2017-05-22(Mon)

一同霊。

「中二病」という言葉がある。思春期にありがちな、ひとりよがりのカッコつけたがりや思い込みの激しさを現す言葉だと思う。

で、うちの娘・Rがいつの間にか中二になっていて、先日それっぽい話を僕に振って来た。それが

「パパ~、あのね、同級生で霊感が強い子がいるの。霊が見えるんだって」

オカルトネタであった。

「中二病かよ」

速攻でケラケラ笑いそうになったが、そんなことをしたらRは二度と喋ってくれない気がしたので

「へえ~、どんな霊が見えるのカナ?金正日とか?」

などど話を合わせてみた。

こっちだって小学生の頃からテレビでは心霊研究家・新倉イワオ氏プロデュースの心霊体験再現ドラマ「あなたの知らない世界」を食い入るように観、マンガでは「恐怖新聞」「うしろの百太郎」でおなじみ、心霊マンガの大家・つのだじろう先生の名作を貪るように読み、小説では「帝都物語」「陰陽師」を、ゲームでは「女神転生」シリーズを楽しんできた魔太郎ばりのガチの中二病オカルトマニアであった。

子供の頃は夢中だったけど、オッサンとなった現在の見解は

「ウソだとは言わないけど、僕には見えないのでなんとも言えない」

このことである。ともあれ、Rの言うことはいちいちカワイイので聞いてみた。それによると友達の霊感が強い子とやらは、たまに学校で霊現象に会うという。どこからか声が聞こえて来たり、廊下を歩く足(だけ)を見たりするらしい。

「えー、うっそーん」

とからかうと

「ホントなの!」

Rは信じて疑わない。また、近所にわりと大きい公園があるのだけれども、

「そこのトイレにも霊がいるんだってよー。そこで自殺した人がいるんだって」

とドヤ顔で語る。その公園で数年前に自殺があったのは事実。その頃まだ小さかった子供達の間に既にそういう伝説が生まれてしまっているのは興味深い。しかし僕が知っている情報と内容が違っていた。

トイレではなくて、その公園にあった立派な松の木で首つり自殺したのである。Rもちっちゃい頃はよくよじ登って遊んでいた木だったのだけれども、そのせいで切り倒されてしまい、子供達共々残念な思いをしたことがある。なので

「パパが聞いたのはトイレじゃなくて松の木だったってことだけども…Rもその話は知ってるだろ?」

と思い出させようとしたら

「でもその友達がトイレって言うんだもん!霊感探知機もトイレが一番強く反応するんだもん!」

Rはそう言って聞かない。ほえー、そうなのか…。

「…って、霊感探知機ってなんだよ!お前の友達キテレツ?」

どんだけ怪しい機械を持ってるんだよ、とツッコミを入れたら

「アプリ」

なんだそうだ。試しに検索したらそれっぽいのがいくつか出て来た。

「はあ、なるほどですねー…」

スマホはなんでもできるんだな…と思ったけれども中二女子相手にそれ以上のツッコミは不毛である。それに、松の木じゃなくてトイレだ!と言い張られると、確かに僕も実際に見たわけでないので松の木説も揺らいでしまう。

「そうかー。あそこのトイレがなあ…」

実はそこの公園のトイレ、駅からウチに帰る途中にあるので、酔っぱらって帰る時などは時々利用したりするのである。薄暗いし、決してキレイではないのだが、そんなことは大して気にもかけていなかったのだけれども、あそこが自殺現場だと言い張られてしまうとあっさり怖くなってしまい、

「ひいいいー!結構あそこのトイレ使ってたんだけど!」

かなりびびってしまったではないか。今のR以上にかつてオカルト大好きっ子であったためか、大人になっても未だに吹っ切れないようである。

とにかく今後もうあそこ行けない。冷や汗もんである。

霊感はないけど冷汗三斗。なんちて。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2017-04-22(Sat)

中華ないぱねま!

先日、洗濯機が壊れてしまい嫁が嘆いていた。

今なにかと話題のT芝製だったので、これだからT芝は!とDISろうとしたのだけれども、買った当時の保証書をみたら2002年の日付であり、15年も稼働し続けてくれたのだ。すごいぞT芝!

嫁が新しい洗濯機をコジマデンキにて選んできて、日曜の夕方配達されることになっていた。配達の人が設置してくれて古いのも回収してくれて、とその手間はいらないのだが、ウチは狭い上にモノがみっちり詰まっていて現状では洗濯機が通れない。

なのでとにかく隣の部屋にモノを投げ込んで導線を確保したり洗濯機周りに組んでいたラックを外したりでなかなか大変であった。

洗濯機は午後6時ごろ運ばれて来、無事設置されて試運転もOK、モノやラックも元に戻してお疲れさん。気付いたら8時過ぎなので

「じゃあどっか近くの店でゴハン食べるか」

ということで近所の中華料理店へ。

「何が食べたい?」

嫁や娘・R(中2)はエビチリ!エビマヨ!麻婆豆腐!小籠包!五目チャーハン!など声を上げるが息子・タク(小5)は

「まぜそば!」

「つけ麺屋じゃあるまいしそんなもんあるわけないじゃん」

「あるよ!」

メニューを見たらあったー!しかも油そばとかまである。まじか。

エビチリや麻婆豆腐は辛さを調節してくれるというので、子供達のために辛さ控えめにオーダー。

「それでも辛いよう~」

タクにはそれでも辛かったようで、水をがぶ飲みしながら食べていた。一方Rは

「おいしいよ~」

と平気であり、いつもふたりは背が同じで双子のようだけれどもそこだけは姉の風格である。そして小龍包が来ると

「小龍包はね、こうやって食べるんだよ!レンゲに乗せて、中を開いて、あふれてきたスープを先に飲むの!」

食べ方を説明する。すべてテレビの受け売りなのがカワイイ。

料理はどれもボリュームがあって、得にタクが頼んだまぜそばがラーメン二郎ばりに麺の量がものすごく、腹いっぱいになってしまった。中華食べに来たのに太麺が喉から出て来そう…。

唐揚げも食べたかったんだよなあ。

洗濯機ーフライドチキン。なんちて。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2017-03-28(Tue)

買い物しようと街まで。

「パパ、西友に行こう」

日曜日の昼下がり、娘・R(中一)に誘われた。

「何しに?」

「卒業お祝い!」

お世話になった部活の先輩数人にお祝いの品を渡したいんだそうだ。文房具がいいという。なんか以前もこんなことがあったような。確か部活の先輩からもらった修学旅行のお土産のお返しを探しに新宿を歩き回り、えらい時間がかかった。またその再来か。

しかし新宿ならまだしも西友ならRでもチャリですぐである。中一なのに未だに買い物に親がついて行くとか過保護のような。

「ひとりで行けないんかい」

一応言ってみると

「一緒に行こう」

という。まあいいけどさ。わーいRとデートだ。

「財布持ったか」

「うん」

いくら大甘な僕でもお金を出してやるほどスウィートではない。そんな確認をしてから西友にチャリで来た。文房具売り場でウロウロと物色するRの後を付いていたが例によってRの買い物は長い。

そのうち僕は隣のおもちゃ売り場を見ていた。ちびっ子向けのゲーム機に親子連れが群がっている。1回100円でゲームの中のポケモンをゲットするゲームなのだ。ゲットするとポケモンのデータが入ったメダルみたいなものがもらえる。昔、タク(小5)がこれにはまっててよく付きあわされたものである。

懐かしい思いで眺めていたら、いつの間にかRが横にいて僕の方を見ていた。

「Rも覚えてるか?これ。タクがはまったやつ」

「うん」

「で、買うもの決まったの?」

「うん」

「じゃあレジ行ってこい」

「パパも来て!」

「なんでだよーひとりで行けよー中学生ー」

「いいから来て!」

何故かしつこいので一緒にレジの列に並んだ。Rは4つほどのこまごました文房具を選んでいた。

「パパー、これ全部でいくら?」

「計算しろよ」

「してよ」

「足し算ぐらいしろよー中学生ー」

「してよ!」

まったくもう! スマホで計算してやる。

「980円だね」

と教えてやると

「あーよかった!千円いかなかった!」

なんかめちゃくちゃ喜んだ。

「なんでそんなに嬉しいんだ」

と聞いてみたら

「だっておこづかい千円しかなかったから。足りなかった時のためにパパに付いてきてもらったの」

ガーン。ちゃっかりしてやがる。はいはいどうせカードもパスワードも不要、しかも付いてきてくれる便利なATMですよ。

完全に舐められているな…。もうちょっと厳しくした方がいいのだろうか。

獅子は我が子を千尋の谷に落とすという。

ウチは我が子を西友のレジに並ばすぐらいはした方がいいかな。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2017-03-12(Sun)

わたし、松葉。いつまでも松葉。

僕と息子・タク(小5)でランニングしているコースは、ゴールが「トキワ荘跡地」であった。

手塚治虫・藤子不二雄・石ノ森正太郎・赤塚不二夫といった昭和の代表的な漫画家達が住んでいたマンガの聖地・トキワ荘。藤子不二雄A先生の「まんが道」を読むとその頃の様子をうかがうことができる。現在、トキワ荘は現存しないが、

松葉
「まんが道」で藤子先生たちがよくラーメンをうまそうに食べる食堂「松葉」は今でも営業している。

松葉
お店の入口にもそのマンガが誇らしげに貼られていて、ここが間違いなくその松葉だということが分かる。

このマンガのページは、トキワ荘に引っ越してきた藤子先生達へ、引っ越し祝いとして先輩漫画家・寺田ヒロオ先生(テラさん)が松葉に出前を取ってくれたシーンである。

僕も子供の頃このマンガを読んでいたが、松葉のラーメンがとにかく美味しそうであり、いつか実際に食べてマンガの通り

「ンマーイ!」

と叫びたい、そう思ったものである。

トキワ荘を目指してランニングしていたら必ずこの店の前を通るわけで、目ざとくこれを見たタクが

「パパー、今度ここでラーメン食べてみたい」

と言うのであった。

「いいけど、たぶんここは昔ながらの食堂だから、ラーメン食べるんだったら○○とか××(好きなラーメン屋)の方がおいしいぞ」

と釘を刺すと

「わかってるよ!そういうことじゃなくて、ボクはマンガみたいにこのラーメンを食べたいの!」

タクは「まんが道」は読んだことはないけれども、小学校の図書室から手塚治虫や藤子不二雄、石ノ森章太郎といったトキワ荘ゆかりの漫画家達のマンガ伝記をよく借りて読んでいた。だからタクなりの聖地巡礼なのだろう。小5ながらもののあはれを分かっている。じゃあ行くべか、ということになった。

行けるのは土曜の昼間。嫁は仕事なので行けないが、あとは娘・R(中1)が行くかどうか。

「タクの希望でこのお店にラーメン食べに行こうと思うんだけど君も行く?」

とぐぐった店の画像を見せてやると案の定

「えー」

という反応だった。お年頃のRは、失礼ながらこのお店のような古ぼけたところを嫌う。そして

「ラーメンならこういうとこより○○とか××とかのほうがおいしいでしょ」

聞いたことがあるようなことを言った。だがひとり留守番するのが嫌だったのか渋々付いてきた。

そんなわけでお店に到着。

松葉
お店の入口には先程の画像の他にもマンガのページが貼ってあった。藤子A先生、どうやらラーメンだけでなく可愛い女の子店員にも興味があったようである。

松葉
こんなシーンも。おごってくれたのは寺田ヒロオ先生で、ベレー帽でスクーターで帰るのはつのだじろう先生である。タクはこのシーンを見て、

松葉
「シャバシャバって何?ラーメン食べるのにそんな音する?おかしいよ!」

と細かいツッコミを入れたが

「まあまあ、何十年も昔のマンガだから…」

このままだといつまで経っても店の中に入れないので適当に誤魔化して暖簾をくぐった。

先客はビールをチビチビ飲っている初老の男性がひとり。厨房の中からおかみさんが出て来たので注文をする。タクはラーメン、Rはワンタンメンを食べたい、と。じゃあ僕はゴハンものにしようと思い、焼肉定食にした。あとギョーザ。

調理はおかみさんワンオペなので出来上がるまで時間がかかった。

松葉
待っている間店内を見渡してみるとさすがマンガの聖地、サインがたくさん貼ってある。おお、「まいっちんぐマチコ先生」に、「鈴木先生」に、「ブラックエンジェルス」。

松葉
おっ。ジャストミートゆでたまご!

松葉
実際のトキワ荘住人であった藤子不二雄A先生・水野英子先生・よこたとくお先生、ラーメン大好き小池さんのモデルとなった鈴木伸一さん、トキワ荘出身漫画家を育てた編集者・丸山昭さんのサインは額縁に入っていて特に大事にされていた。

サインを見ながらRとタクにもそんな説明をしていたが、さすがにだんだんと空腹の限界が来たRとタク。

「お待たせしましたー」

松葉
しかし最初に運ばれてきたのは僕の焼肉定食だけであった。それはそれとしてこれは趣のあるおいしそうな定食である。しばし見惚れていると飢えた狼状態のRとタクの視線が痛かった。

「食べていいよ」

ふたりに分けてやると

「おいしい!」

ガツガツと食べ始めた。

松葉
さらに10分ぐらいしてからようやくラーメンとワンタンメン、ギョーザが到着。子供達が食べる前に写真を撮ろうと思ったけれど、未だ飢えた狼状態だったので恐ろしくて出来ず。

すぐさま麺をすすり始めて

「おいしい!」

いや、R、違うぞ。

「ンマーイ!」

松葉
タク。それをそれを聞きたかった。そして僕もひとすすり…。

「ンマーイ!」

自分でも言ってみたかった。さすがにイマドキのラーメンと比べるのは酷だが、タクの言うとおりこの場でこのラーメンの味わうことがよいのだ。程なくして残さず食べきった。

「もしかしたら、マンガに出てた女の子があのおかみさんかもよ?」

「まじか?」

「えー?まさかー?」

などとRとタクとヒソヒソと話したりして。「まんが道」ゆかりの雰囲気が気に入ったので、また来て

「ンマーイ」

と言いたいものである。おかみさんが厨房から出て来たところで

「ごちそうさまです」

とお会計を済ませた。出した千円札の枚数は、

ニマーイ。

なんちて。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2017-03-01(Wed)

この世界の片隅に。

かなり出遅れティアヌス感がすごいが、映画「この世界の片隅に」を観ようと思った。

もう10年以上前になるだろうか、原作者である漫画家・こうの史代先生の作品が好きで、単行本を買い集めたりサイン会に行ったりしていたことがあった。しかしいつの間にか先生の作品をチェックすることを忘れてゆき、「この世界の片隅に」も「漫画アクション」に連載が始まった時に少し気になっただけでスルーしてしまっていた。

改めてこうの先生原作のこの映画を観てみようと思ったのは、先生の絵柄の再現度が高そうなのと、あとはやはり評判がとにかく良い、というミーハー的気持ちがあった。

とはいえ嫁は特に興味がないし、子供向けの映画でもないしな、と思ったので、土曜日の午前中にひとりで行ってくるよ、と告げて出かけようとしたところ

「観たい!」

娘・R(中一)が付いてきた。Rもやはり評判が良いこの映画が気になっていたらしい。

この世界の片隅に
(渋谷のユーロスペース。実際に観たのはここではないけど、看板がでかかったので)

思いもよらず娘と映画デートとなりウキウキになった僕は、映画館でチケットを購入した後フードコーナーで

「なんでも買ってやるぞ、何がいいかナ?ポップコーン?チュリトス?」

メニューの高い順から全部買ってやるぞぐらいの勢いで浮かれポンチ。Rは

「いちごのクレープ!」

クレープスティックとかいうカワイイ選択であった。僕はホットコーヒーにした。

映画が始まると当然だがRと話すことはほとんどなく、スクリーンに釘付けだった。話の始め頃は戦時中とはいえ、まだ戦争はどこか他人事のようで、明るく楽しく主人公たちの生活が営まれている。しかし徐々に戦争の恐怖は身近になってきて、のどかだった生活の場を容赦なく破壊してゆく。爆撃音や銃撃音が耳に痛いほどであった。

また、この映画は出来るだけ当時の姿を再現しようとしていて、当時の写真などを参考にしているところも多い。物語中に遊郭のシーンが出てくるのだけれども、僕は遊郭跡地巡りが好きなのでそこは特に食い入るように観た。美しかった。

2時間ほどの映画はやがて終わり、僕は涙を流していた。余韻に浸っていたが照明が灯って席を立たなければならない。重い腰を上げて

「いやー、よかったね…パパは感動したよ…君はどうだった?」

と、Rに言うと、Rがまず口にしたのは

「なっが!」

であったのでずっこけそうになった。そうなのだ。これまでRが観てきた映画というのはポケモンとか妖怪ウォッチとか子供向けの尺が短い映画ばかり。大人向けの映画は初めてであり、内容もRにはまだまだ分かりづらいものであったようだ。

「こないだ原作のマンガ買ってきたから読みなよ」

「うん」

そんな話をしながら映画館を後にした。そういえば、Rはずっとマスクをしていたので

「ちゃんと予防してるんだな。偉いな」

人が多いところでは風邪・インフルエンザ予防のためにマスクをしなさい、と日頃言われていることをきちんと守っているんだな、と褒めたところ

「いや、マスクしてれば誰か知ってる人がいても自分だって気づかれにくいから」

「へ?」

「パパと一緒のとこ見られるのがヤダ」

ガーン。近所の映画館だったので同級生がいないとも限らない。違う意味での予防だったのだ。

僕は存在すら許されないのだろうか。

君の世界の片隅に、ぐらいには居させてほしい…。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog