--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-09-02(Sat)

NO MUSUME NO LIFE

娘・R(中二)には好きなグループがいる。

TWICEという韓国・日本・台湾の女の子グループで、何度娘に教えてもらってもメンバーの顔と名前が覚えられないが、曲はわりと好みである。

RはこのところしょっちゅうYOUTUBEで観ているし、ヒマさえあればフリコピしまくっているので

「勉強しろよ…」

と言いたくなる。しかし父親からするとよくありがちなジャニーズ系とかのアイドルにどハマリするよりは多少精神衛生上マシなのかなと思う。

で、結構前になるが、初めての国内盤アルバムが発売されることになった。Rはもちろん

「買う!」

と騒いでいたが、よく考えてみたら近所には新譜が買えるCDショップがない。僕は栃木の田舎で育ったが、それでもチャリで行ける圏内にレコード屋が3~4軒はあった。これも時代の流れなのであろうか。レコード屋でCDを買うよりもネットで音源データを買う時代。

「CDじゃなきゃダメなん?」

Rには僕のお下がりのiPodクラシックがあるのでデータじゃダメなんかと聞いてみたら

「CDがいいー」

とのことであった。一番ラクなのはタワレコオンラインで申し込み、受け取りを最寄のセブンイレブンに指定することだと思うのだが、Rにネット決済を教えるのはまだなんとなく早くて危ない気がしたので

「パパがタワレコで予約してやろうか」

と言うと

「それを言ってくれるのを待ってたんだよ!」

R、満面の笑み。

「ポスターとか特典付くしね」

と加えると

「そう言ってくれるのを待ってたの!」

大事なことなので二度言いました的な。

「お金は君が出すんだよ!」

「ちゃんと払うよ!」

パパにはそれが一番大事なことなのであった。

そんなわけでタワレコオンラインサイトにログインし予約する僕。使えるポイントが700円分貯まっていて、Rは今お小遣いの残高が少ないはずなので

「ポイント700円分、使ってやるからありがたく思え」

「わーい」

なんて優しいパパなのだろう。

そんなわけで予約して、発売日にセブンイレブンに取りに行った。CDも特典のポスターもダンボールで梱包されていてるので

「うわ、おっさんがTWICE買ってるぅー」

などと思われないので便利である。

家に帰ってRに渡すと大喜び。CD1枚でこれほど喜ぶ姿を見て僕は懐かしく思えた。かつて僕もそうだった。いつもFMラジオなどから最先端の洋楽情報を得、浴びるように聴きまくっていた。でもレコードもしくはCDを欲しいと思っても国内ではリリースされていないし、当時はネットもないので輸入レコード店に頼るしかなく、都内の輸入レコード店をハシゴしまくった。見つけた時の飛び上るほどの喜びといったら。もうそれを感じることはないだろう。そんな過去の思い出はRにとってはどうでもよくて

「パパはTWICEでどの子が好き?」

アルバムジャケットをニコニコしながら眺めるながらそんなことを聞く。好きも何もほぼノー知識なので一番カワイイ子と思われる子を指差すと

「その子は台湾出身で、世界で美しい顔ベストテンに入っている」

とかなんとかウンチクを聞かされた。わりとどうでもいい話であるが、思春期真っ盛りツンツン盛りのRが僕にこんなに長く喋るのは久しぶりなのでなんか嬉しい。

「Rも練馬区で美しい顔ベストテンぐらいに入ってるぞ」

と言おうと思ったが嫌われそうなのでやめた。余計なことは言わずにCDをRのiPodに取り込んでやる。至れり尽くせりである。これも愛する娘のため。Rも喜んでくれてよかった…といきたいところであったが

「そうだ、お金!よこせ!」

肝心なところを巧妙にはぐらかされていた!しかしRは

「えー、今ないから、あとでね」

なんと。ハナから僕に次のお小遣いまで立て替えさせるつもりであったようだ。この小悪魔め、親の顔が見たい。

今度RにCDを買ってやる時は、インストゥルメンタルの楽曲にした方がよさそうだ。

すなわち貸し(歌詞)がなくてよいでしょう。なんちて。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加
スポンサーサイト

2017-06-27(Tue)

父の日2017

もうだいぶ過ぎてしまったが父の日の出来事。

ダメオヤジなので父の日なんて家族全員から華麗にスルーされるだろうと思っていたが、なにやら子供達がプレゼントしてくれるとのことで涙が出そうになった。息子・タク(小6)が事前に言ってきたのである。

「ねえパパ。ボク、父の日にビール(正確には缶ハイボール)を買ってあげようと思うんだけどさ」

「おお、ありがとう。お前はいい子だなあ」

「でもボク子供だからビール買えないんだ。どうしよう」

真剣に悩んでいる姿がかわいかった。

「じゃあパパと行こうか」

「うん」

「マルエツが安いぞ」

「そうなの」

そんなわけで父の日の当日に買いに行くことになった。ところが当日の朝、おっさんソフトボール会の練習があったことを忘れていて

「すまん、ちょっと行ってくるわ」

と出掛けなければならなくなった。まあ帰って来てからタクと買いに行けばいいか、と思っていたら嫁が連れて行ってくれたようで、帰って来たら僕の机の上に置いてあった。しかもツマミまで。しかもしかもイカ系とポテト系のツマミのふたつ。

「おつまみはRが買ったんだよ!」

なんと娘・R(中2)が買ってくれたとは。お年頃なのでツンツンしているがたまにデレてくれるのでカワイイ。

早速いただくことにする。いやあ今すぐ飲みたくなったわけではなく、この子達の前でおいしくいただかないと意味がないからなあ…ってウソでーす!すいません、今すぐ飲みたくなりました。

「君らも食べなよ」

1人でツマミをボリボリ食うのもアレなので嫁と子供達にもあげようとすると

「ダメだよ!パパのために買ったんだからパパが食べるんだよ!」

と義理堅いタク。

「いやいや、『おすそわけ』って言ってね、いいんだぜ」

と説得すると

「そうなの」

と食べてくれた。さすがに酒はおすそ分けにすることは出来ないが。

「もしボクが飲んだらどうなるの?」

もちろんタクも本気で飲む気はないが、興味津々に聞いてきたので

「最悪死ぬ!」

「えー!」

しっかり脅しておいた。

しかし僕に聞くことなく好みのハイボールを買ってきてくれた、ということはしょっちゅう僕が飲んだくれているところを見られている、ということであろう。そんなことをツマミを食べながら反省した。そのうち呆れられて、

来年のプレゼントは鼻ツマミだったりして。なんちて。

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2017-06-16(Fri)

嫁誕。

ちょっと前の日曜日、嫁の誕生日であった。

ささやかながらお祝いをしようと思い、ホテルのビュッフェで食事でもどうだい、と嫁に提案したところ、それならば東京ドームホテルのレストランに一度行ってみたいというので予約をした。

で、当日。ビュッフェに備え、家族全員出来るだけ少食にして腹を減らす。で、牙一族並みのハングリーさになったところでレッツラゴー。行く直前に興奮したわけでもないだろうが息子・タク(小5)が謎の鼻血ブーをぶちかますというアクシデントがあったりもした。

春日方面から東京ドームホテルまで歩く。途中、東京ドームの脇を歩いていると道を挟んで向こう側の東京ドームシティアトラクションズの遊園地エリアから

「うりゃ!おい!うりゃ!おい!」

大人数の男たちのすさまじい罵声が響きまくっていた。僕は知っている。これはアイドルオタクの叫び声だ。野外ライブでもやっているのだろう。

「ねえ、何やってるのかな?」

娘・R(中二)が何やら知りたそうだったので検索してみると、どうやら乃木坂46が来ているらしい。そう告げると

「えー!乃木坂!観たい!観たい!」

Rがものすごい食らい付いてきた。そんなに好きだったっけ?でもそろそろ予約時間だし…と渋っていると

「とにかく見せて!」

僕のスマホをひったくってしまった。そして2秒ほど画面を見ていたが、

「なんだ、三期生か。じゃあいいや」

急に冷静になってスタスタと歩き出した。僕もスマホを見直してみると確かに「乃木坂46」の後に「三期生」と書いてあり、Rによると乃木坂は乃木坂でも三期生には有名な子はいないので別にいい、とのことであった。R、絵に描いた様な掌返しで結構ドライな性格をしていることよ。

それでもファンが多そうな三期生。ライブが終わった後は握手会もするんだろうか。ここは東京ドームシティ。なんとかレンジャーのヒーローが出て来て

「東京ドームシティアトラクションズで、僕と握手!」

というセリフをキメることでおなじみのCM。その場所がまさにここなのである。僕が子供の頃は

「後楽園遊園地で僕と握手!」

だった。時代と共に名前も変わる。握手する相手も変わって、ヒーローじゃなくてアイドルとも握手、というのが今の時代を反映しているかもしれない。してないかもしれない。

さて、東京ドームを通り過ぎてホテルに到着。エントランスを通り、レストランの受付で名前を告げると席に案内された。よっこいしょういち、と席に着くとどうもタクの顔色が悪く、フラフラして元気がない。

「大丈夫かい。鼻血のせいか?」

と様子をうかがったら

「鼻血だけじゃなくてずっとDSやってるからよっ!あんた朝からずっとやってるでしょ!そんな小さな画面一日中睨んでりゃそうなるよ!取り上げるよ!」

嫁の怒りがバーニングになってしまった。あああ、のび太のママじゃないんだから、こんなところでガミガミしなくてもいいじゃないか。

「まあまあ、食べれば元気も出るだろうさ」

なんとかお祝いムードを立て直すべく、料理を取りに行くことにする。ビュッフェにおいて最初にどんな料理があるか物色し、目移りしながら盛り付けることは幸せである。ようやくみんなも和やかな雰囲気になった。

リラッサ
テーブルに並べてお誕生日おめでとう!と乾杯して宴の開始。

「ンマーイ!」

まんが道風に食べまくっていると、僕らより前に来ていたほかのお客さんの席に花火が刺さったケーキが運ばれて来て、

「ハッピーバースデートゥーユー♪」

店員さん達がバースデーソングを歌っているではないか。誕生日のお祝いに来たのはウチだけではなかった。なかったどころか

「ハッピーバースデートゥーユー♪」

「ハッピーバースデートゥーユー♪」

15分おきぐらいに、店員さん達があちこちバースデーケーキを持って出撃していて、むしろほぼみんな誕生日絡みで来ている人たちばかりであった。

「ちょっとあれは恥ずかしいかもしれない…」

嫁は顔を赤らめた。そして

「まさかウチもアレ頼んでないよね」

僕を睨むので

「ごめん、頼んじゃった」

「えー!」

「サプライズで頼んじゃったんだよう。しょうがないじゃないかよう」

やむを得ず白状せざるを得なかった。はじめにこのお店に電話をした時はそばに嫁がいたので予約のみしかしなかったが、後でこっそり誕生日オプションのデザートプレートを頼んだのであった。チョコレートソースで皿に「Happy Birthday ママ」と書いて下さい、とかお願いしちゃったのである。嫁は苦笑いしながら

「ウチにはいつごろやって来るの」

と聞く。

「『デザートを食べ始めるかな?ってタイミングでお持ちします!』って店員さんが言ってたからそろそろかも…」

カウンターにいる店員さんをチラリと見たところ、バッチリ目が合ってしまった。林先生ばりのドヤ顔だった。すなわち「今でしょ!」。そんなわけで

「お誕生日おめでとうございまーす!」

ついにうちのテーブルにも店員さんふたりがデザートプレートを運んで来た。かわいいケーキに花火が二本パチパチ光っていて、お皿には僕がお願いしたとおりのチョコ文字。

「よろしければ、私たちでお誕生日のお祝いの歌を歌いたいと思います!」

店員さん達ノリノリ。鈴まで持っている。

「いやー、私は歌は…」

と照れる嫁だったが

「僕らの周りの席ほぼ全部もそうだったからいいじゃないか。みんなハピバだよ」

ということで歌ってもらった。嫁は照れ臭そうだったが、後でケーキの写真や、ケーキを囲んだみんなの写真を撮ったり

「これおいしいね」

と、そこはかとなく嬉しそうだったので、多分しないよりした方が良かったのだと思いたい。

「こちら、プレゼントでございます」

更に店員さんから渡されたのは、東京ドームシティアトラクションズの乗り物券であった。1回ぶんだけだけど。

「思い残し、食い残しはないか~」

食べ放題も終盤戦、お腹の限界も近づきそろそろ終わりにしようか、という頃に

「ハッピーバースデートゥーユー♪」

上品そうな老夫婦のテーブルのところでも誕生日のお祝いがされていた。奥さんが嬉しそうに

「81才になるんですよ」

と告げていて、店員さんも僕らもびっくり。とてもそんな風には見えない若々しさだったからである。

「いやーそうなんですよーあははは」

旦那さんは照れ臭そうにワイングラスを揺らしていた。僕らもあんな風になれるのだろうか。そんなことを考えながらレストランを後にした。

外に出て夜空を見上げると東京ドームシティアトラクションズのジェットコースターが

「げひょおおおおおおおお」

乗客の悲鳴と共に突っ走っていて、また、観覧車も大きな輪を光らせていた。

「せっかくだから乗るか」

嫁がさっきもらった乗り物券を取り出すと

「うーん、ジェットコースターも好きだけど、今はそんな気分じゃない」

今はそんな気分じゃないとか、夜のお誘いを断る常套句のようなことを言うタク。確かにジェットコースターに乗ったら食べたものが全部外に出てローリングマーライオンになりそうではある。

「じゃあ観覧車でみんなまったりしよう」

嫁以外のチケットを買おうとすると…結構チケット代が高くて鼻血が出そうになった。3人分合計額は、レストランのタクの分(子供料金)の倍。でももう後へは引けない。誕生日だしみみっちいことを言ってはならぬ。観覧車に4人、ひとつのゴンドラに乗るなんてもうないかもしれないし。

みんな乗りこんでワクワク窓を眺める。だんだん地面を離れて行く風景にキャアキャアする嫁子供達を見ながら僕もそっと遠くの方を眺めてみる。

東京ドームシティ
「スカイツリーだ!」

「ホントだ!」

「東京タワーは!」

「見えない!ホテルの後ろかな」

「今てっぺんだ!」

「うおー!」

ぐるっと一回り15分ぐらいだろうか、なかなか楽しい家族のひとときであった。ゴンドラの中は空調がよく効いていて寒いくらいで、外に出ても夜の冷え込みで思わずくしゃみが出てしまうのであった。

東京ドームシティアトラクションズで、僕とはっくしゅん!なんちて。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2017-06-02(Fri)

徐々に奇妙な冒険。

夜、会社から帰ろうとしたら嫁からラインが。

「晩ご飯ないからどこかで食べてきてください」

とのこと。

「了解」

と返事をすると、

「へい」

「へい」

「へいよー」

「R」

とよく分からないメッセージがポンポン飛んできた。「R」とあるとおり、これは娘・R(中二)の仕業である。ラッパーかよ。何か用があるのかと思い

「なんだい?」

と聞いてみると

「なんでもない」

というつれない返事。なんだよ。パパ寂しいじゃないか。

で、電車の中で何を食べようかと考えていたところ、おおそうじゃ、ビリヤニを食べよう、ということになった。ビリヤニとはインドや中東、東南アジアなどで食べられているスパイシーな炊き込みご飯で、後を引く美味しさがある。

新大久保には「イスラム横丁」と呼ばれているエスニックなエリアがあって、以前その中の「ナスコフードコート」というお店でビリヤニを食べたことがあり、今日もそこを目指すことにした。

新宿で電車を降りた。そして新大久保まで歩いていくことにする。何故かというと、定期が新宿までしかないため、電車賃をケチっているからである。山手線のひと駅だからそんなに距離はないし、いろいろ賑やかなところなので歩いていても退屈しない。

青梅街道を渡り、歌舞伎町を北上し、健康プラザハイジアを過ぎ、裏手の大久保公園に差し掛かったところで足が止まった。

「放水始め!」

「よし!」

公園内で消防署員たちが消火栓の放水訓練をしていたのだ。署員のキビキビした動きやホースからぶっしゃあああと勢いよく飛び出す水のカッコよさにしばし見惚れていたら

「すいません」

かすかな女性の声が聞こえた。聞こえるか聞こえないかギリギリの大きさの声。

「はい?」

振り返ると横に50代ぐらいのおばさんが立っていた。しかし目を合わせようとしない。なんだこの人。

「呼びました?」

と確認すると2、3秒妙な沈黙を挟んで

「すいません、1時間ぐらいお時間ありますか?」

おばさん、ようやく喋ったと思ったら…。宗教かマルチ商法だろうか。

「なんでしょう?」

逃げる気になりつつも確認してみたら

「私、人妻デリヘルに登録してるんですけど全然指名なくてヒマなんで今から遊びませんか?」

「ええええ!?」

そういえばこの辺りは立ちんぼ(街娼)のメッカなのであった。イスラム横丁を目指してただけにメッカってやかましいわ。

「いやー、ちょっと…」

2、3歩後ずさりして再び新大久保を目指した。最初に声を掛けてきた時のよそよそしさは、あれは相手が私服警官じゃないかどうかを見定めるためだったのではないだろうか。

立ちんぼといえば、ここから更に北上すると百人町というところがあり、ここにも外国人立ちんぼのメッカがある。僕は寂れた盛り場や怪しい色街をうろつくのが大好きなので、せっかくだから…、と、そこを通過してみることにした。

職安通りを越えると百人町界隈。韓国系飲食店やラブホが面する細い道を進んで行くと、すごく背が高くてスタイルが良く、足をスラッと出した赤い服で金髪の女性が立っていた。僕に背を向けていたのだが、足音に気付き

「コンバンハ…」

と振り返った彼女の顔は、厚化粧で真っ白であった。す、鈴木その子。いや、もしかしてオカマさんかも、と内心ビビッて何も言えないまま通り過ぎた。

立ちんぼの人たちは中国系、東南アジア系、南米系等、全て外国人で、それぞれ路上にて適当な間隔を空けて立っていて、次は

「オニイサーン」

ロシア系の女性だろうか。駐車場の縁石に腰をかけている人に声をかけられた。昔はキレイだったんだろうけど、だいぶ生活疲れした感じだ。無視して通り過ぎると

「…シカト?」

と言われてしまった。ごめんね、とだけ返事した。

「コンバンワー」

今度は南米系と思われる3人組。そのうちドラゴンボールのドドリアに似た女性がわざとらしいほど整った胸をバイーンと強調してくる。「ギニュー特戦隊」という言葉が頭に浮かんだ。二重の意味で。

「マッサージ、ドウ?」

今度は作家の岩○志麻子似の中国系と思われる女性が。よく中国系のエステ店があるが、この人は立ちんぼじゃなくてエステ店の客引きなのだろうか?表向きはエステ店だけれども、実はエロいお店、というのはよくある。なので

「どこまでやってくれるの?」

と聞いてみたら

「サイゴマデ」

とのこと。「マッサージ」を「最後まで」というのは意味が繋がらない。つまり、そういうことである。

「いくら?」

「イチマンエン」

なんかそれっぽい相場の額がでてきたので

「お姉さん、お店の人なの?」

と聞いてみたら

「チガウ、ワタシ、タチンボダヨ」

客引きかと思ったらこの人自身が立ちんぼだったのだ。

「イキマショ」

と手を取られそうになったが岩○志麻子と最後までというのはまさに「ぼっけえきょうてえ」であり、

「ごめんね…ホントに…またね…」

邪魔してすまんね、とその場を後にした。

やがて大久保通りに出た。もう立ちんぼエリアは抜けた。もし万が一心惹かれてしまう立ちんぼに会ってしまったらどうしよう、なんて思っていたが、幸か不幸か心身ともにピクリともしなかった。

韓国系のお店が立ち並ぶ大久保通りを西に歩き、新大久保駅と山手線のガード下をくぐり、マツモトキヨシの角を北に曲がるとようやくイスラム横丁に辿り着く。大久保のマツモトキヨシ。略してオオクボキヨシ…って、危!!止!!禁!!。

お目当てのお店に向かうと、ななななんと、シャッターが閉まっているではないか!このお店はラマダン期は休みなのであった。しまった、前もって調べておくべきであった…とテンションは下がるわ腹は減るわ。

他にビリヤニを食べられるお店はないだろうか…としばし近隣をうろつく。大久保通りを更に西に歩き、総武線の大久保駅近辺まで歩いてみた。

大久保 のびた

大久保 しずか
ビリヤニとは全く関係ないがエステ姉妹店「のびた」と「しずか」。さっきの志麻子さんはこの辺のお店の人かと思っていたのだ。

肝心のビリヤニを出す店はなかなか見つからないので「食べログ」で検索してみると、どうやら大久保通りを更に西に行ったところにあるようなので探してみることにした。

駅を離れどんどん暗く寂しくなる。地図が示す近くまで来てもお店の気配などなくて、ホントにお店があるんだろうか、実はまた休みでした、とか実は閉店してました、とかだったりして…と不安になったところで

ガウレレストラン
ようやくお店発見。あっここだ!!と早速飛び込んでみると

「イラッシャイマセ」

小柄なおじさんがカウンターに案内してくれた。さてビリヤニとメニューを見てみると、なんとビリヤニがない!焦って食べログを見返してみると、食べログに書いてある店名とメニューに書いてある店名が違うではないか! 食べログの情報は古くて、既に店が変わっていたのだ。同じインド系料理店だけれども居抜きで違うお店になりました、って感じなのだろうか。住所も同じで建物も看板以外は同じだったので油断してしまった。

間違えました、と謝って店を出ようかと思ったけれども、既におじさんがお水を注いでいてくれていたのでそれも悪い気がし、仕方ないと諦めて一番安いチキンカレー600円を頼んだ。

ガウレレストラン
やがて運ばれてきたのがなかなかブルース感漂う晩ご飯。まあ600円だし。ゴハンは細長いお米。チキンカレーともうひとつ汁物があった。すくって飲んでみると豆のスープ。これはネパール料理の「ダル」である。ゴハンにかけて食べても美味しい。

他のおかずもサグ(青菜)、アル・コ・アチャール(ジャガイモ胡麻あえ)、生野菜、チャトニ(チャツネ)、と貧相ながら揃っているので、これはチキンカレーというよりはネパールの「定食」を意味する「ダルバート」と呼んでいいのではないだろうか。そういえば店頭にネパール国旗があったな。

カレーも他のおかずも美味しいではないか…とすいすい食べていると、視線の端に何かが映った。そーっと振り返ってみると…背後におじさんがじーっと立っていた。

ひいいいい!と声を上げそうになったが

「オカワリ?」

ダルが入った器を持っていた。

「ありがとうございます」

カレーよりダルの方が好みの味かも、と思っていたのでお代わりサービスはとてもありがたい。そうなるとゴハンももうちょっと欲しくなるが。

ゴハンがなくなりそうになった時、再び背後に気配が。振り向くと

「オカワリ?」

おじさん、今度は三合はあるんじゃないかってぐらいのゴハンを載せたお皿を持っていた。

「お願いします。でも少しね」

と言ったのだがあまり言葉が通じなかったのかドカドカ入れられてしまい

「ストップストップ!」

どんだけ食うと思ってるんだ。でもほんの600円でこんなにたっぷり食わせてくれるなんてありがたさを通り越して申し訳なくなってしまった。

「ごちそうさまでした」

なんとか残さず食べ終わり、お会計を済まして店を出た。ビリヤニのつもりがダルバートになってしまったが、これも美味しかったし家族と一緒だとなかなか食べられない(辛いから)ので満足である。

しかし…今日は無意味にいろんな外国の人と会話してしまったことよ。(ほんのひとことふたことだけど)

腹がパンパンで帰り道がキツかった。

ネパール料理だけに、ゴハンがチョモランマ盛り。なんちて。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2017-05-22(Mon)

一同霊。

「中二病」という言葉がある。思春期にありがちな、ひとりよがりのカッコつけたがりや思い込みの激しさを現す言葉だと思う。

で、うちの娘・Rがいつの間にか中二になっていて、先日それっぽい話を僕に振って来た。それが

「パパ~、あのね、同級生で霊感が強い子がいるの。霊が見えるんだって」

オカルトネタであった。

「中二病かよ」

速攻でケラケラ笑いそうになったが、そんなことをしたらRは二度と喋ってくれない気がしたので

「へえ~、どんな霊が見えるのカナ?金正日とか?」

などど話を合わせてみた。

こっちだって小学生の頃からテレビでは心霊研究家・新倉イワオ氏プロデュースの心霊体験再現ドラマ「あなたの知らない世界」を食い入るように観、マンガでは「恐怖新聞」「うしろの百太郎」でおなじみ、心霊マンガの大家・つのだじろう先生の名作を貪るように読み、小説では「帝都物語」「陰陽師」を、ゲームでは「女神転生」シリーズを楽しんできた魔太郎ばりのガチの中二病オカルトマニアであった。

子供の頃は夢中だったけど、オッサンとなった現在の見解は

「ウソだとは言わないけど、僕には見えないのでなんとも言えない」

このことである。ともあれ、Rの言うことはいちいちカワイイので聞いてみた。それによると友達の霊感が強い子とやらは、たまに学校で霊現象に会うという。どこからか声が聞こえて来たり、廊下を歩く足(だけ)を見たりするらしい。

「えー、うっそーん」

とからかうと

「ホントなの!」

Rは信じて疑わない。また、近所にわりと大きい公園があるのだけれども、

「そこのトイレにも霊がいるんだってよー。そこで自殺した人がいるんだって」

とドヤ顔で語る。その公園で数年前に自殺があったのは事実。その頃まだ小さかった子供達の間に既にそういう伝説が生まれてしまっているのは興味深い。しかし僕が知っている情報と内容が違っていた。

トイレではなくて、その公園にあった立派な松の木で首つり自殺したのである。Rもちっちゃい頃はよくよじ登って遊んでいた木だったのだけれども、そのせいで切り倒されてしまい、子供達共々残念な思いをしたことがある。なので

「パパが聞いたのはトイレじゃなくて松の木だったってことだけども…Rもその話は知ってるだろ?」

と思い出させようとしたら

「でもその友達がトイレって言うんだもん!霊感探知機もトイレが一番強く反応するんだもん!」

Rはそう言って聞かない。ほえー、そうなのか…。

「…って、霊感探知機ってなんだよ!お前の友達キテレツ?」

どんだけ怪しい機械を持ってるんだよ、とツッコミを入れたら

「アプリ」

なんだそうだ。試しに検索したらそれっぽいのがいくつか出て来た。

「はあ、なるほどですねー…」

スマホはなんでもできるんだな…と思ったけれども中二女子相手にそれ以上のツッコミは不毛である。それに、松の木じゃなくてトイレだ!と言い張られると、確かに僕も実際に見たわけでないので松の木説も揺らいでしまう。

「そうかー。あそこのトイレがなあ…」

実はそこの公園のトイレ、駅からウチに帰る途中にあるので、酔っぱらって帰る時などは時々利用したりするのである。薄暗いし、決してキレイではないのだが、そんなことは大して気にもかけていなかったのだけれども、あそこが自殺現場だと言い張られてしまうとあっさり怖くなってしまい、

「ひいいいー!結構あそこのトイレ使ってたんだけど!」

かなりびびってしまったではないか。今のR以上にかつてオカルト大好きっ子であったためか、大人になっても未だに吹っ切れないようである。

とにかく今後もうあそこ行けない。冷や汗もんである。

霊感はないけど冷汗三斗。なんちて。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。