2019-01-20(Sun)

xiangyu「Yukon Blonde JAPAN TOUR 2018」2019.01.17 渋谷O-nest

出番前から忙しそうに準備をしていたxiangyuちゃんは布袋様(ギタリストでない)の大きな袋のようなものを抱えており、何やら新しいことをやりそうな予感。




最初の2曲は「ハマエゲ」と「31」。真夏の異常気象で道路ではまえげ(ハムエッグ)が出来るでしょ、という熱い曲と、タイトルそのまんま内容がアイスの冷たい曲が順番に。いずれもゆったりとしてメロウな曲。エモい感じで歌っていたのだけれども、終わるとコロッとテンション高めのxyangyuちゃんになり

xiangyu
「こんなにいるお客さんの前でライブやれる嬉しさをどう表現していいか分からないです!」

ステージの柵を超えそうな前のめり姿勢で叫ぶ。で、

「2019年の抱負とかありますか~?」

などと客に聞いておいて

「私はちゃんと風呂に入ってから寝るようにします!」

と宣言してからの「風呂に入らず寝ちまった」を歌い出した。そういう前フリだったようだ。

「スペシャルゲスト、風呂です!」

「風呂」と呼ばれるビニールプールは今年も健在。フロアの隅っこに立て掛けておかれたソレが運ばれてきて、xiangyuちゃんがその上に乗る。担ぐのは音響さんと、なし崩し的に前で観ていた客4人(僕含む)だ。

風呂の上でわっしょいわっしょい担がれながら歌うxiangyuちゃん。風呂でフロウとはシャレが効いている。担ぐ僕らは疲労。



しかしxiangyuちゃんも「プーパッポンカリー」で柵を飛び越えてフロア中をぴょんぴょん飛び跳ねながら歌いまくり、



「菌根菌」でも最高潮に全力なノリで跳ねまくり息が上がってしまったようでしばらく肩で息をし一休み。

ライブ開始前に見かけた袋のようなものをゴソゴソし始めるので、何が出るかんかな、と思ったら…

xiangyu
それは袋ではなく餃子の着ぐるみであった。かわいい。xiangyuちゃんは服飾系の人なので自分で作ってしまう。昨年までは頭にかぶる餃子だったが、今年から全身で餃子を表現するとはなんという進化。

xiangyu
そして最後に歌うのは餃子の歌「王将」。いつの間にかライブが始まる前からステージの脇に台車が置いてあって、何に使うんだろうと思ってたらxiangyuちゃんが当たり前のように乗る。ここで使うのか。



「誰か動かしてくれる人がいないとここから進めません」

とわがままぶりを発揮すると、また前述の風呂わっしょいした客のひとりが押し始めた。そしてxiangyuちゃんの手にはいつの間にかできたて餃子のパックが。

xiaそれはngyu
台車でゴロゴロとゆっくり進み、客に餃子を渡してゆく。いっこもらったが暖かくて美味しかった。彼女はこのような手口でライブハウスを餃子臭くする常習犯である。

ライブが始まったころはほとんどの客がフロアの中ほど~壁際で遠慮がちに観ていたが、跳ね跳ねする餃子xiangyuちゃんを観てにいつの間にか前の方に来ていい感じに笑顔になっていたお客さんが増えていた。

「あっ今年もよろしくお願いします!」

ライブが始まる前、そんな挨拶をしてくれた。そういえばまだ1月なので新年の挨拶をしてもおかしくはない。

新年と餃子xiangyuちゃんは似ている。

どちらも「はねつき」があるでしょう。なんちて。

【セットリスト】

1.ハマエゲ
2.31
3.風呂に入らず寝ちまった
4.プーパッポンカリー
5.菌根菌
6.王将

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2018-12-30(Sun)

xiangyu「VARI×VARI 大忘年会」2018.12.29 六本木VARIT.

20組近いミュージシャン達が30分弱刻みでガンガン盛り上げていたイベント。

xiangyuちゃんは18時前ぐらいの出番。

xiangyu

xiangyu
初めて観た出囃子(ステージに上がる前の音楽と映像)がものすごいことになっていて、宇宙からxiangyuがやって来た~みたいなかっこいいものなので是非一度生で観たほうがいい。ライブ中のVJもところどころ新作が挟まれていて更新頻度が高い。

xiangyu
それを観ながら待っているxiangyuちゃん。

早速ライブは「風呂に入らずに寝ちまった」から。

タイトル通り、風呂も部屋の片づけも何もしなくていつのもコンビニでいつもの店員からいつもの惣菜を買うだけ、という一日まるまるムダにしてしまった時の台無し感を思い出させる怠惰な歌詞の反面、ライブでは

「みなさん!特別ゲストの『風呂』です!」



風呂と呼ばれるビニールプールが奥から担ぎ出され

「乗りたーい」

と乗って歌うというパンクさ。担ぐのは当然観客。僕はいつも担いでいたが、周りからはどう見えてるんだろうと思い今日はサボって見ていた。やっぱり面白かった。

それにしても今日のライブは今まで一番の盛り上がりであった。「ハマエゲ」と「31」は切なくてしっとりした曲調なので静かだったが、おなじみ「プーパッポンカリー」になるとステージからフロアに飛び込んでオイオイ叫び合う。こんなの初めて観た。



ライブ観戦仲間が何人か写ってるがまあいいかw



「菌根菌」では大汗かきまくって跳ねていた。動きながらこの息つけなそうなラップはすごい。粘菌系誰か解読して欲しい。

歌い終わった後

「汗凄いから写真撮らない方がいいかもしんない」

ちょっと照れて奥に引っ込み、モソモソとお色直しをすると

xiangyu
餃子の神様が降りて来た第二形態。gyouxiangyu。最後の曲は餃子の王将の曲「王将」。

「餃子30個持って来ました!みんな食べてください!」

xiangyu
ザザーッとテーブルに乗った餃子が運ばれてきてカオス。みんな餃子に集まるしその横でxiangyuちゃん歌ってるし。よい年末の大騒ぎであった。ライブ内容の新陳代謝が激しいし、xiangyuちゃんも来年はもっと音楽を頑張っていきたいと言っていたので年明けてからも楽しみ。

xiangyu
ライブ後いつも記念に買っている「やばいデモ1」(2曲入り音源)。

盤面に何も描いてないものしかなかったのでサインを書いてくれた。

「ハートマークを描いたのは梶りんさんだけですよ!」

キュピーンと渡してくれたxiangyuちゃんが可愛かったのだが、照れてしまった僕はまたまた誰にでもそんなこと言って描いてるんでしょーと思い

「キャバクラ嬢が言いそうな感じだね~」

と言ってしまった。素直になれなくて2018冬。ちなみにxiangyuちゃんは次の人に早速ハートマークを描いていた。ちょっとー!

xiangyu
そして手作り餃子ポーチなるかわいい作品。服飾系の仕事をしているとのことで自作してしまうところがまたすごいスキル。

「これ、何個あるんですか」

「限定五個なんですよ~」

「あらー、すぐ売り切れちゃいますね」

「でも高いんですよ!5百万円!」

「えー!」

xiangyu
そんなわけで500万円の餃子ポーチ。カンバッジを入れてみることにする。かわいい。あと15個ぐらいで餡がたっぷり詰まった王将餃子になるはずである。はたしてxiangyuちゃんは来年も餃子路線を続けていくのだろうか。

餃子の妄想。なんちて。

【セットリスト】

1.風呂に入らず寝ちまった
2.ハマエゲ
3.31
4.プーパッポンカリー
5.菌根菌
6.王将

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2018-12-14(Fri)

xiangyu「Beat Happening!六本木超POP感覚!」2018.12.12 六本木VARIT.

年末の煌びやかな六本木の街を歩いてライブハウスに入ると

xiangyu
「今日の物販です」

というラインナップ。カニがいっぱいで六本木なのにここだけ年末のアメ横テイスト。ライブ小道具としておなじみのビニールプールは後ろの壁に立てかけてあった。

Xiangyuちゃんは赤い温泉マークに「しゃん湯~」と描かれた白いパーカーに白いジャージというラフなスタイルで登場。足元だけ登山用みたいなごつい靴。

「風呂に入らず寝ちまった~」

ダルダルな日常生活をリアルに描写する切ない曲から始まったので(曲名いまだ不明)、ゆったり聴く構えで観ていこうと思ったら

「いきなりですが後ろをご覧下さい!」

え?

「スペシャルゲストの風呂です!」

ええー。

「みんなでわっしょいして運んで下さい!」

えええー。

ビニールプールを指差して叫ぶんである。ライブが始まってもそこに置いたままだったのはそういうことだったのか。素直な僕ら観客数人が担いでステージに横付けすると

「乗っていいですか!」

Xiangyuちゃんが乗ってきてお神輿状態。4~5人ぐらいで持ち上げていたのでけっこう重くてゆったり聴くどころじゃなくて笑いが止まらない。

xiangyu
無事降ろして「ハマエゲ」。今年の夏は異常気象で路上でハムエッグで焼けるでしょ、という曲。こっちは疲労が異常。


続いて最近MVが公開になった「31」。さきほど物販にあったレトロなトランクケースも出ている。「31」は「さんじゅういち」と読み、

「バスルームで明かりを消してアイスを食べるのが好きなので、それにぴったりな曲」

とのこと。そのまんま「サーティーワン」と読んでしまうと本家に目を付けられバス禁ロビンスされてしまうからだろうか。



後半に入りxiangyuちゃんが激しく跳ね跳ねし始める。「プーパッポンカリー」ではステージからせり出してマイクを突き出し、観客のおっさん達に

「プーパッポンカリー!」

と歌わせたりステージを飛び出して客の間を縫うように踊り歩く。




続く「菌根菌」でもガンガン体を動かして歌う。これがまたこっちも暴れたくなるようなダンサボーなよい曲なのである。

xiangyu
2曲連続で動きすぎたのかゼーゼー息切れするxiangyuちゃん。大丈夫だろうか。ここは餃子の神様に助けてもらうことに。

xiangyu
はい餃子の神様降臨。ってことで最後は「王将」で締めくくる。それにしても飲食店系のタイトルが多い。今日もかわいくてかっこよくてハチャメチャ(褒め言葉)なライブであった。

xiangyu

xiangyu
ライブ後物販。「プーパッポンカリー」と「31」が入った「やばいデモ1」を買う。なんだかありがたいメッセージ付き。あとxiangyuちゃんが夜な夜な自分の顔画像を切り貼りして作っているというカンバッジも。シールもいろいろある。これらにはツイッターアカウントのQRコードが付いていて、物販を買ったオマケみたいな感じでもらえたりする。

xiangyu
「まだ持ってないのはこれですよね」

と、今日僕がもらったのはシーマン風。まさか僕がどれを持っててどれを持ってないとかしっかり把握されているとは。おそろしい子。単にこのシールが新作だったっていうだけかもしれんが。

xiangyuちゃんの出番の後、タイバンの「タランチュラ」が「歌舞伎揚げディスコ」なるPerfumeの「チョコレイト・ディスコ」をパロった曲を歌いながら歌舞伎揚げを投げまくっており、

xiangyu
最後の1個がxyangyuちゃんに流れ着いていた。割って僕におすそ分けしてくれて優しい。

その他にハードロック系のアイドルも出演していて、その際xiangyuちゃんのスタッフの方がオイオイ拳を上げてノリノリで観ていたところ、そのアイドルファンの人達に

「イキのいい新規ヲタが来た」

と思われたのか手を引っ張られて最前列に行かされていた。更にはサークルモッシュもやらされてフロアをぐるぐる走っていたのが面白かった。

せっかくだから僕も回った。死なばもろともである。

六本木心中。なんちて。

【セットリスト】

1.風呂に入らず寝ちまった
2.ハマエゲ
3.31
4.プーパッポンカリー
5.菌根菌
6.王将

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2018-12-14(Fri)

水曜日のカンパネラ「YouTube FanFest Music」 2018.12.11 幕張メッセイベントホール

YOUTUBE FANFESTでの水曜日のカンパネラ。

水曜日のカンパネラ
どんな感じでチケットが配られ、どんな注意事項があって、結局自分のチケット整理番号はどのへんになるのだろう、など気になる人が来年以降いるかもしれないので、検索したらこのブログ記事が引っかかることを期待して書いておく。

僕は水曜日のカンパネラファンクラブ経由で申し込み、当選して整理番号はW-6。当然だがファンクラブを通した方が良番をもらえやすいようだ。チケットは紙ではなくてQRコードをスマホにダウンロードする仕組み。真ん中に自分の名前が記されている。

しかし6番といえども他のアーティストのファンクラブ経由の6番も複数いて、実際に僕が入場できたのは20番目ぐらいだっただろうか。

入場の際には運転免許証等の身分証明書確認及び手荷物検査&金属探知機による危険物チェックがありセキュリティレベルが高かった。なのでツイッターでは

「チケットお譲りします。身分証明書貸出できません」

みたいなチケット売ります的なアカウントがウヨウヨいたけれども彼らからチケットを受け取ったとしても本人確認出来る保証がないので相手にしない方が良い。

ただその厳重なセキュリティチェックに時間がかかり、開演してもまだ入れない人がいたようだ。撮影も禁止なので今回は画像ナシである。

セキュリティチェックを終え中に入ると改めてスタッフから「A」や「B」、「C」などと書かれたエリアを指定するカードを渡された。ちょうど僕から「B」になったのでBエリア1番乗り。小刻みに「A」「B」「C」を振り分けていたようだ。

水曜日のカンパネラ
このかどっこの場所(黄色の★のところ)をゲット。

他に出てくるアーティストがコブクロ、SixTONES、TWICE、スカイピース、Fischer's、といったナウなヤングにバカウケの人達なので観客もほぼ若い女性。女性専用車両に紛れ込んでしまったような気持ちだ。

水曜日のカンパネラの出番は2番目。TWICEの次だった。ちょっと脱線すると僕はTWICEも大好きなので初めて最前列で観れ、お尻をこっちにむけてフリフリするダンスが滅茶苦茶可愛くて眼福眼福。

更に脱線すると娘・R(中三)が僕以上にTWICEが大好きで、僕が好きな水カンとRが好きなTWICEが両方出るイベントなど滅多にない。

「もし当選したら行く?」

「うん」

というわけで僕とRのチケット2枚を申し込んだところ当選したのだが、Rは

「やっぱり受験生だし、周りのみんなも頑張ってるし、我慢する」

と勉強を頑張る姿勢を見せた。嫁も

「息抜きに行ってくれば」

と言ったのだが首を縦に振らず鋼の意思。

「うん。わかった。偉い。頑張れ」

僕はそう言うしかなかったが、実はRとふたりでおデートするのを楽しみにしていたのでガッカリした感情が顔に出てしまっていたのだろうか、

「あ、パパと行きたくないわけじゃないよ」

とかさりげなくフォローもして来ていつの間にか大人になっていることよ。この時は酒が進んで仕方なかった。

話を戻す。TWICE後の水曜日のカンパネラである。

コムアイさんは薄暗いステージの中、透明でフリフリがたくさんあるベールを頭から身にまとい登場し、「かぐや姫」を歌う。さきほどのTWICEのキャピキャピ感から一転、神秘的でおごそかである。しばらくこのままダウナー系なのかなーと思っていたら曲の途中で一転、「南方熊楠」がカットイン。一気にダンサボーになる。

コムアイさんの後ろには巨大に膨らんだ幕が袋のようになって、いくつもぼうんぼうんとゆらめく。時々袋の中にもたれかかってみたり、埋もれてみたりして歌うコムアイさん。

「桃太郎」のリミックスバージョンになるとコムアイさんは出張った花道の方に行ってしまい、また花道にも幕の袋が現われてそれに遮られて全く見えなくなってしまったのでしばらく前方にあったモニターで観戦する。

「一休さん」で戻ってきてニコニコしながら歌うんだけれども、ベールを脱いではっきり見えたコムアイさんの笑顔がまた綺麗なのだ。

人力照明チームの人達による直線の光や幕にあたって丸くゆらめく柔らかな光など様々な光がより彼女を神秘的にする。ちょうどレフ板を持った方が僕のすぐ前に来て光を反射させていたのだけれども、一休さんの

「とらっとらっとら!」

「てらってらってら!」

のリズムに合わせて指でレフ板をトントントンと叩いて光を動かしており演出が細かい。

最後は深々とお辞儀して終了。そのまま退場かと思ったら司会者の人達に呼ばれてしばしトーク。

「圧倒的なステージングでしたが」

と問われると

「津波などをニュースで見るとそれは悲劇ですが、自然の強烈なパワーを安全なもので体感する、ということをしてみたいんです」

というようなことを語っていた。大自然が牙を剥いた時の圧倒的なパワーに対して人間は無力で呆然とするしかないのだが、大災害の映像などは見入ってしまうところがある。そういった惹かれるものを抽出して我々に見せたいのだろうか。また、水曜日のカンパネラのYOUTUBEにまつわる話なども披露。

もともと音楽活動を始めてからすぐ様々な曲のMVをどんどん制作しYOUTUBEにアップして注目を浴びたことや、来年『Re:Set』という屋久島での楽曲・MV制作ドキュメンタリーを発表すること、などが挙げられた。

少しだけ屋久島の映像を観れたけれど、すっぴんのコムアイさんがなんだかとても懐かしく思えた。

その後も他のアーティストのライブを観たが、水カンは歌って踊ってイェー、じゃなくて(それも良くてすごく盛り上がるけれど)、自分の世界を作り上げてこの空間を丸ごと観せようとしていた。アプローチが違うのだ。

もう何回も観ているが幕を使った演出は改めて見事であった。幕張メッセだけに幕張まっせ、みたいな。なんちて。

【セットリスト】

1.かぐや姫
2.南方熊楠
3.桃太郎(REMIX)
4.一休さん

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2018-12-05(Wed)

xiangyu「MEAN TO YOU ~THE HUNGRY RUGRUT 東京ツアー~」下北沢ERA 2018.11.14他

2018.11.14「MEAN TO YOU ~THE HUNGRY RUGRUT 東京ツアー~」下北沢ERA
2018.11.19「The Soul City Walk」渋谷O-nest

2018年11月にかなりの頻度でライブを行っているxiangyu。以前書いた記事→「前回(3回分)のxiangyuライブ」から数えて上記のライブは4度目と5度目。

今回も上記2回のライブが短いスパンでセットリストが同じだったため、まとめた記事にさせていただく。

xiangyu
まずは11/14。いつものビニールプールが置かれいつもの濃紺のパジャマ。しかし今回は前回3回のライブとは違うセットリストになっていた。

1曲目はこれまで通り「風呂に入らず寝ちまった」(相変わらず正式曲名不明)でエモい出だしであったが2曲目はいつもの「やばい山」ではなくて「ハマエゲ」。早くもセトリを変えてきた。

「ハマエゲ」に入る前にxiangyuちゃん、

「最近、タイに1年留学して帰ってきた上戸彩に似てるって言われます~」

と自己紹介したところ客から「似てる!」と言われて

「ホントですか!もっと言ってもらっていいですか!」

とテンションが高まり

「上戸彩に似てる風呂入ってない女って覚えてください」

などと話し笑いを取っていた。

xiangyu
ちなみにライブ後、写真を撮らせてもらおうと思ったら変顔かましてくるので、変顔もカワイイけど

「上戸彩っぽく」

xiangyu
と注文したら表情が固まってた。




話をライブに戻し、キラーチューン「プーパッポンカリー」。今日もシヴァ神のご加護のもと跳ね跳ねで素敵だ。

続く「31」の後はセットリストから「やばい山」が外れて、「菌根菌」(きんこんきん:やはり正式曲名不明)という曲が披露された。この曲はやばい。これまでのxiangyu曲にないアップテンポのダンスミュージックでものすごい引き込まれる。鳥肌が立った。

菌繋がりか彼女はキノコにはまっているようで山にキノコ狩りに行ったりキノコ類の奥深さに引き込まれ学生の頃はあまり興味がなかった生物学を見直して勉強しているらしい。

「キノコはDNA的には植物より人間に近いんです!」

そんなことを力説していた。マタンゴかな。

最後の曲は「王将」。観客も一緒に手を左右に振りながら歌う。この曲を聴くとライブの終わりだな~という切なさを感じるようになってきた。

xiangyuちゃんのパフォーマンスは「何?この子?」みたいな余韻を残し、何より素晴らしく洗練された楽曲がただものではないインパクトを与え、衝撃的なライブであった。

そして次のライブ、11/19、O-nest。xiangyuちゃんは白いパーカー姿。

xiangyu
胸に赤い大きな温泉マークと「しゃん湯~」という文字がプリントされていた。これまでずっとパジャマ姿しか見ていなかったので

「いつもパジャマだったから寝起きでライブしてるのかと思った」

とからかったら

「勘弁してくださいよ!」

軽くあしらわれた。聞くところによると服飾系の学校を出て自分でも服を作るらしいので、どんどん自分で衣装を替えておしゃれさを出してもいいと思うのだけど。あくまで素人の戯言ではあるが。

新曲「菌根菌」はここでも披露。

「きんこんきん、って言ってるだけなんでよかったらみなさんも歌ってください!」

コールアンドレスポンス的なものも呼びかけるようになってきた。

で、ライブ後。

毎回記念に音源CD「やばいデモ1」を買わせてもらうのだけれども、その都度

「えー、中身同じですよー」

と心配して確認してくれたり、また、厚かましくもいつも写真を撮らせてとお願いするのだけれども、その都度

「えー、顔同じですよー」

と恥ずかしげに言うところがなんとも謙虚で素敵なお方である。また、ライブ後に僕らxiangyuファンが彼女の前に集まっていたところ、

「撮っていいですか?」

xiangyu
とインスタストーリーを上げてくれて、こっちは好き勝手にがっついてるだけなのにこんな風にお礼を言われてしまうと心を打たれてしまう。チミにムネキュン的な。

餃子だけに心を宇都宮。なんちて。

【セットリスト】

1.風呂に入らず寝ちまった
2.ハマエゲ
3.31
4.プーパッポンカリー
5.菌根菌
6.王将

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog