2015-12-17(Thu)

クリトリック・リス ワンマン「あかん もうやめます」渋谷WWW 2015.12.15

クリトリック・リス
「日常にどんだけ不満を持っているんだい!俺にぶつけないとあかんほど日常はつまんないのかい!

…全部受け止めてあげるよ!」

スギム氏ソロのユニット、クリトリック・リスのライブは懐の深いものだった。

そういえば昨年の年末もクリトリック・リスのワンマンライブを観たのだけれども、その時は熊谷のモルタルレコードという文字通り木造モルタルの2階、ライブハウスというよりは普通の「民家の部屋」みたいなところで50人ぐらいのこぢんまりとしたライブであった。そして今年は渋谷のWWW。1年でキャパが1ケタ違くなっていた。

クリトリック・リス
クリトリック・リスという名前と、ハゲ頭のパンイチ姿というイデタチから下ネタ全開の危険極まりないアーティストかと誤解されがちであるがとんでもない。

「いろんなレコード店で『日本で最も危ない男が全国リリース』って紹介されてるけど全然危なくないからね!ハードル上がりまくりなんや!」

とスギム氏本人も言う。

下ネタもあるけれどもむしろそれは少なく、どちらかというとダメ人間だけど憎めない人生の物語を歌詞にした曲が多い。それを歌う、というよりも叫ぶ。ラップとも違う。

幼なじみを初めて恋の相手と意識した男の歌、

売れないバンドマンの歌、

売れない、金ない、だらしないバンドマンに貢ぐ女の歌、

ハードロックにかぶれた男たちが集い、昔は良かったとかニルバーナが憎いとか布袋何やってんだよ禁煙してんじゃねえよとか愚痴りまくるバーの歌、

食堂で焼き飯とライス大を頼んでしまった男の歌、

80才になっても串焼き屋を続けているおばあちゃんが、偽1万円札を見抜けなくて受け取ってしまい、そろそろ潮時かと落ち込んでいるのを励ますネコの歌、

東京で30分のライブのため、片道8時間かけて「青春エコドリーム号」という日雇いオヤジみたいなのばっかり乗ってて青春じゃないしエコでもないし夢もない高速バスに乗ってやって来るスギム自身を描いた歌…などなど、

クリトリック・リスという名前の通り、少年が初めてクリトリスという淫靡かつロマンチックな言葉を知った時のときめきと感性のみずみずしさを保ちつつ、味わってきた人生の喜びと哀しみと怒りとおバカさをしっかり掬い上げた抒情詩なのである。

曲の間にスギム氏が話そうとするとそこらじゅうの客から

「ハゲ―!」

「おらハゲ―!」

という歓声が飛んでくる。勿論DISりなどではなく、親しみを込めての「ハゲ」なのだが、あんまりハゲハゲ声が飛び交うものだからスギム氏が返したのが冒頭のセリフである。

中には度を越してしつこくダミ声で罵声を浴びせ続ける泥酔女とかもいて、途中から声が聞こえなくなったので改心して行儀が良くなったのかと思ったらさにあらず、吐いて退場したらしい。ひどい客だ。そんな客にもスギム氏は

「うるせー!抱くぞ!公開セックスでもかまわへんで!」

決してマジ切れすることなくうまくあしらい、また、ある時はステージを降りて客でぎゅうぎゅうのフロアにも突っ込んで行ったりもした。

「君は俺のファンだからセクハラされても怒らないよね」

「水曜日のカンパネラは同じことやってももっと受けるんだけどな」

「俺に触れると禿げるぜ!」

などと叫びながら練り歩いていて面白かった。

さて、クリトリック・リスの曲、というよりも持ちネタと言った方が近いのだろうか、ライブで繰り広げられる「酒相撲」というものがある。

「おーれとー、おまーえとー、どっちが強ーいかー、酒相撲しようぜー」

と歌いながらスギム氏が酒を飲むんである。客に酒が振る舞われることもある。今日は客の方から

「飲め―!」

と催促され、件の酒相撲の歌も客側から自然発生していた。スギム氏は舞台袖や客席から差し出された酒を飲んでいたが、もっと飲めと言う煽りには

「酒相撲ってのはただ量やスピードを競うんじゃなくて、気持ちよく楽しみながら飲むんだ。さっきのうるさい女のように、ただ自分の欲望のままに酒を飲んどる奴は酒相撲の敗者や!横綱の飲み方を見ろー!」

と大見得を切った。そして

「こんなもん観に来たんじゃないだろ!」

と自分のペースを取戻し曲に移る。この呼吸はさすがだ。

売れないバンドマンと、バンドマンに貢ぐ女を歌う、クリトリック・リスの名曲「バンドマンの女」がラストの曲だった。何故か涙が出て来てしまった。

「ありがとう!」

スギム氏がステージから姿を消すと、アンコールならぬ「ハゲ」コールが湧き上った…と思ったらすぐさま戻って来て

「はええよ!」

思わず声を上げる観客。スギム氏はこれもまた名曲「桐島、バンドやめるってよ」を含み、アンコール、ダブルアンコール、と呼んでいいのか分からないけど、引っ込んでは戻って来て、繰り返して観客の呼びかけに応えた。

最後はクラウドサーフでスギム氏が観客の間をするするとフロアを移動して行き、フロア各所で観ていたお世話になった方たちにお礼を述べていた。ステージに戻って来てからはなんかの洋楽の歌をみんなで手を振りながら合唱してフィナーレを迎えたが、僕は何の曲かさっぱり分からず、この場面だけは興醒めであった。最低限クリトリック・リスの曲で締め括って欲しかった。

それはそれとして、音楽経験のない会社員スギム氏が36才でクリトリック・リスとして活動を開始し、10年で渋谷wwwを満員にし、熱狂させるまでになった。10年の間、どんな苦労をされてきたのか?単なる観客の自分には知る術はないが、遅咲きのオッサンでそこまで登り続ける者がどんだけいようか。スギム氏はオッサンの星に違いない。

「柳瀬次長は、人間のクズ!」

の柳瀬次長や、

「奥さんの名前クニエ、娘さんの名前マリ、でもパソコンのパスワードはヒロコラブ!」

の部長はスギム氏の会社員時代の実在の上司だったという。部長、柳瀬次長、スギム氏は課長、そしてスギム氏が教育担当となった新人君がいた時が最強と呼ばれていたらしい。そんなサラリーマン生活をしながらここまで来たことを聞くとますます感慨深くなった。

山形でのライブで暴れて骨折してしまったという右手小指が包帯ぐるぐる巻きで痛々しかったが、そんなことは吹き飛んで全く気にならないほど感動的なライブであった。

でも、ケガないのにケガしてるとはこれいかに。なんちて。

【セットリスト】

(ツイッターからのパクリ)

01.柳瀬次長
02.I LOVE Rock 'N' Roll
03.秘密のパスワード
04.レイン
05.バーブラックナイト
06.BUS-BUS
07.陽の当たらない部屋
08.その時、俺は
09.マリちゃんと熊のアーノルド
10.ライス&ライス
11.ロングヘアーファットメン
12.思い出のカラオケボックス
13.あべちゃん
14.串焼き屋かっちゃん
15.人間の目
16.バンドマンの女

17.桐島、バンドやめるってよ

18.万引き

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2014-12-25(Thu)

クリトリック・リス「New Action! × Yogee New Waves presents "UTOPIA SHANGRI-LA TOGENKYO"」新宿Marble 2014.12.23

クリトリック・リスのライブは12/19の熊谷でのワンマンライブ以来ぶり。

クリトリック・リス
イブイブのこの日にしょっぱなから最凶のクリスマスソング「クリしみクルしみクリすます」でぶち上がり、目の前にいた男性客にチューして叫びまくる。

この曲ではクリスマスに「順子」に指輪をプレゼントしてホテルも予約したのにとっとと帰られた男が、そもそもなんでクリスマスにSEXするんや、とブチ切れて怒りをあらわにする。

「統計によると、人々が最もSEXするんは?」

「統計によると、女が最も処女喪失するんは?」

「コンドームがバカ売れするんは?」

フロアに降りて客に無理やり問い詰める。客は「クリスマス!」とレスポンスしなければならない。

クリトリック・リス
ほぼ裸のすごい人ともチューしてた。

続いては「陽の当たらぬ場所」。建築家になりたいという夢を持ちながらダラダラとだらしなく過ごす男の話。バイト代はお酒に変えたよ。お酒は涙に変わったよ。涙は流れ星のように消えた。ぽんぽんぽんポン酒。びーびーびービアビア、ちゅーちゅーちゅーチューハイ、すきすきすき、ウイスキー。借りてきたDVDのマジックミラー号はブスばっかりでハズレだった。いろいろ刺さる歌詞が次々と出てくる。

次の曲の前にスギム氏は小学生の頃の思い出を元にした寸劇を始めた。高松のおばあちゃん家に行く時、お父ちゃんはフェリーのお金をケチろうとしてスギム氏に「幼稚園児ならフェリー代タダだからお前は幼稚園児や」と言い聞かせたが、スギム少年は既に153センチもあって速攻バレてしまったという。

お父ちゃんと息子の寸劇から「お父ちゃんとの日々」を歌う。ブランド物の服のパチモンを気付かずに買ってしまったり、タイで梅毒もらったりとトホホなお父ちゃんとの思い出と、今は病んで老いてしまったけどお父ちゃんと一度キャッチボールをしたかった、という願いをシャウトし、始めはドッカンドッカン笑えるんだけど、そんなダメなお父ちゃんが愛しくなってきて泣けてくる傑作である。

4曲目は炭水化物と炭水化物のコールアンドレスポンス「ライス&ライス」。

「ヤキメシと!」

「ライス大ー!」

と叫び合いながらステージから降りて客を掻き分けライブハウスの入口まで行ってしまい、出て行こうとするお客さんを捕まえて無理やりステージに上げてしまっていた。曲の後にお客さんは逃げてしまったが

「きっと二度とクリトリック・リスのライブに来おへん」

っていじめか!

クリトリック・リス
次の曲のタイトル「くまのアーノルド」とは、「マリちゃん」が3才の時にプレゼントされた熊のぬいぐるみのこと。ずっとマリちゃんを見続けていたアーノルドが彼女について語る曲である。マリちゃんは会社の部長と不倫していたが、40才の時に会社に不倫がばれて飛ばされてしまう。ブスのくせにプライドが高い女、それがマリちゃん。歌い終わった後、ひとりの観客の女性に向かって

「マリちゃん!マーリちゃん!がんば!」

と呼びかけていた。マリちゃんにされてしまったその女性は

「40?」

と困っていた。

ラスト2曲は売れないし金にも女にもだらしないバンドマンの彼女を描く「バンドマンの女」、そして売れないバンドマンの葛藤を描く「桐島、バンドやめるってよ」といういずれもミュージシャンをネタにした哀しい曲を続けて叫んで終了した。

スギム氏はこの後11時の青春エコドリームで帰るという。決してお金をケチってるんじゃなくて、

「ローリングストーンズがいくら『I Can't Get No Satisfaction』って歌ってもお前らセレブやろ!俺はいつまでもロックを感じたいから青春エコドリームだ!」

というロック魂を見せて去って行った。それにしても先日のワンマンは探り探りで優しかったのに、今日は客イジりが激しかったなあ。

【セットリスト】

1.クリしみクルしみクリすます
2.陽の当たらぬ部屋
3.お父ちゃんとの日々
4.ライス&ライス
5.くまのアーノルド
6.バンドマンの女
7.桐島、バンドやめるってよ

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2014-12-23(Tue)

クリトリック・リス「ワンマンパーティー」熊谷・モルタルレコード 2014.12.19

クリトリック・リスのワンマンライブを観に埼玉県熊谷市へ。

早く着き過ぎたので時間を潰せるところがないかと検索したら、なんでも熊谷は裏風俗の一大スポットであることが判明。表向きは禁止でもコッソリちょめちょめできてしまう店がたくさんあるらしい。

早速怪しそうな通りを巡回してみたら、どうも街並みが寂れ過ぎていて話が違う。古ぼけた廃墟が多過ぎた。もう少しよく調べてみたら実はその情報は古くて、既に警察の手入れによりそういった店は壊滅してしまったのだという。残念である(ちょめちょめしたかったんかい)。

モルタルレコード

モルタルレコード
諦めてマクドナルドでスマホ充電しながら時間を潰し、開演時間近くになったので会場であるモルタルレコードに向かい、受付。「CDプレゼント交換会」用に持って来たCDを預けて2F に上がった。

ちなみに用意したのは水曜日のカンパネラ「私を鬼が島に連れてって」未開封の新品。決して不要のCDというわけでなく布教のためのセレクトである。

モルタルレコード
2Fはライブハウスというよりは名前の通り木造モルタル住宅の「部屋」みたいであった。50人ぐらい入ったのだろうか。みんなここで座って待っていた。立って一斉にジャンプでもしたら床が抜けそうだ。

クリトリック・リス

クリトリック・リス
高崎線で人身事故があったため遅れて開演。クリトリック・リス(バンド名)のスギム氏(個人名)がニコニコしながらステージに登場し、コップを何十個も並べて紙パックの日本酒を注ぎ、飲みたい人に振る舞い、乾杯して

「おーれとー、おまーえとー、どっちが強いかー。酒相撲しようぜー」

酒相撲のテーマからライブが始まった。何故かアナ雪の曲も歌って

「寒くなんかないわ」

と服を脱ぎパンイチ姿に。

「探り探りいくで」

客の反応を探りつつ進行を考えるというスギム氏。

「下ネタのナポレオン」というキャッチフレーズと、「クリトリック・リス」と言う名前から、下ネタオンリーというイメージを受けてしまうがそれは間違いである。確かに下ネタ満載だけれども決してそれだけではない。

抜け毛がひどくなりハゲてしまって子供のころから通っていた床屋と決別する話、幼少の頃、幼なじみへのほのかな恋心の話、子供の頃の友達とその飲んだくれの父ちゃんの話、などをポンチャックディスコのようなチープなトラックに乗せて歌うというより語り、叫ぶ。

曲と曲の間には観客から拍手と「ハゲ!」「ハゲ!」とあちこちから歓声が上がり、

「ハゲで売ってる人にだって普通は面と向かってハゲとは言えませんよ。志村け○とか竹中直○とか。それなのに音楽ってなんて自由なんでしょう!」

と苦笑いするスギム氏。

「恥ずかしいからちょっと暗くして!」

店主さんに照明を暗くするように言う場面も。裏風俗の風俗嬢か!とツッコミたくなった(だから壊滅したっての)。

しかし曲中だと僕ら観客はほぼノーリアクションだったらしい。つまらないわけではない。曲を聴いていると歌詞の情景が頭の中に浮かんできて、そのストーリーを追ってしまうのだ。マンガを熟読するようにじっくり聴き入ってしまう。スギム氏はこのままではいかんと思ったのか

「みんな耳を傾け過ぎ!一回立とう!」

観客を立たせて空気を変えようとする。有名曲「桐島、バンドやめるってよ」でオイ!オイ!オイ!と声と拳を上げて盛り上げる。この曲も売れないバンドマンの苦悩がテーマの切ない歌なのだ。スギム氏はステージから離れて窓から外に出て屋根の上で歌ったり、「くまのアーノルド」では珍しく振り付けがあってテヘペロみたいなキモかわいい表情を見せたり、徐々にフロアの反応も賑やかになってきた。

クリトリック・リス
今回のワンマンライブ(熊谷・高円寺・大阪)では、オリジナルのTシャツプレゼントの特典もあった。

「ライブに行けないけどTシャツは欲しいので、何も知らない妹を行かせます」

というメールをした方がいたとのことで、

「妹さん、何も知らないのに来てみたらこんな裸のオヤジがオイオイやってて…」

気の毒に、と同情しながらも

「チーズ、キムチ、チンポ、女の子たちは、チーズ、キムチ、チンポ、みんな大好き」

女の子は臭いものが大好き、という加地等のカバーソングを歌い出して容赦ない。この曲が終わってから一旦休憩。トイレに行ったりクリトリック・リスクッキーを買ったりしていたらとっとと休憩が終わってしまい、ひとり二役の寸劇(?)が始まっていた。

クリトリック・リス
クリスマスプレゼントにカウンタックのプラモデルを欲しがる息子のために父親は買ってやるのだけれども、プレゼントする前に全部組み立ててしまった…という話。実話らしい。

からの「お父ちゃんとの日々」。クリトリック・リスで一番泣ける曲である。

「お父ちゃん、お父ちゃん、起きてーや。今日は日曜日やし、キャッチボールしよ」

と繰り返す叫ぶこの歌は、年老いたお父ちゃんの思い出を語る歌。

タイで梅毒もらってきたり、連れてってくれるところは競馬場だったりフィリピンパブのバーベキュー大会だったりサラ金の返済巡りとかひどいとこばかりのお父ちゃん。大人になり、お父ちゃんの遺伝で自分もハゲになってしまったのでヅラを作ったら「ハゲを恥じるな!」と怒ったお父ちゃん。その言葉を信じてヅラを封印して頑張ったら彼女ができ、お父ちゃんに紹介するために彼女を家に連れて来たら、ちゃっかりそのヅラをして待ち構えていたお父ちゃん。

そんなお父ちゃんも今ではすっかり老いてしまってペットボトルのふたすら開けられない。一緒にキャッチボールをしてもらえなかったのが心残りで繰り返し叫んでも、もうお父ちゃんは返事をしてくれないのだろう…そんな情景が思い浮かんでしまって泣けてしまう。

クリトリック・リス
その後の僕の印象に残った曲を書き出してみると…

ストリートミュージシャンの女の子のファンになった男が、女の子が売れてゆくに連れ危ないストーカー化していく「あなたがいるから」。

クリスマスに指輪をプレゼントしてホテルまで予約したのにとっとと帰られてしまい、

「そもそもなんでクリスマスにSEXするんや!クリスマスってキリストの誕生を祝う日ちゃうんか!キリストの誕生とSEX、何が関係あんねん!お母さんの誕生日にお母さんの誕生祝ってSEXするんか!」

とブチ切れる「クリしみ クルしみ クリしみます」。

彼女がゾンビになってしまったけど愛し続ける男の歌「ゾンビ」。

サラリーマンが焼きそばとライスを頼もうとして、間違えて焼き飯とライスを注文してしまって店のおばちゃんにブチ切れる「ライス&ライス」。どっちにしたって主食と主食の組み合わせでおかしいだろと突っ込みたくてウズウズする。

彼氏は金にも女にもだらしない売れないバンドマンなのに、どうしても別れられずズルズルと貢ぎ、人生を捧げてしまう「バンドマンの女」。

中途半端に不良ぶっていた中学生時代。初詣の時に友達とたこ焼屋に入ったらおばちゃんと相席になった。おばちゃんはやたらと話しかけてくるのだけれども不良ぶって「黙っとけババア」「しばくぞ」と罵声を浴びせ続けまるで相手にしない。しかしおばちゃんはひるまず自分のカツカツの生活についてひとりで喋りまくり、「若い子と話せて嬉しかった。元気でいや」と去ってゆく。実はコッソリ中学生たちの代金まで払っていたのでした、という「おばけのおばちゃん」。

などなど、以上、爆笑する歌からしんみり泣けてしまう曲まで感動の振り幅がとても大きいレパートリー。情と欲に流されるだらしなくて哀しくて愛らしい人間のドラマが満載だった。

MC中面白かった話は以下の通り。

楽器は全然弾けないけれどもトラックは自分で作っている。コードCでBPM120の曲ばっかり。

股間についてるテルミンのみが唯一ミュージシャンらしく自分でいじれる楽器なんだけど、あるライブの時に七尾旅人とデュエットして、テルミンで共演してくれと頼まれた。テルミンは音階ないし断ろうとしたんだけど断れなくて、実際テルミンキュンキュン鳴らしたら七尾旅人が怒ってた。

東京~大阪間の長距離移動は「青春エコドリーム」というバスを使っている。青春といってもドカタのオヤジみたいなのがいっぱい乗ってて全然青春じゃないし狭くて眠れないから夢もない。ライブ遠征組みたいなのも多く乗っていて、眠れないからエゴサーチしてたら隣に座ってたやつが「隣にクリトリック・リスが乗ってる」とツイートしていた。

…等々。

クリトリック・リス
ライブ後は階段を降りたところでスギム氏が、受付時に集めた交換用CDが入った袋を持って待ち構えていた。CDをいただきつつ写真を1枚撮らせてもらおうとしてスマホ片手に挨拶したら

「お、スマホを持っているということは一緒に写真を撮りたいということですかあ?」

スギム氏、凄い嬉しそうにしてくれたのだけれども、僕は自分の容姿が嫌いなので

「いえ、自分はいいんで、すいません…」

スギム氏だけの写真を撮らせてもらったらちょっとガッカリしていた。すいません。せっかく好きなアーティストの写真が撮れるのに自分も入っちゃうとか邪魔でしょうがない、見直す時に自分の姿を見たくない、という感覚なのです。

クリトリック・リス
僕が引き当てたCDは何故か童謡の曲と、なんとクリトリック・リスの音源!大変レアなものをいただいた。これはとても嬉しい。

いつかクリトリック・リスのライブをガッツリ観てみたいと思っていたのでこの日のライブは大変満足した。それでもまだ演って欲しかったけど観れなかった曲もあるので、また観に行ってしまいそうである。

【セットリスト】(音源がないため曲名は適当)

01.酒相撲
02.冒険暴走坊主
03.米原
04.レイン
05.陽の当たらぬ部屋
06.菊地のお父さん
07.桐島、バンドやめるってよ
08.腐った夕焼け
09.くまのアーノルド
10.チーズ、キムチ、チンポ
11.お父ちゃんとの日々
12.あなたがいるから
13.クリしみ クルしみ クリしみます
14.のんちゃん
15.ポルシェに乗った陽に焼けた豚
16.ゾンビ
17.バー ブラックナイト
18.ライス&ライス
19.バンドマンの女
20.おばけのおばちゃん
21.最低な男

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog