2001-05-01(Tue)

言わぬがフラワー。

会社の帰り道、駅で彼女とバッタリ会った。

家に帰るときに出くわす偶然なんて
サザエさんの世界の波平&マスオ&ノリスケの間にしか
起こらないものだと思っていたので
びっくりした。

彼女はいつもより妙におめかししていた。
髪型もいつもと違っていた。
ハッキリ言って麗子微笑像みたいな
変なアタマだがそれは言うまい。

「どっか行ってたの?」

「○○ちゃんと夕ゴハン食べてたの」

「ああ、そういえばそんなこと言ってたっけ」

○○ちゃんとは彼女の大学時代の同級生であり
僕の後輩である。

きっとこじゃれたレストランにでも
行っていたのだろう。

「昼間は何してたの?」

「美容院に行ってたのだ。ふふ」

「ああ、それでそんな変なアタマしているのか」

「ひ…ひっどおおおおいい!!!」

しまった…つい言ってしまった。

でも普段は彼女が髪型を変えても全然気付かなくて
結局ブーブー文句言われる僕。

その僕が気付くほどだから、ねえ。

2001-05-02(Wed)

デビの巣



夫人??夫人なのか??

2001-05-02(Wed)

風邪と薬と,

風邪引いてしまった。
病院に行かなければならない。
関節が痛すぎるのだ!!
トンプクが欲しいのだよトンプク!

僕の住んでるトコの裏手には
やたらと病院や社会福祉施設が林立しているエリアがある。
施設の性格上、このあたりはいつもどんよりと厚い雲がかかっているような…

うまく例えられないが電車に乗ったら全席シルバーシートで
しかも座って然るべき人達で満席だった、みたいな。

とにかくあまり生気というか陽のオーラが全く感じられない
重~い雰囲気なので普段はあまり近寄りたくない。
かつて超強力な心霊スポットだった中野病院跡地の
すぐそばだし。

今日は祝日だったけれども、ネットで調べたら、
そのエリアの中にある病院のひとつが開いているとのことだった。

「あまりお勧めはしないけどね」

と彼女が言う。何故だ?

「老人向けの病院だから」

ますます行きたくなくなったが他に行く場所がなかった。

歩いて3分ほど…到着したらネットでは8時から受付開始と
書いてあったのにシャッターが降りたままで一向に始まる気配がない…。
イライライラ…。

「私が貸した3億5千万返しなさいよ!」

いきなり後ろから女の怒鳴り声がした。

「まず1億でいいから返しなさいよ!!」

随分スケールのでかいケンカしてるなあ…と思って
後ろを振り返ってみると…。

太ったおばさんが1人いるだけだった。

しばらく勝手に訳の分からないことを怒鳴りながらうろついて、
どこかに消えていった…。自分の心がますますざわざわと
ササクレ立っていくのがわかる…。

待つこと1時間半、(受付が開いたのは9時…)
やっと診察してもらったドクターはフケだらけで
吐きそうになった。

もうなんだか気が重くなることだらけであった。
風邪どころか心も病んでしまいそうだ。

もう近寄りたくないよ…この病院エリア。

トンプク飲んで寝よ。



薬漬け。

2001-05-03(Thu)

おじゃる丸。

ウチの彼女はNHK教育でやってる『おじゃる丸』が好きだ。

今、サンシャイン60ワールドインポートマートで
おじゃる丸のイベントがやっているので是非行きたいと言う。
一緒に行ってきた。

彼女の友達であるみきちゃんの彼氏、ヒロポンに

「俺だったらそんなの絶対ついてかねー。偉いね~」

と誉められた。
いや、彼女、断ると怖いし。

行ってみると、ディズニーランドの
ビッグサンダーマウンテン(略称:びぐまん)並の
物凄い人の行列!!!!!
こりゃ入れるまで何時間かかるんだ~??
…と思ってたら

「これは『とっとこハム太郎』イベントの列ですよ~
『おじゃる丸』は待たずに入れますよ~」

隣でやってたイベントの、ハムスターのアニメはえらく人気があるらしい。
嬉しいような寂しいような。

早速イベント会場でカメラ小僧ぶりを発揮する。



薄幸の売れないマンガ家、うすいさちよ(28才独身)と僕(29才独身)

予想どおりと言うか、ひろぽんの言ったとおり
とてもデートコースとはなりえないこのイベント、
98%家族連れであったがカップルもほんの僅かながらいた。

どうでもいいが一番怪しかった謎のカップル。



マジシャンか、サーカス団の団長、占い師か…
そして傍にいる謎の美女…
おじゃる丸グッズをしこたま買い込んでいたけど、何者だろう。
(いちいち写真撮ってんじゃねーよ)

謎の美女に負けずしこたまグッズを買い込んでいたウチの彼女。
家に帰ってからそらもう大はしゃぎ。

僕はというと池袋の人の波に酔ったようでダウン…。
なんか最近体弱いなあ。

2001-05-04(Fri)

デビルイヤーは地獄耳。

彼女が耳掻きを買ってきた。

「見て見て~耳掻き買ってきたんだ~」

「…はあ」

僕はネット中である。

「あのさ~。あなたの耳掃除してみたいんだよね~」

「…」

かたかたかたかた…。無言でキーボードを打つ僕。

「ネットがひと段落ついたらいつでも言ってよ~」

じゃあ、明け方4時、とは言えないし、
後ろの百太郎のように背後に付かれて
ヒジョーにやりにくいので彼女の意向に従うことにする。
本当は耳穴の掃除など自分でやっているのだが…。

「うわ、スゴイ」

「んだよ。僕の耳穴と耳アカに何か文句でもあるんか」

「乾いた耳アカなんて始めて見たよ~」

「は?お前はもしかしてウェット派なのか?ウチの一族は皆ドライ派だぞ」

「私の家族はウェット派なのよ。これって遺伝らしいよね」

「どっちが優性遺伝?」

「さあ~。へえ~こ~ゆ~耳アカになって出てくるんだ~」

「湿った耳アカより清潔感があふれててよいだろ」

「でも湿ってたほうが耳『アカ』って実感がする~
 それにしてもあなたの耳穴、深いね。
 奥が見えないよ~」

耳アカと耳穴ごときでカルチャーショックを受けている彼女。
これくらいでいちいち動じているので
手さばきはすんごい危なっかしい。
も、もう少しで鼓膜に…。

「ちょ、ちょっと、痛い痛いヤバイヤバイ」

「あら、痛かった?ゴメンね」

いつもは穴に入れている立場なので
いざ入れられるとなると恐いものだ。
(オヤジっぽいオチですまぬ)

2001-05-05(Sat)

これも神様?



池袋のアジア料理屋で見つけた。

「アタマうんこ神」

と名付けることにする。

2001-05-05(Sat)

母参上。

母親参上。
昨晩栃木のイナカからやってきた。
僕が会社から帰るよりも先に僕のアパートに着いているので
電話をしてみることにした。

「もしもし、俺だけど~」

「はい、お母さんだよ」

…なんとなく声が違うような気がする。

「もしもし、母さん?」

「あきひこ?あきひこなの?」

僕はカズキである。

…番号間違えた。なんか最近疲れていて何もかもダメである。

ごめんなさい。あきひこ母。

家に帰ると母と彼女が鎮座していた。
彼女と一緒に生活をすることになった部屋を見るのは初めてだ。

「あれま~部屋キレイになってるんじゃねんけ~」

彼女も親が来ると言うので気になって掃除をしてたらしい。
とかいって僕は何もしてないのだが…。

「ちょっと!この写真の女のコ!誰!」

僕のお気に入りの女の子、Rちゃんの写真を目ざとく見つけた。
しまった。隠すの忘れてた…。

彼女はというと…力なくヘラリと笑って

「…愛人」

とコメントした…。母の目が白黒していた。

まるで部屋に隠してあったエロ本を母親に見つけられた
中学生の気分。まさかこの年になって…。

2001-05-06(Sun)

ハイパーなおみやげ。

栃木からやって来た母は僕の部屋に一泊し、帰った。

「コレ、来る途中に買って来たから食べなさい」

と置いていったのは

北海道限定~生チョコケーキ

うまいからありがたいのだが、
栃木から東京に来る途中、
どーやって北海道限定モノが
買えるか謎。まあよい。ここまではよかった。

「コレを飾っておきなさい」

と更に置いていったのは

亡き父の遺影。

か、飾るんか、これ…。

「コレ、お守りだから財布に入れておきなさい」

と(もうええっちゅうねん)置いていったのはテレカほどの大きさの

阿弥陀如来カード。

さ、財布に入れるんかこれ…。

裏には般若心経がびっしり…しかも24金…ホントかよ。
母は昔から宗教とか迷信とかそーいうのを信じるタチなので困る。

母は帰った。僕の部屋に残されたのは

様々な置き土産と、
それらをどうするかうざったがる僕と
母の相手でちょっと疲れ気味の彼女。

まあイロイロ息子が心配なのは分かるんだけど…。
お年頃だし(笑)

額の中の親父も笑っておるわ。

2001-05-07(Mon)

ろんりーないと うぃず まーぼー。

彼女の仕事には「泊まり勤務」がある。
一晩家に帰ってこない日があるのだ。

彼女が家にいると、

「かわいいRちゃんと遊んでくるがいいさ…」

ゲーセンに出かける間際に呟かれ、気まずくなったり

彼女が横で寝ている隣でネットしていると

「…楽しい?」

何時の間にか起き出して呟かれ、気まずくなったり
(どうやらかまって欲しかったらしい…)

何かと呟かれ窮屈なこともあるのだが、
いなきゃいないで晩飯がないのが辛い。

昨日、彼女が泊まりだったので
弁当を買って来てわびしく夕飯をとることにした。

が、帰ってきてみたら誤算だった。
パソコンのキーボードの上に置手紙が。

「夕ゴハン作ってあるよ~。まーぼーどーふ」

がーん。
どちらを食うか迷ったが弁当の方が持ちそうにないので
まーぼーどーふは今日、食べることにした。

…腐ってた。…ゴメン(さすがに罪悪感)

2001-05-08(Tue)

通り雨。

駅に降りると雨ガン降り。
傘を持っていなかった。
駅の軒下でしばらく途方に暮れる。

ああ、彼女に迎えに来て貰えばいいんだ、と気付き
ケータイで彼女に傘を持って来るよう伝えた。
しばらくぼーっと待つ僕。

駅の軒下で待つ人達と迎える人達が入り交じる。

「おいこら、おぼっちゃま」

傘を持ってお迎えのオバチャン。
おぼっちゃま、と呼ばれて出てきたのは30ぐらいのスーツ男。
親子なのだろう。「おぼっちゃま」は母親そっくりだった。

「おねえちゃん~」

姉を迎えに来た妹。仲の良い姉妹なのだろう。

覚悟を決めて猛ダッシュして出ていくおっさん。短気な人なのだろう。

ひたすらメールを打ち続ける女。のん気な人なのだろう。

しばらく待っている間、雨は急速に弱まり

「お待たせ~」

彼女が到着した頃には止んでしまった。
でも彼女はなんだか嬉しそうだった。

まるで本当の夫婦みた~いぐへぐへ、とか
思ってるんだろうなあ。きっと。

他人には僕らはどう映ったのだろう。

2001-05-09(Wed)

突撃我が家の晩ご飯



こーいうコトを臆面もなく
やらかす彼女をある意味
尊敬するような
しないよな。

ケンカをすると「LOVE」が「DEATH」になる。

2001-05-09(Wed)

美少女は顔が命です~メイクに1時間編。

今日彼女は家にいない。ずっと一人暮しだったくせに
同棲をし始めて最近は一人の時間がすごく辛くなってきている。

実は寂しんぼうだったのである。笑わないように…。

だからと言う訳ではないが…夕飯にRちゃんを誘ってみる。
Rちゃんは僕がよく行くゲーセンの店員であり
かわいいので僕のお気に入り。
今日も働いていたのだが
休憩時間に一緒にメシに行こう、というわけ。

「ごめ~ん。今日の休憩時間はご飯食べないでお化粧するの」

「は?一時間もやってるの?」

休憩時間は一時間である。

「メイク全部落として~、ファンデーション塗りなおして~
髪セットしなおして~」

なんたらかんたら…。何言ってるのかさっぱりわからん。

「はあ。がんばってくれよ…」

体よく断られたような感がしないでもないが
モソモソと一人でメシを食う。

食い終わってまたゲーセンに戻ると
やはり休憩を終えたRちゃんとバッタリ会う。
Rちゃんはにや~っと満面の笑みを浮かべ
自分のカオをほれほれと指差し

「どう?一時間の成果」

…。
…。

すまん。一時間前との違い、全然わからん(なんてことは言えない…)

ま、化粧に一時間かけようがすっぴんだろうが
可愛いのでよい。

2001-05-10(Thu)

懐古録のジェラシー。

日光に行って来た彼女が今日帰ってきた。
職場のイベントだとか。

僕と彼女は大学時代同じサークルにいた。
そのサークルのメンバーで行ったことがある。
彼女が日光に行ったのはそれ以来のことらしい。
まだその当時は付き合ってなかった。

「なんかねえ。その時のコト思い出しちゃってさ~」

「もう10年前になるかな…」

「あの時予想以上に寒くて。私、薄い服しか持って行ってなくて。
寒くて震えていたらアナタが着ていたパーカーずっと貸してくれたんだよね~」

ほう。そんなこともあったっけ。優しいじゃないか、自分。

「どうせアナタは覚えてないだろうけど。」

ぎく。お見通しだったか。

「それで、あ、この人優しいんだな~って思ったんだ」

「ははは。そうだろそうだろ」

確かその時は僕と彼女は知り合ったばかりだったのだ。

「痩せてて、ガリガリで、貧弱で、ワタシより寒そうなのに
上着を貸してくれていいヒトだな~って思い始めたの」

「おいこら。それ誉めてるんか」

「それまでアナタより田中さんのことちょっといいな~って思ってたの」

「なんだとおおおお???」

いや…10年前の事に今頃ムキになってもしょうがないか。しかし、田中…。

2001-05-11(Fri)

暑さが僕らを人を狂わせた。

朝、起きたら暑かった。
窓を全開にしてまた寝た。

しばらくすると彼女がむっくり起き上がった。

「暑いね…」

口にしなくても顔が茹で上がっているので分かる。
汗だくになったのだろう。おもむろにパジャマを脱ぎ出した。

僕はまだ仰向けに寝たまま、彼女が脱ぎ脱ぎする様を見上げていた。

「あのさ…」

「なに?」

「窓ぐらい閉めたら…?」

彼女は後ろを振り返った。
先程僕が全開にした窓から
向かいの団地の窓の数々が目に映ったであろう。

「ぎゃあああああああ」

彼女は猛ダッシュで窓をひっぱたくようにぴしゃあんと締め、
ふんがっとカーテンを引っ張った。

「ははは、まるで額縁ショーだな」

と、からかう僕には掛け布団をぶん投げて、
僕は布団の中に覆われてしまった。

今更目隠ししても遅いってのに。

2001-05-12(Sat)

16メガバイトの想い出。

水の中に落としても健気に復活した
わがデジカメ(正確には彼女の…)、

やっぱりだめだったみたい。
壊れた。

メモリー吹っ飛んだ。

モノクロ日記のネタが…。
Rちゃんと2人で撮った画像が…。

早速買った店に修理に頼みに行った。

店のぼけーっとしたおっさん店員は

「…三週間ぐらいかかるかもしれませんねえ」

なんだとおおお??
どこが悪いのか、とか、なぜそんなに時間がかかるのか、とか
もっと突っ込んだ質問をしても糠に釘。
このおっさんはただの売り子でメカっぽいことはまるで分からないらしい。

…あんたも一緒に修理に出してもらえば…三週間。

どうでもいいが、「デジカメを買った」というと
なぜみんな

「ハメ撮り用?」

と聞いてくるんだろうね。

あ、自分もか。

2001-05-14(Mon)

払った覚えももらった覚えもない




はいオツリ、499まんえ~ん。

駄菓子屋ギャグじゃないんだから…。

2001-05-14(Mon)

深夜のひとびと。

急に香典を出さなければならなくなった。
我が家には薄墨の筆ペンがないことに気付いた。

それが真夜中。

でもコンビニに行けばあるだろう。
そう思って外に出た。

家のすぐ近くの道端で買い物カゴとスーパーの袋をぶら下げた
オバサン2人がキイキイと姦しくお喋りしていた。

真夜中の井戸端会議…
ここ最近で深夜まで、または24時間営業している
スーパーが増えたのでこーいうオバサンたちもいるんだろう。

このおばさんたちにも家庭があるんだろうに…
僕が子供の頃はこんな時間に母親がいないなんて
考えられなかった。

なにもこんな時間に井戸端会議しなくてもいいだろうに…。
とかいって自分も筆ペン求めてさ迷い歩いているんだけど。

ところで肝心の「薄墨」の筆ペンはなかなか見付からず、
コンビニを5軒ハシゴしてしまった。

20分ほど歩き、くたくた。やっとこさ見つけて戻って来た。

家のすぐ近くの道端で買い物カゴとスーパーの袋をぶら下げた
オバサン2人がキイキイと姦しくお喋りしていた。

…ってまだいるんかい。早く帰れ。
まさかこれから夕飯の支度じゃあ、ないだろうな。

2001-05-19(Sat)

さーいくりんぐ♪さーいくりんぐ♪




やたらとテンションの高い商店街。

どうでもいいが昔Yahoo!を
「やほー」と読んでいた…。

2001-05-20(Sun)

老人と亀




デジカメぶっこわれ記念。

ジジカメ!…ちょっと苦しいか。

て言うかでっかい亀と散歩している爺さん。
写真撮ったらえっらく怒られた。

「そんなのカメへん」

って言って欲しかった。

2001-05-25(Fri)

凶暴な愛情と猛毒の恋情。

例えば僕が仕事のことなどで非常に苛立っていたり
落ち込んでいたりする。

そうすると彼女は

「Rちゃんに会ってくれば!」

と言う。

Rちゃんとは僕が良く行くゲーセンの店員で、
とてもかわいい女の子だ。

「じゃあ会ってくる」

と速攻で行くのではさすがに彼女のカンに触るだろうから
遠慮するが…結局は行くけど。

忙しくて会いにすら行けない日が続くと
パソコンのモニタの前にRちゃんの写真を並べあったりする。

「写真見て元気出してね」

などと言う。

一体彼女の心境はどんなものなのだろうか。
自分では僕を慰めることはできないとでも思っているのだろうか。

そうであれば僕が彼女の立場だったら

「とっととその女のところに行けば」

と突き放すだろうに。
自分ではなく他の人でないと慰められたり癒されないというのであれば、
その人にとっては自分は不要の存在だ。

僕には分からない。
後で大きなしっぺ返しを食らいそうで怖いんだけど。

それともそんなひたむきな彼女に
振り向いてやるべきなんだろか。

いや、してるつもりなんだけどさあ…。

2001-05-25(Fri)

ヴァージン?


「処女破り」もいれば
「後家殺し」もいるわけだし…。

そんなありがたいんかな…。

【東京:渋谷】

2001-05-26(Sat)

サヨナラ…。

僕の友達のRちゃん。
とてもかわいいので僕のお気に入りなのだ。

Rちゃんはゲーセンの店員で、
「ビートマニア」というゲームにハマっていた僕は
そのゲーセンに良く行く。

知り合ったのは2年ほど前だったか…。
思えば長い付き合いだ。
確かRちゃんが17で僕が27の頃だった。
あん時は若かったなあ…。

4月の終わりごろだったか、Rちゃんが言ってきた。

「私ね、ココのゲーセンやめて実家に戻るの」

「えええええええええええええええ????」

Rちゃんは現在ゲーセンに近いアパートに住んでいるのだが
実家はとても遠いところなのだ。

とある事情で戻らなければならないんだそうだ。

「…いつまでココにいるの?」

「五月いっぱい」

いつものゲーセンに行けば会えるのはもう終わるのだ。

「寂しくなるなあ…」

「…」

二年前の春、ゲーセンで首からピカチュウをぶら下げて
ビートマニアをやっていたら

「こ、これ何ですか?」

と聞いてきたのがRちゃんだった。それがきっかけだった。
変な出会いだったな。

小夜奈良ダケガ、ジンセイダ…。

2001-05-27(Sun)

しあわせのかたちが見えない。

新目白通りの横断歩道を渡っていたときだった。
目の前に丸くて白くてふわふわしたものが
僕のほうに漂ってきた。

タンポポの種のような白い毛玉だが
それよりはるかに大きい。
何かの種か?だがこんなものは田舎の栃木でも
見たことがない。

ひょっとしてこれは…。

ケサランパサラン(※)じゃないかっ。

僕はすさかず右手を上げ、掌を広げ、鷲掴みにした。

…外した。

振り返ってケサランパサランを探したが
もうどこにも見当たらなかった。
間もなく信号が変わり、車が一斉に流れ出した。
もう探しには行けない。

欲しいものも既にある大切なものも
次々と目の前から逃げていく。

このところずーっとこんな感じだ。
いずれ全てを失う気がする。

どうしようもないかも。



※【ケサランパサラン】

手に入れると幸せになれるという
ピンポン玉くらいの白い毛玉の生物(?)
おしろいを好んで食べるらしい。

2001-05-28(Mon)

わーたしーはーひとりー♪

朝、珍しく早く起きた。
腹が減った。

彼女はいない。仕事で夕方まで帰ってこない。
ということは自分で飯を用意しなければならぬ。

ひとりでできるもん!NHK。

あの子供向け番組…
オトナになると絶対1人じゃ出来ないことがあるのだが。
まあいいや。

さて料理。
僕のレパートリーは

ボンカレーとか
ククレカレーとか
大盛りククレカレーとか。

要は米を炊くことぐらいしか出来ないのだが。
デンマークの友達、陽子さんが送ってくれた
カレーがあるのでそれをいただくことにする。

えーと…

…米が見付からない。

あいつ、どこ閉まったんだか。
棚という棚をばたばた開けるてみたが分からない。

彼女がウチに住み始めてからというもの
台所には全く寄り付かなくなってしまった。
その間に彼女好みにすっかりカスタマイズされ
さっぱり勝手が分からなくなってしまった。


棚の中から計量用の匙が転がり出てきた。
投げたくなった。もういいっ。

その後何故かテレビの上に置いてあった「一平ちゃん」を見付けて食った。

…ひとりでできなかった。
お子ちゃま以下。

2001-05-29(Tue)

追っかけ。

友達のRちゃんが江古田を去り実家に帰るということを聞かされ、
仕事がハードなのも重なり頭の中はまるでゲロがぶちまけられたような、
体はまるで腐り切った屍のような、とにかく言う事を効かない。

さすがに見兼ねた彼女が「大丈夫?」と心配しているが、
仕事がキツイから、としか伝えなかった。
他の女の事で悩んでいる、等と言える訳がない。

でも、言ってしまった。一人で抱え込むには辛過ぎた。
彼女は信じられないことを言う。

「追っていかないの?」

「は?」

「追いかけて行ってもいいんだよ」

耳を疑った。そりゃちゃんとお別れするのは辛いが
僕は彼女を一番大切にしてるつもりなのに
それが彼女には伝わってないようだ。

僕の日頃の行いが悪過ぎるのだろう。
だからという訳ではないが(あるか…)
彼女へプレゼントを買った。ちょっと奮発した。
来週が誕生日なのだ。覚えているうちに、あらかじめ。
物に頼るのは不本意なのだが
「愛してる」等と陳腐な台詞を吐くのはもっと嫌なものでね。

2001-05-30(Wed)

美少女リターン。

友達のRちゃん。
近くのゲーセンの店員で、
スーパー美少女であり僕のお気に入りである。

だが今月いっぱいでゲーセンを辞め、
住んでいるアパートを引き払い
実家に帰ってしまうことになっていたが、忙しさのあまり
全然会いに行けなくて悶々としていた。

とうとう夢にまで出てきた。
それもかなりえっちい夢。
彼女がすぐ傍で寝ているというのになんということだ…。
変な寝言を言ってなかったろうな?
冷や汗ものだった。

で、会って来た。

「あ、kajilin、久しぶり~。私ね、辞めなくてよくなったよ~」

「なにいいいい???」

要はこういうことだった。
ある事情で今住んでいるアパートを出なければならないのだが、
引越しの金がどうしても工面できなかったのだそうだ。

「でもね、親が出してくれるって言ったから…」

「それを先に言えっ。親が出さなくても僕が出すっっ!」

なんだか全てを貢いでしまいそうな僕。怖いな。

家に帰って彼女にそれとなく伝えた。
あまり嬉しそうな素振りをしないように気を付けて。
ほんとは泣きそうなくらい嬉しいのだけれど。

「あら、よかったねえ~」

とって付けたような答えしか返ってこなかった。
彼女にとってははまた悩みの種が元通りに
なっただけのようだ。

2001-05-31(Thu)

熱闘カフェ。

彼女は僕がネットの人達とやりとりすることに嫉妬する。
こっそり覗き見している彼女のホームページには

「どこの女とチャットしてんだか」

などと書かれていて、ひとつの部屋に住んでいると
視線がかなり恐かったりする。

そんな訳で良く行くのがネットカフェ。
ウチのより格段に性能のよいパソコンと
ムチャクチャ速い光ファイバー通信。
何よりネット中、後ろにいられると背後霊並の圧迫感がある彼女がいない。
さあて快適なネットができる、と思ったのだが…。

右隣のガイジンがずーっとブツブツ独り言を言っている。
低く地を這うような、調子の悪い空調ファンのような、
チベット仏教のお経のような…。

仏佛仏佛…。

静かにしろ、と英語で注意しようとしたが
思わず「Stand Up!」と言いそうになり
口を噤んだ。自分の頭の悪さに閉口し、諦めることにし、

ふと左隣の人のモニタを見たら、
大股開きのエロ画像がでかでかと…
Stand Upしちゃってるのはこっちだったか。

佛仏佛仏…。

そのうち、パソコンの調子がおかしくなってきた。
だんだんネットの繋がりが重くなってきて、
全くページが表示されなくなってしまった。

店員を捕まえて聞いてみた。

「すいませんっっ!!今サーバーがダウンしまして…」

「まじでええええ??」

その後30分経っても回復せず諦めて帰った。
安住の地はないのか…。
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

Powered by FC2 Blog