「はうかしい(恥ずかしい)から…」

Rはとにかく目立つことが嫌いなのである。常に日陰の人生を歩む僕の影響であろうか。

で、本番。観客席にて嫁はビデオカメラ、僕はタクを膝の上に乗せながらデジカメをRにロックオンして待ち構えていた。何故僕がビデオ係じゃなくデジカメ係なのかというと、男だけに精子画像、なんつって。

そしていよいよRが出て来た!

R
Rのお遊戯は…

R
お遊戯は…

R
ああ…可愛い…。ただ、欲を言えばもっとニコニコしても良かったのに。最初から最後までずっと超真剣な表情。緊張していたので無理もないことなのかもしれない。ただ、お遊戯中、あまりにもタクが

「Rちゃーん!Rちゃーん!」

ばかでかい声で叫び続けるので、一度だけニヤリと笑って

「しーっ」

とたしなめていたのでわりと余裕もあったのかもしれない。

あっという間にR達のお遊戯が終わり、みんなゾロゾロとステージから降りてきた。控え室に退場するのである。そこにタクがだだだーっと乱入して

「Rちゃーん!」

と抱き付いたもんだからあらやだよ、いつの間に僕の腕をすり抜けおって。しかも

「たっくん、きちゃだめ!」

速攻でRに怒られて

「ぶあああああ!」

泣いてるし。本当に落ち着きのない奴…。いや、でも父は分かるぞ。姉が晴れの舞台で見事に演じ切ったことでお前なりに感動してたんだよね…。僕も思いっきり抱き付いて褒め称えたい気持ちは一緒であった。

「R、じょうずだったぞおおお」

もろ手放しにベタ褒めしまくったのはお遊戯会が終わってから。

Rとタク
姉弟も感動の再会を果たし、Rの友達やそのパパママと集まって挨拶したり撮影して家に帰った。

「まーRに限らずRのクラスはみんな上手かったね」

「先生も『今日の君達は100点満点!』とか叫んでたよ」

などと嫁と余韻を噛み締めつつ語り合っていたところ、とんでもないことを聞かされた。

「そうそう、Rがね、お遊戯会までにいろんなママさんに言いふらしてたことがあるのよ」

「え、なによ」

「パパはおねえさんのでぃーぶいでぃーいっぱい持ってるのよ!って」

「まじでそんなことを?!」

「うん、まじで」

Rが言う「お姉さん」とはPerfumeのことであるが、普通の人はそう読み取ってはくれまい。

パパ、お姉さんのDVD大量所持。

超ドエロではないか。ついさっきまで会っていたママさん達にも言いふらしていたとのこと。どんな目で見られていたのだろう。

「あらやだドエロパパよ」

とか

「エロDVD持ってることをRちゃんも知ってるってことはRちゃんにも見せてるのかしら…なんて破廉恥な」

とか…うあああ。穴があったら入れたい。あ、やはりドエロだな僕は。ああその通りだよドエロで悪かったな。ドエロのお陰であんたらも子供いるんだべ!そう開き直るしかない。

Rのお遊戯会で図らずも僕のドエロが露呈されることになってしまった。ああそうだよ僕ドエロもん。

これを遊戯を出して初めての告白、といいます。

あなたのズンクリ(ズンドコクリック)でランク上げてくりゃれ。
お手数ですが順番に3つクリックお願いします。
ランクが下がる一方なのでサルベージしてね!
    ↓
クリックしてね!←やばすぎなのでよろしく。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもズンドコと。
クリックしてね!←3つもすいません。

はてなアンテナに追加

2008-12-28(Sun)

エロし、この夜

クリックしてね!←クリックしないと枕元にミーのパンツを置くざんす

先週の今頃、巷ではクリスマスとやらで浮かれポンチな情勢であったが、僕はそれどころではなく仕事に忙殺されており、欲求不満も高まってクリスマスをクリトリスと聞き間違える程の浮かれチンポであった。

うちの娘・R(5才)と息子・タク(3才)も浮かれポンチ。

「サンタさん来るかな?」

「ケーキ食べたい!」

「プレゼント欲しい!」

プレゼントとケーキに釣られて最高にテンションが高まっていた。まだサンタを本気で信じているふたり。

サンタがプレゼントを運んで来る、などというウソをどうして何世代にも渡って子供に伝えるのだろうか、どうせばれるんだから意味ないじゃん、と考えた時期が僕にもあった。

しかし実際子供を持ってみると、ファンタジーを信じている子供達の瞳はこれ以上ないくらい希望に満ちており、キラキラと眩しいのである。

疑うことを知らない純真さと、混じりっけ無しの希望。自分が既に失って取り戻せないものが子供達にはある。それを見たいが為にサンタはいつまでも生き続けるのかもしれない。

「プレゼントは何が欲しいのかナ?サンタさんに知らせてあげよう」

Rとタクにさり気なく希望を聞き出してみるとこれが大変で、聞く度にコロコロ変わり大困りしてしまった。時には

「2階があるお家が欲しい」

このご時世に一戸建てが欲しいとか言い出しやがって僕だって欲しいわい。

「と…とりあえずサンタさんの袋に入る大きさにしようよ…」

ファンタジーと現実のギャップを埋める調整を入れ、結局Rはプリキュアの変身グッズ、タクはゴーオンジャーの武器に決まった。

「じゃあサンタさんにお願いしておくからね」

と言うと

「サンタさんにお手紙書くー!」

Rとタクはチラシの裏側にせっせと手紙を書き始めた。最近はタクもいっちょまえに文字を書けるようになっているのだ。どんなことを書いてるのかなー、とちょっと覗いてみると、ふたりとも手紙の冒頭は

「サンタへ」

呼び捨てかよ。果たし状じゃないんだから。

とりまプレゼントが決まったので早速調達しなければならぬ。その前にゴーオンジャーとは何ぞやという疑問にぶち当たった。プリキュアはテレビで子供達と見ているので分かるのだが、ゴーオンジャーは全く知識がない。

検索してゴーオンジャーサイトを見てみると、僕が子供の頃から延々と続いているゴレンジャーシリーズであることが分かった。

作品が変わっても大まかな作りはほぼ同じなのだが、メカや武器の種類が思いっきり増えており、定番合体ロボの仕組みも非常に複雑で、おもちゃを買わせようとする商売っ気が更に強まっているように思えた。

また、なんとかジャーの中には女の子が必ずひとりかふたりいるが、彼女らも格段に可愛い!子供の頃はヒーローの格好良さに惹かれていたが、オヤジにもなるとどうしてもそこに注目せざるをえない。更に悪役にもなんか色っぽいキャラがいるので見てみたところ

「害水大臣ケガレシア 出演:及川奈央」

AV女優じゃん!僕らの頃はへドリアン女王だぞ!

へドリアン女王及川奈央
左:20世紀。
右:21性器、じゃなかった世紀。

マンネリなシリーズと思いきや、やはり21世紀にもなると進化しているのである。及川奈央がかつてのAV界の女王とすれば、へドリアン役の故・曽我町子様も特撮モノの女性悪役を演らせたら右に出る者はいない。いずれも役者としての確固たる格はあるけれども、お色気度だけで見れば21世紀の圧勝なのである。

子供へのプレゼントからも学べることは色々あるのだなあ。

そんなわけでクリスマスイブの夜、興奮してなかなか寝ようとしないRとタクを

「ほらー早く寝ないとプレゼント貰えないぞー」

とたしなめると、

「悪い子には黒いサンタが来て、うんちとかばらまかれちゃうんだよね!」

Rがそんなことを言った。それはブラックサンタのことではないか。

「え、Rちゃんなんでそんなこと知ってるの?」

「パパが言ってたじゃん」

そうだっけか。つまらぬことを教えてしまった。さすがにプレゼントがかかるとRもタクもよい子になり、すぐ寝てしまった。翌朝もいつもは起こしてもなかなか起きないふたりでも

「あれ、枕元になんか置いてあるぞー…」

耳元でぼそっと呟くとイルカのようにハイジャンプして

「わー!プレゼントだー!」

寝起きのボケ顔から一瞬にしてパッと目を輝かせておもちゃに飛び付いていたのであった。そう、この瞳の輝きなのである。

さて子供達のクリスマスはこれでよい。では大人のクリスマスはどうかというと、日本では性なる夜と化すのが通例である。僕もそれに則りイブの晩すみやかに嫁を押し倒したのだが、女体特有の月イチ定例事情により拒まれ、単なる聖なる夜となってしまった。

真っ赤なお股のー♪うちのかみさんはー…。

あなたのズンクリ(ズンドコクリック)でランク上げてくりゃれ。
お手数ですが順番に3つクリックお願いします。
ランクが下がる一方なのでサルベージしてね!
    ↓
クリックしてね!←やばすぎなのでよろしく。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもズンドコと。
クリックしてね!←3つもすいません。

はてなアンテナに追加

2008-12-29(Mon)

巨人の餅

クリックしてね!←クリックしないと枕元にミーのパンツを置くざんす

近所の小学校において、町内会主催による餅付きがあるから行こうと嫁が言った。

僕は自分のおペニスより重い物を持つのはイヤなので、餅付きなどという重労働はご免被ると言ったところ

「違う。餅がタダで食えるのよ!」

とのことであった。さすが目聡い嫁。この餅付きイベントも近所の町内会掲示板にひっそりと通知されているのみであったが、練馬貧民街に住まざるを得ない懐事情の我が家の嫁はそれを見逃さなかったのである。

「お餅食べられるから行こう」

娘・R(5才)と息子・タク(3才)も誘うと

「おもちー!いくー!」

ピラニア並みの食い付きの良さ。食い物で釣れば知らないおじさんでも速攻で付いて行きそうで心配である。

会場の小学校に行くと、町内会のおかみさん達がたくさんのお釜で餅米を炊き、おやじさん達が怒濤のラッシュで餅を付いていた。

IKKOおすピー日出郎
たくさんのオカマ(イメージ図)

クールポコ
怒濤のラッシュで餅付き(イメージ図)

また僕らと同じような貧民街の住人達が長い列を作って並び、餅を振る舞われるのを待っていた。僕もRとタクの手を引いて列の最後尾に並ぶと、なんだか炊き出しを待つホームレスのような心境になり、いつ本当にそのような境遇になってもおかしくないこのご時世、冷たい木枯らしが胸を通り抜けて行った。

そんな人情の餅を貰いつつRとタクに振る舞おうとすると、ふたりとも早く食べたがり猫まっしぐら状態。しかし突然謎のババアが出現!

「あ~ちっちゃい子には小さく切ってやらないとダメなんだよ!詰まらせるからね!」

いきなり僕と嫁を叱りつけるではないか。そんなことは百も承知である。外で食事する時は麺などを細かく切るために食べ物用のハサミを常備しているのである。餅も切ってやるつもりであった。おのれババア。僕は早速ハサミを取り出して

「これを見やがれ~!」

と高く掲げたのだがババアの姿は既になく、あれどこに行きやがった、と探してみるとちょっと離れたテーブルでもの凄い勢いで餅を食っておった。

「あのお婆さんが先に詰まらせそうだよね…」

嫁の言うことの方が正しいと思った。

Rとタク
Rとタクはニコニコと餅を平らげる。その姿が可愛いと思いこの写真を撮っていたら、

「そっちは逆光だよ…そんな撮り方じゃダメなんだ…」

背後から地獄の囁きのような低い声がしたので驚いて振り返ってみると、あんこが口に付きまくって口元が志村けんの変なおじさんみたいになっているオヤジが二チャリと笑っていた。

恐ろしい!タダイベントだと変な人が集まって来るのね!

さて、僕は餅と一緒に振る舞われていた豚汁の方が好みであった。おかわり自由なのでもう1杯もらおうと再び並ぶと、まさに僕の順番になったところで

「あ、豚汁もう終わりです」

クールポコ
なああああにいいいいい!

やっちまったな!

虚しくカラのお椀だけ持って嫁たちの元に戻る子供の使い状態。

「え~パパもらえなかったのォ~?」

タクにはバカにされるし。

「ねえパパ」

「なんだR」

「あそこに時計があるよ~」

Rが校舎の上にある大きな時計を指差した。最近Rは時計に興味を持っており、時刻を読む練習をしているのだ。

「パパ、今何時?」

「そうねだいたいね~」

胸騒ぎの餅付き。なんつってな。

豚汁はなくなったが餅はまだまだオヤジ達によりぺたぺたと突かれていた。僕は餅は突きたくないがロリ巨乳の胸騒ぎ女体なら突きまくりたいなあと思うのであった。

モチモチプリン。なんつってな。

あなたのズンクリ(ズンドコクリック)でランク上げてくりゃれ。
お手数ですが順番に3つクリックお願いします。
ランクが下がる一方なのでサルベージしてね!
    ↓
クリックしてね!←やばすぎなのでよろしく。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもズンドコと。
クリックしてね!←3つもすいません。

はてなアンテナに追加

2008-12-30(Tue)

おすしとピーコ

クリックしてね!←クリックすると近所の猫がサカります。

しーすー。

久しぶりに寿司屋に行った。懐事情と娘・R(5才)と息子・タク(3才)が玉子と稲荷ぐらいしか食べられないので足が遠ざかっていたところ、嫁が日頃から寿司を食べたいと呪いのように呟くようになったので、それを不憫に思ったからである。

我が家が行く寿司屋となると、近所の通称「バイオレンス寿司」が定番である。この寿司屋は行く度に

「てめえ殺すぞ!」

座敷で客がケンカしていたり、カウンターで食っていると酔っ払いに絡まれたり、何かとトラボーに巻き込まれることが多い。北斗の拳に出てくる酒場のようなバイオレンスオーラが漂っているため僕と嫁はこの店をそう呼んでいる。

しかし久しぶりに店を運ぶと店内は改装されて小奇麗になっていて、Rとタクにはオモチャをくれたりして、以前のような危険な香りはすっかり払拭されてしまっていた。

「じゃあまず白身系を握って下さい」

「あいよっ」

板さんもさやわかである。

「あ、イクラも追加して」

「ハーイ、バーブー」

い、板さん。面白いじゃないか…。

「うまあ~。うまあ~。うまあああああ」

思う存分新鮮な海の幸を与えられた嫁は早速壊れた。僕も回転寿司にはない濃厚な魚の味わいと馥郁とした海の香りに感極まり涙が出そうになった。

それに比べてRとタクが食べているのは玉子と稲荷と納豆巻き。その落差に思わず呟く。

「なんだか僕ら、自分達だけいい物食ってる悪い親みたいだね…」

「モナちゃん(Rの幼稚園友達)はいっちょまえにトロだのウニだのガンガン食べるらしいよ」

「それは頼もしいけど恐ろしいね」

「子供が好きなメニューっていったら私らの時代はカレーとかハンバーグが定番だったけど、モナちゃんは大トロだって」

「スネオみたいにやな奴だね」

舌が肥えていないウチの子供達は玉子をパクパクと勢いよく食べる。その食いっぷりの良さを気に入ったのか、先程の板さんが何かとタクに

「ボク、おいしいかい?」

と声を掛けてくれる。そのうちタクがその板さんが通るたびに身を乗り出してじーっと見つめて「かまってオーラ」を出すようになってしまった。お前はナンパ待ちのギャルか。その板さんも忙しいのにわざわざ相手してくれていたのだが、ついテンションが上がり過ぎたのだろう、

「べろべろばー!」

とタクに大声でやってしまったものだから

「ぶわああああああ!」

虚を衝かれたタクはおお泣き。

「ああボクごめんねごめんね」

板さんも大慌て。

「いやいやいいんです。タク、お前がちょっかい出してるから悪いんだろ!」

「ぶわあああああ!」

板さんはもう一個オモチャを持ってきてタクにホイ、と手渡してくれた。タクはケロッと泣き止んだ。タカリ屋かお前は。

ともあれ、リニューアルしたバイオレンス寿司はすっかり危険な香りがなくなった訳ではなく、なんとなく危ない板さんがいることによってその伝統が少なからず残っており、僕は安心して寿司を食べることが出来たのであった。

あとは子供たちが寝静まった後、嫁に僕の「いなり」とか「タチウオ」とかを食べさせたいところである。

あなたのズンクリ(ズンドコクリック)でかじりんを励まそう!
お手数ですが順番に3つクリックお願いします。
非常に下がってるのでもっと突いてえええ。
    ↓
クリックしてね!←やばすぎなのでよろしく。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもズンドコと。
クリックしてね!←3つもすいません。

はてなアンテナに追加
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog