2018-05-16(Wed)

突撃オモニの韓ゴハン。

前回の日記の続き。

池袋のラウンドワンを出た後、ビクトリアで息子・タク(中一)のテニス用品を買う。

タクは生意気にもテニス部に入ったのである。初心者なのでアドバイスしてくれる店員さんはいないかと探したところ、パッと見「寝起きの本田圭佑」みたいな店員さんが来た。

ポヤーンとした雰囲気ながらとつとつと親切に説明してくれ、ラケットとシューズ、あとバッグなどを買った。以前はサッカーをやっていたけど1年ほどで辞めてしまったタク。ある程度先が見えてしまうと醒めてしまう傾向がある。今回もすぐ辞めなきゃいいけど。

次は娘・R(中三)の希望で新大久保へ。新大久保から大久保にかけての界隈は、実は嫁や子供達には内緒でちょこちょこ来ている。

ネパール系のお店が多いのでダルバート(ネパールの定食)を食べたり、カレーの名店が多いのでお気に入りの店(魯珈)でカレーを食べたり、新大久保駅から大久保通りを挟んで北側のイスラム横丁でビリヤニを食べたりしている。非常に国際色豊かなのだ。ついでに夜になると現われる立ちんぼも国際色豊かである。こちらはまだ食べたことがない。

話を戻す。韓国のアイドルグループ「Twice」が大好きなRのお目当てはもちろんコリアンタウンだ。韓国料理を食べ、Twiceグッズを買い漁りたいという。今日は子どもの日なので子供が正義。まずはRが行きたい韓国料理の店に向かう。

メインストリートの大久保通りはものすごい人通りで目的地まで辿り着くことがまじで大変であった。歩いているのはRのような韓国女性アイドル好きの若い女の子と、男性アイドル好きのオバサンがほぼ半々、といった感じである。いろいろな韓国料理店が軒を連ねているが、もう午後3時を過ぎているというのに至るところで順番待ちの列が出来ていた。


僕らが目指したのは「でりかおんどる」という店。有名店なのでここも何人も人が並んでいて、

「うわ…これじゃ昼飯どころか晩飯になってしまう」

ラウンドワンで遊び過ぎたのを後悔しつつ、嫁達を並ばせておいて僕は他のめぼしい店を探してみた。もっと早く入れそうな店があったので「移動しようぜ」と嫁に電話したところ

「もう席についてるよ」

とのことでズコー。なら言えよ!

気を取り直してオーダーした料理はRの希望でチーズタッカルビ、サムギョプサル、サムゲタン、プルコギ丼。周りの人達もだいたいチーズタッカルビとサムギョプサルは頼んでいた。始めはもっと頼もうかと思っていたが思ったより量がありお腹がパンパンになってしまった。

でりかおんどる
チーズタッカルビ。思ったより辛いがチーズのまろやかさが合わさって美味しい。タッ(鶏)のカルビだピーヒャラピーヒャラ。なんちて。

でりかおんどる
サムギョプサル。これ自体はけっこう脂っこいが、サンチュを巻いてサムジャンをつけて食べると非常にアッサリ感じられて食べやすく、どんどんなくなっていってしまう。

「パパー、サンチュもっと食べたい。おかわり頼んでよ」

「分かってるよ!」

見てる暇があったら食べろ、話を聞いてる暇があったら食べろ、見ざる聞かざるサムギョプサル。なんちて。

でりかおんどる
サムゲタン。最後に運ばれてきたが願わくば一番最初に食べたかった。だってチーズタッカルビもサムギョプサルも味濃いんだもん。

アッサリかつ深みのあるとても優しい味。オモニの味といったところか。丸々入った鶏をほぐし、お粥を掬う手が止まらない。ずっとサムゲのターン。なんちて。

ウチはタクが肉より魚派なので、滅多に焼肉屋などの肉がメインのお店には行かない。Rはその逆で肉が大好きなので、普段我慢させてしまっていることを気の毒に思っていた。寿司屋などではあまり食べられるネタがなく、かわいそうなぐらい小食になってしまう。

しかし今日は違っていた。モリモリ食う。タクがおなかいっぱいでギブアップしてもまだまだガンガン食う。

「こんなハングリーなR始めて見たよ」

思わず驚いて言ってしまったら

「これが本当のわたしの姿なのだ!」

肉食系女子Rの活躍によりほぼ残すことなくごちそうサマンサ。韓国料理を平らげたRのテンションはますます高く、韓流百貨店という韓国の芸能人グッズがたくさん売っている店に突入。

「うわああああ!モモがー!ダヒョンがー!」

目をギンギラギンに輝かせ、さまざまなTwiceグッズを手に取っていた。嫁もなんだか楽しそう。女の買い物とおしゃべりとトイレは男より長い。これは定説である(僕はトイレも長いが)。取り残された僕とタク。僕はエキサイトなRを見ているのが面白いのでいいが、タクがとっとと飽きた。

「まだなの?帰りたいよ」

姉に文句を言う弟。

「じゃパパと帰って」

姉は父に丸投げした。

というわけで僕とタクの男闘呼組は先に帰ることにした。タクだって前半はボウリングにメダルゲームにテニス用品買いと、Rを付き合わせたのでお互い様である。

いずれにせよ子どもの日、ふたりが興味あるものに触れて楽しめたようでよかった。そして僕は食いすぎで腹が張って歩くのが辛い。

冒頭に書いたように大久保では本当に食べてばかりだ。ダルバート、カレー、ビリヤニ、そして今回の韓国料理。いつも腹一杯。どうりで太るわけである。

デーブ大久保。なんちて。

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2018-05-08(Tue)

Being Bowling

ゴールデンウィークは家族をどこにも連れて行けなかったのでこどもの日は子供のやりたいことをやらせることにした。

娘・R(中三)は

「韓国料理食べてTwiceグッズ買いたい!」

というもの。すなわち新大久保に連れて行けということ。

息子・タク(中一)は

「ボウリングやってメダルゲームしたい」

というもの。すなわちラウンドワンに連れて行けということ。

海外に連れてけ、とか言われるより遥かに安上がりだしいずれも30分ぐらいで行けるので連れて行くことにした。

ラウンドワン
まず午前中に池袋のラウワン。

ピンを倒しまくって父親の威厳を見せようとしたが、3ゲームやって平均スコア100ぐらいの体たらくであった。嫁も子供達も大して変わらず。子供達が投げる時はガーターよけのバンパーを付けていたのだが、本当はもっと小さな子供がやる時に使う想定らしい。店員さんが寄ってきて

「バンパーはあまり強くないんです。すいませんが6ポンドか7ポンドくらいの軽い玉にしてください」

と言われた。子供達は9ポンドの玉を使っていたのだ。玉を交換してゲームを再開してしばらく、隣レーンの大学生風男二人組みが急にバンパーを出してわざとボールを全力でぶつけたところ見事にぐしゃっと切断寸前までひん曲がり、速攻で店員に連れて行かれた。アホだ。

そんなハプニングがありつつも僕らはなかなかストライクもスペアも出ずテンション低めの展開のところ

「パパ、この玉に気を注入してくれ」

タクが変なことを言うので玉を抱えて

「はああああ!」

とか適当にドラゴンボール風に叫んで渡したところ見事ストライクを取ってしまったのでそれ以降ずっと気を注入しなければならなくなった。ドドスコスコスコ気を注入。

ラウンドワン
ボウリングに満足した後はメダルゲームのフロアへ。どうせすぐなくなるだろ、と思いつつRとタクにそれぞれ300枚ずつ渡したのだが意外と粘る。

そのうち「釣りスピリッツ」という釣りのシミュレーションゲームに夢中になっていった。釣堀みたいな感じなのだがたまに松方弘樹でも無理だろってぐらいの超デカイ魚が出てきて、それを釣竿そっくりのコントローラーで釣り上げるんである。ちゃんと魚が引っ張る力も再現されるらしい。みんな真っ赤な顔してリールをぐるぐる巻き上げている。

「ねえパパ、ホオジロザメ釣ったのよ~」

とRが自慢する。無邪気でカワイイ。一方タクは

「おっしゃー!アーケロン釣ったー!」

「おっしゃー!またアーケロン釣ったー!」

「うおおお!アーケロン3匹目―!」

古代の巨大な亀を釣りまくってどんどんメダルを増やしまくっていた。

「そんなに亀を釣りまくったら竜宮城に連れてってもらえないぞ」

と言ったら

「は?つまんないんですけど!」

マジレスされたがまあよい。亀だけにカメへん。なんちて。

結局メダルがなくなるどころか増えまくってしまったので預けるハメに。1ヶ月出し入れがないと消えてしまうらしいが。また来なければならないのだろうか。

もうお昼時をかなり過ぎていたのでラウンドワンを後にした。みんな楽しんだようだったがボウリングの成績だけは悔いが残る。言い訳がましいが僕は本当はアベレージ150ぐらいは出るはずなのだ。

ラウワンのレーンが合わなかったのだろうか。それとももう年なのだろうか。もう僕自身はラウワンにリベンジできそうにない。

そこでメダルも預けたことだし、今後Rとタクをラウワンにリピートさせてストライクを3回連続とりまくるぐらい上手くなってもらい、僕のリベンジを果たして欲しい。

親のかターキー。なんちて。

後半、新大久保編につづく!
↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2018-04-05(Thu)

卒業します!

息子・タクが小学校を卒業。

よその子の成長は早いというが、自分の子だって早い。

赤ちゃんの頃、コロコロと動き回るさまがかわいくて「小動物みたいだね」と嫁と笑っていたこと、叱られるとタクはいじけて部屋の隅っこで背中を向けて体育座りしていたこと、スヌーピーのライナスよろしくいつもタオルを持っていて、口に当ててふんふんしていたこと、そのタオルをしょっちゅうなくすためその都度探す羽目になったことが数え切れないこと…などが走馬灯のように蘇った。

そんなタクが今日、こんな立派なスーツを着て…、卒業式に出かける朝、着替えているタクを眺めながらしみじみしていた。ところが…。

卒業式
子供用によくある、こういうネクタイ付きのシャツ。あらかじめ結び目ができていて、ヒモを首の後ろに回してフックで止めるやつ。いちいち結ばなくてよい親切設計なのに、タクは何故か一旦ほどかなければいけないと思ったらしく、わざわざ結び目を縫い付けた糸までもブチブチっと切ってしまいビックリ仰天クリビツテンギョー。

「はあああ?あんたなにやってんのよー!なんで?なんでそんなことすんの?」

それを見た嫁さん絶叫。糸もブチ切れ、嫁もブチ切れである。おめでたい晴れの門出があっという間に修羅場になってしまった。小学生生活最後の最後でこのお馬鹿ぶり。卒業式というけれどいったい何を卒業するというのか!しかしもう登校時間が迫っていて、そんな忙しい時にタクを責めてもしょうがない。

「こんな時にキンキン声出さないでくれ!僕がネクタイさせるから!」

僕は必死に嫁をなだめた。君と僕とはネクタイ関係。なんちて。僕のネクタイをタクに結んでやった。多少長いがしょうがない。

そんなドタバタがあって卒業式。嫁はビデオカメラを、僕は一眼を持って撮影しながら見ていた(娘・Rは中学校)。タクだけじゃなくて、知っている子達の立派な姿を見ると泣けてくる。

卒業証書授与が終わり、来賓の挨拶なども終わると、

「ぼくたち!」

「わたぁしたちは!」

「そつぎょうします!」

というアレ。子供達自身の言葉ではないので白々しいし、やらされ感たっぷりなので僕は小学生の頃から嫌で嫌で仕方がなかった。でも21世紀になってもまだ続いている。儀式的なものとして必須なのだろうか。

式の終わり近く、みんなで歌っている時にとある女の子の涙がポロポロと。その隣にいたクラス一のイケメン君がサッとハンカチを渡していた。気配りもイケメンである。

式の後、子供達は校舎に戻り、最後のホームルームが終わって校庭に出て来た。そこで子供達や親、先生方、みんなワイワイ話したり写真を撮ったり。開花が異様に早くてもう3分ぐらい咲いている桜の木々と撮るのがいい感じである。

僕もタクのクラスメートや先生などに声をかけてタクと写真を撮ってもらった。僕と嫁とタク3人の写真は友達のママさんに撮ってもらった。

「ワタシとタクの写真撮って」

嫁とタクの写真は校門で。タクは少し照れ臭そうだったが

「タク、パパとも撮ろうぜ」

と誘うと

「えー!どんなポーズで?」

などと言うので

卒業式
ポプテピピック的なポーズで嫁に撮ってもらった。さらに

「Dちゃんとタクの写真も撮ってよ!」

と嫁が言う。Dちゃんとはタクの友達ではなく先生である。D先生と呼べきであるが超カワイイ美人先生なのでそう呼んでしまう。嫁はDちゃんのことが大好きのようだ。もちろん僕も大好きであり、僕のみならず父兄のオヤジ共に大人気である。Dちゃんとは色々思い出がある…といっても学校行事とか町内行事の手伝いとか、ごくまれにあった保護者達と先生方の飲みぐらいの思い出だけど。

「はいチーズ」

Dちゃんとタクを撮った。もうDちゃんに会えるのも最後だろうか。いや、また運動会とか餅つき大会とか学校行事に来れば会えるはずだ。タクが卒業した今、思いっきり部外者であり不審者だけどまあ大丈夫だろう(何が)。

そんなことを考え学校を後にして…。

4月1日。Dちゃんが他の学校に異動でびっくり仰天!ああ、なんということだ…。

クリビツテンギョーなクリビツソツギョーでしたとさ。なんちて。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2018-02-22(Thu)

永久に愛す。

娘・R(中二)は韓国のアイドルグループ「TWICE」が大好きだ。

メンバーには韓国人だけではなく日本人と台湾人もいるが、拠点は韓国である。ちなみに僕は台湾人のツウィちゃんという子が好きである。

そのTWICEをテーマにしたカフェ「TWICE Candy Pop CAFE」に行って来た。場所は渋谷のLOFTの中で、2月から3月頭までの期間限定。TWICEカフェのサイト上で事前予約する完全予約制。Rが

「行きたい行きたい」

と騒ぎ出したのがちょっと遅かったようで、予約を取ろうとした時には既に土日の空席が少なくなっていた。嫁と僕のいずれかが連れて行ってやらなければならないので平日はまず無理なのだ。

嫁と相談してようやく僕が連れて行けそうな17日土曜日の昼、2人分だけ空いていたので予約を取った。ウチから渋谷まで電車で約30分、乗り換えは1回のみ。Rも中二だし最悪ひとりでも電車で行けそうなものであるが、Rはまったく電車が分からないのである。最寄り駅のホームでまずどっち方面の電車に乗ればいいかすら怪しい。

僕が中二のころは栃木の田舎から電車を乗り継いで秋葉原でラジカセを買いに行ったりしたものだが育て方を間違えてしまった…。

それはそれとしてRと渋谷デートが出来ることになった僕は秘かにウキウキウェイクミーアップしていたら、

「R、パパと行くよりお友達と行く方が楽しくない?」

「AちゃんもTWICE好きでしょ」

「Aちゃん誘ったら?」

嫁がたたみかけるように妨害してきた。

「別にパパとでいいけど…」

Rが僕を援護してくれて涙が出そうになったが

「Aちゃん誘おうよ!ラインしなさい」

動き出した嫁が止まらないので

「僕もRと行きたい」

恥も外聞もなく嫁に腹の内を明かしたが、

「Rといたら不審者に思われるでしょ!」

全てを捨てて山に篭りたくなった。

で、当日。僕はRとAちゃんを連れて渋谷に行くことになった。まあいいけどさ…。

Aちゃんは僕も時々会ったことがあるよい子なので安心である。移動中、Aちゃんは教科書を出して勉強を始めた。やっぱり偉い子!それに比べてRは…ボーっとしていた。やはり育て方を間違えてしまった…。

渋谷に着くと

「しぶやだ!スクランブル交差点だ!いつもニュースで映るやつだ!」

とテンションが高まる中二ふたり。西武百貨店の壁に掛かるキムタクの巨大広告を見ては

「キムタクだ!」

と叫ぶしショーウィンドーにあるマネキンを見ては

「マネキンだ!」

と叫ぶ。マネキンぐらい練馬の西友にもあるだろ。おのぼりさん丸出し。

TWICEカフェ

TWICEカフェ

TWICEカフェ

で、TWICEカフェに到着。

「かわいい!」

「メンバーのサインだ!」

ふたりのテンションはますます高まり店内の様子をRはタブレットで写真撮りまくるし、Aちゃんは3DSで撮っていた。ふたりともまだスマホは持っていない。なんかカワイイ。

お客さんはR達のような中学生ぐらいの女の子が多かった。ローティーンがメイン客層な感じであり、おっさんの僕としては完全なアウェイな空間であるが、中にはひとりでパフェ食ってる男性や、僕のように付き添いで来ているパパもいて少しだけ心強くなった。

とはいえ予約したのは2席のみなので僕は店内に入れない。

「このふたりを」

と店員に予約チケットを見せ、R達が席に案内されるのを見送って一旦店を離れた。店の外からずっと見守っていたかったがそれこそ不審者なので。一応

「変な人に声かけられても『パパと来てるから』って言うんだぞ!」

と念押しはしておいたがRには鼻で笑われた。お父さんは心配症なのである。

しばらくヒマになったので渋谷の街をうろついてみた。TWICEはCDが出たばかりなのでタワレコとかのフリーペーパーに載ってたり販促チラシがあったりしないかなー、あればR達にあげようと思ってタワレコとツタヤを見てみたが無くて、代わりに母の好きな氷川きよしのチラシは見つかった。今度実家帰る時に持って行くか…。

帰る時間になったので店に戻ると、

「おいしかったー!」

「たのしかったー!」

ふたりはニコニコして出て来た。

「何頼んだの?」

「パフェ!あとフルーツティー!」

「ピザ!」

お腹いっぱいになったようだ。グッズも買っていて、ランダムカンバッジ(封されていてメンバーの誰のバッジかは分からない)を出して

「開封式やろう!」

とか言い出し

「わー!○○だー!Aちゃん○○ペンだからあげるよ!」

「え、ほんと!」

店から出ても盛り上がっていた。「○○ペン」の「ペン」とは韓国のアイドルファンの間でよく使われる用語で、アイドルオタク用語で言うところの「○○推し」。メンバーの中では○○のファン、という意味である。「ファン」を韓国風に言うと「ペン」になるらしい。

そしてアイドルオタク用語で「箱押し」、つまり特定のメンバーが好きなのではなくグループ全体が好きなのだ、ということは「オールペン」と呼ぶ。で、Rが言うには

「Aちゃん○○ペン、わたしオールペン」

なんだそうだ。ピコ太郎かよ。でも○○のバッジが出てすぐAちゃんに譲ったのはパパちょっと感心したぞ。

帰り道、Aちゃんと喋った。R以外の中学生女子ってどんなこと喋るんだろうと思ったら

「駅前に最近出来たラーメン屋さん、チャーハンがめっちゃ油っぽいから気をつけてね」

ラーメンマニアのオッサンかよ。

お店の中で変なやつに声をかけられたとか、それも聞いてみたが

「寄って来る人いなかったよー」

とのことで安心した。ふたりとも可愛いのでガールハント(死語)されないか心配であったよ。

韓国ガールズアイドルだけに、

ガール半島!なんちて。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2018-02-05(Mon)

おっさんは、恵方巻きより後藤真希。

土曜日、節分の日の夕方。

嫁が買い物に行く時に

「恵方巻き食べる?」

と僕に聞いた。僕はコンビニやスーパーの恵方巻きゴリ押しが好きではない。それ以上にそもそも巻き寿司が好きではない。だから毎年食べない。なので

「食べない」

今年もそう答えたところ

「やっぱりね」

分かってたけど一応聞いてみた、的なリアクションを残しママチャリで颯爽とスーパーに出掛けて行った。毎年聞かれるたびに

「僕は自前のエロ巻きがあるからねウヒョヒョヒョ」

という下ネタが思い浮かぶのだけれども、さすがに実際の恵方巻きには太さも長さもかなわないので、実際に口に出すことはしない。それぐらいはさすがに分別は付いた。美味しさは勝てると思うがウヒョヒョヒョ。

元々恵方巻きの由来自体が

「大阪のエロ大尽が擬似フ○ラとして女郎に太巻きを咥えさせた」

という下ネタらしいので(諸説あり)僕がそんなことを連想するのも無理はないことである。そんな汚らわしい由来のイベントはするべきではないと思うのだが…。

しかしそういう細かいことにケチをつけているのは僕だけであり、嫁と子供達は毎年みんなで食べ合って、おっきい~とかふと~いとかおいし~いとかキャアキャアしていて、まさに一家団欒(オヤジ抜き)といったところで楽しそうである。いちいちスミ・オブ・重箱をつついたり揚げ足をとったりケチをつけたりせず、イベントに全力で乗っかり楽しめるのがリア充なのだろう。

どうせおいらははぐれメタボさ…と心の内側に篭っていたところ、だいぶ時間が経ってから嫁が買い物から帰って来た。

「R(中2の娘)の恵方巻きが売ってなかった~!探したのに!」

恵方巻きにも種類があって、Rが欲しがっていたのはスーパーセイユーセイミー(仮名)のチラシに載っていた「牛肉恵方巻き」だった。Rは魚より肉が大好きなのだ。ちなみに息子・タク(小6)は刺身が大好きなので「海鮮恵方巻き」を欲しがったという。

タクのはあったのだが、Rの牛肉恵方巻きは売り場になかったらしい。セイユーセイミーはウチからだいたい南南東、つまり今年の恵方と言われる方角にあったのだがそこまで縁起が良いわけではなかったようだ。

嫁はさらにちょっと離れた別のセイユーセイミーにも行って探したらしい。だから帰りが遅くなったのだ、と。しかしそこにもなかったという。

「えー」

Rは残念そうであった。

嫁が探した2店の他に、もうちょっと足を伸ばせば更にあと2店ほどセイユーセイミーがある。我が家は車がないのでいずれもチャリで20分ぐらい。ひとつは恵方の南南東ではないが西北西のほう。もうひとつは北北東あたり。

牛肉恵方巻きは「牛」、すなわち「丑」である。丑の方角は十二支でいうところのまさに北北東。だから北北東のセイユーセイミーにはきっとあるはずだ!

そんなことを力説したら嫁がRに優しく言った。

「じゃあR、そこのヒマそうな人に探しに行ってもらいなさい。ママはね、夜はママさんバレーの新年会だからもう時間がないの」

つまり僕がパシらされることに。

南死東(なんですとー)!

なんちて。

(無事北北東のセイユーセイミーで見つかりました)

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog