2016-04-23(Sat)

発熱息子とツンデレ娘。

娘・R(12才)が中学校に入学した。

残念ながら仕事の都合で入学式には行けず非常に残念であり、

「パパは別に来なくていい。ママが来てくれればいい」

とRに言われて更にショボーン。遠巻きに真新しい制服姿のRを見守った。Rは中学校の制服がダサいことを気にしていて、僕もよく近所の子が着ているのを見るので確かにだっさいなあと思っていたのだが、実際にRが着ている姿を初めて見たら親の欲目のせいかとても可愛いではないか。

「きれいや 今日のお前はほんまにきれいや」

芦屋雁之助状態。そういうことを言ってもツンツンするR。これも成長したということだろうか。中学生だもんなあ…。

「ホコリが気になるの」

とブレザーのホコリをブラシでせっせと取るR。しかし何故かカーペットの床に直置きでやっており、成長してるんだか抜けてるんだか。

一方、息子・タク(10才)も5年生になった。なった途端に39度の熱を出して早退してきた。季節の変わり目のせいか、新学期直前まで栃木の実家に数泊していた疲れか、進級して環境が変わったせいか、普段はサッカーで元気に暴れているのだが意外と繊細なところがある。

嫁が医者に診せたところ幸いインフルではなかったが朝や夜に熱がガンと上がり、食欲はそこそこあるけれども喉が痛くて食べるのがつらいと言う。

熱が出てから三日目の土曜日は嫁が仕事なので僕が様子を見た。昼は37度くらいでそこそこ落ち着いていた。で、昼飯を食べた後ウトウトと寝てしまったのでしばらく静かに様子を見ていたら、なんだかほっぺたが赤くなっている。触ってみるとまた熱が上がったみたい。夕方起きてから体温を計ったらまた39度でヒイイイイ。

そして夜8時ごろ嫁が帰ってきて、

「三日間熱が下がらない場合は他の病気の場合がある!医者に連れて行こう!」

と言う。確かに三日以上熱が下がらない場合、などとぐぐると肺炎の可能性とかがあるようだ。しかしまだ「三日以上」じゃなくて「三日目」だし、夜だし、これから連れてっても帰りは深夜になる恐れもあるし、明日の朝でもいいのではないか…と思いもしたが、やはり心配で出来るだけ早く診てもらったほうがいいかな、ということで連れて行くことにした。

「よし、パパが連れてくぞ」

「ヤダ、ママとがいい」

ここでも拒否される僕。もう出家しようかな…。僕は某大学病院の救急外来に電話し、今から連れてきていいですよ、とのことなのでタクシーを手配して、乗ってゆく嫁とタクをRとふたりで見送った。

僕とRはしばらくテレビを観ていたが、夜の10時を過ぎたところで

「そろそろ寝なさい」

とRを布団に入らせた。僕だけ風呂に入ってなかったので

「パパは風呂に入ってくるぞ」

と言ったところ

「ヤダ、一緒に寝て」

あら、ツンツンして父親離れが著しいと思っていたのに可愛いじゃないか。まだまだひとりで寝るのは寂しいようだ。

「パパ、たっくんまだかなあ」

「検査してるだろうし、もっと他にも患者がいたとしたら待たされることもあるだろうし、時間かかるかもね」

「眠れないよー」

「心配だねえ」

などと話していたが、結局Rは嫁とタクが帰って来た夜11時過ぎまで眠れないままであった。

「喉が腫れてるからそこからの熱だろうって…」

肺炎などではなかったようでひとまず安心。ようやく眠れそうなRの横に添い寝していたら、ツンデレっぷりを見せられたからであろうか、このツンデレ娘の結婚する相手ってどんなやつなんだろうな、と、ふと考えてしまった。

息子の39度。娘の三々九度。なんちて。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2016-04-23(Sat)

Cupitron「4thシングル「銀河鉄道999」お披露目ライブ」2016.04.17 王子 北とぴあ・ドームホール

会場は銀河鉄道らしく「北とぴあ」内にあるプラネタリウム。

ライブの前にまず「銀河鉄道999」のMVが初公開。スクリーンに投影された。

新し過ぎず古過ぎず、元曲で醸し出されていた旅情を損なうことなく可愛い女の子たちの歌声が映える、よいカバーであった。

MV終業後に暗転。何の演出もなく普通に下手の袖からモソモソと現れるCupitoron3人の影にクスクスと笑い声が上がった後「WARP WARP」からライブスタート。続く「バッテリー」ではホッホーホエホエみたいなオタクの雄叫びが湧き上がる。

自己紹介で

「山川二千翔!こ…高校卒業しました!」

とか

「浜田彩加!高校1年…2年生です!」

など年度の変わり目にありがちな戸惑いがチラホラ。里奈ちゃんはわりとしっかりしていた。

MCも早々に切り上げ「電子計算機の夢」。サビのフリを真似つつ

「君が君が好きーさー」

「オレモー」

と掛け合うオタク。続いて

「ぱーいのぱーいのぱぱいのぱい」

哀愁のテクノ盆ダンスのような趣きの「π」。この曲の振り付けが一番好きだ。それから3曲続けて曲調が一番好きな曲「ピポパトーク」、懐かしの90年代ドイツ製ハッピーハードコアを思わせる「ユニコーンパレード」で盛り上りまくり、「We Are Cupitron」で少しクールダウン。

その後満を持して「銀河鉄道999」。MVもいいけど、やはり3人が生で歌い踊る姿が一番良い。振り付けもカワイイ。

無料ライブだというのに全8曲披露。歌い切ってから。6/11にワンマンライブを行なうことを告知。これにより「レギュラー番組獲得」「新曲リリース」「ワンマンライブ」みっつの公約を全て果たすことを宣言した。ただしどこでワンマンライブをやるかというと

「渋谷で」

「渋谷のクラブ?」

「クラブハウス?」(ゴルフかよ)

3人は非常にあいまいな説明しかせず。これは情報解禁前だからというわけではなくて、彼女らが一旦退場した後、司会者から「WOMB」であることを知らされた。たぶん「ウーム」と読めなかったのであろう。

銀河鉄道999の作者で、今回のメンバーの衣装のデザインをした松本零二先生も登場した。

「女性の衣装のデザインは初めてです」と松本先生。自分が着ている服は先生自身のデザインなのだという。沖田艦長と車掌さんの中間みたいな服なんですけど…とか、話は長いんだけれどもいちいち面白くて、限られた時間内だったので残念であった。

Cupitron

Cupitron

Cupitron

Cupitron
撮影タイムもあり。

最後はCupitronの3人が握手でお見送りをしてくれた。

「あ、ひさしぶり~」

2ヶ月ぶりぐらいに来たが、顔を覚えていてくれていた模様。水曜日のカンパネラのCDを何枚かあげた彩加ちゃんには「カンパネラの人」と呼ばれ、ちゃんと覚えてるもんだなあと感心した。もっとちゃんとライブ行こう…。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2016-04-09(Sat)

娘の卒業とオヤジの業。

もう先月のことになってしまったが、娘・R(12才)の小学校で卒業式があった。

ニュースでは「半数ぐらいが袴姿で…」などというすごい気合の入った小学校もあったが、こちらは半数ぐらいがAKBみたいな感じである。Rもブレザーにチェックのスカートで大人びた感じになっており、

「似合うね。カワイイよ」

と半分涙目でRを褒めると、Rもまんざらでもない感じでフフンと微笑んだが、

「それが中学校の制服だったらいいのになー」

と余計なことを言ってしまうとRの顔がすぐズーンと暗くなってしまった。しまった。こんど入学する中学校は制服が死ぬほどダサく、それがRの悩みなのである。

まず子供達が学校に向かい、父兄受付時間になってから僕と嫁が卒業式会場の体育館へ。しばらく待っていると息子・タク(10才)を含む4年生と5年生が入って来た。彼らは卒業生を送る歌を歌ったり、言葉のかけあいをしたりするのだ。タクはこちらをちらっと見てニコニコしていた。パーカー姿だったので

「ちょっと普段着過ぎたかな」

「別にいいんじゃね」

などと嫁と話す。

やがて定刻になり卒業生たちが入場してきた。既に泣いている父兄もいる。Rはこちらに絶対視線を合わせず、意地悪な笑みを浮かばせながら歩いて行った。

卒業証書授与。子供達は名前を呼ばれるとただ「ハイ」と返事をするだけではなく、

「僕は将来、サッカー選手になりたいです!そのために、中学ではサッカー部に入って頑張ります!」

などと将来の夢を言うんである。ウワサでは「ユーチューバーになりたい」と言うつもりだった子が事前に担任からダメ出しを食らったとかあったようだが、みんなよく考えていて地に足が着いた立派な夢を言うもんだから、自分の子じゃなくても泣けてくる。で、わが娘Rは

「私は!母や祖母のように保育士になりたいです!」

と大きな声で言う。いやー立派だ!嫁と嫁母、尊敬されてるんだなあ…。僕は尊敬されてない父ではあるがとりあえず感動した。

それからお偉いさんたちの式辞や、「僕たち」「私たちは」「卒業します」でお馴染みのアレ(21世紀になってもまだやってるんだね)。そして合唱になるといよいよお別れテンションが最高に高まり、涙がポロポロこぼれている子もちらほら。なんと、Rも泣きながら歌っている!脳内お花畑だからポヤーンとしてて泣かないと思っていたのに。

式が終わり、卒業生は一旦退場。在校生や父兄は校庭に出て、卒業生用の花道を作った。そして改めて卒業生たちが出てきて花道を通って校門まで行く。Rは担任の先生のすぐ後ろにいた。先生はアラサー体育会系の威勢のいいお姉さんで、袴姿がりりしい。

「先生、お世話になりました」

「あっ梶林さーん!」

先生はスパーンとハイタッチしてくれた。そしてその後ろのRにも

「Rー!おめでとうー」

と手を差し出したのだけれども、スルっとかわされ

「ばいばい」

と笑われたのみであった。お前先生よりノリ悪いじゃないかよ。なんでそんなに父に対してつれないのだろうか。今はそういうお年頃でも、将来はいないよりはマシだぐらいの悟りを開いて欲しい。

花道にはそんな境遇の近所のオヤジ達がたくさんいて、

「Rちゃん立派でしたねえ。お母さん尊敬なんて泣かせるじゃないですか」

隣に住んでいる女の子のお父さんに声をかけられた。

「お宅の○○ちゃんも素敵でしたよ」

「いやいや、うちの○○だってRちゃんママめっちゃ尊敬してるんですよ!目標なんですよ!」

「ええー…」

うちの嫁ってすごいんだなあ…。僕も尊敬されるよう、昼間のパパは男だぜ、みたいな、実はすごいんだぜアッピールをかましてやろうか。

「パパ実はハーバード大出てるんだぜー」

尊敬じゃなくてショーンKになってしまった。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2016-03-24(Thu)

子連れ居酒屋。

嫁が職場で「女子会」なる飲み会に参加するから子供達の晩ご飯をヨロシクと言いつつ。

「おばさんしかいないのに『女子会』って」

セルフツッコミをしながら夕方出かけて行った。まあおじさんしかいないのに「少年隊」ってのもあるし。僕も飲みたいなあと喉の渇きを覚えたので、

「じゃあ僕らも居酒屋に行くか」

と子供達を誘ったら

「行く!」

即決だったのでそういうことになった。もちろん飲むのは僕だけだ。過去何度か連れて行ったことがある「魚民」。子供でも食えるメニューもあるし個室だし、子供達もファミレスとはちょっと違う雰囲気になんかワクワクするようだ。

そんなわけでWO民にレッツラゴー。注文を取りに来たのは顔なじみの女の子店員、あーちゃんであった。近所のおっさんソフトボールチームの飲みでもたびたび来ているのである。

「あーちゃん、ひさしぶり」

「お久しぶりです~。今度、私、店長になったんですよ」

「すごいじゃん、店長!」

「でも店長じゃなくって今まで通り、あーちゃん、って呼んでほしいですぅ」

「そうかそうか、あーちゃん」

そんな風に言われるとなんかオヤジ心にぐっとくるものがあった。今度は指名しよう。あ、キャバクラじゃなかった。

そんな鼻の下を伸ばしている僕をシラーッとした目で見ていたのが娘・R(12才)と息子・タク(10才)。特に

「なんでオヤジって若い女が好きなん?」

と吐き捨てるように言う。

「オヤジは女と酒が好きなんだよ。お前もそのうち分かるさ」

そう説明したら

「ボクはママしか愛さない!」

おお、なんという潔癖男。お家断絶しそうな勢いである。

「おまたせしましたー」

あーちゃんが注文の品を持って来た。で、Rを見て何年生だっけ?と聞く。

「もう小学校卒業」

「えー、そんなになるの!」

「ちっちゃいんだけどね」

「いえ、女の子はちっちゃい方がいいよ!」

絶対!ちっちゃい方がいいからね、と何度も念を押して去って行った。Rは嬉しいような恥ずかしいような顔をしていた。

ひととおり食べて、僕も酔っぱらってまったりしていると

「ねえパパー、ちょっと探検してきていい?」

とタクが言う。腹が満たされて店内を探索したいと言う。

「走ったり騒いだり他の個室覗いたりしたらダメだぞ」

一応念を押して出してやると、すぐ戻って来た。

「どーもどーも、こんばんはー」

なんとタクの少年サッカーチームのコーチたちとバッタリ会ったようで、僕らの個室にドヤドヤとやって来た。この店は必ずと言っていいほど近所の人達に出会うのだ。

「あれ、君は妹だっけ?」

「姉です!」

「あはは」

酔っ払いコーチはRを見つけてケラケラと笑う。コーチは「では」とすぐ出て行ったがRはご立腹である。

「妹?って言われるの、これで3回目!」

やはり小さい、と見られるのはあまり好きではないようだ。

「あー、じゃあそろそろ帰ろうかなー」

「お水飲みたい」

「お、そうか。パパも最後にもらおうかな」

そんなわけであーちゃんを読んだ。

「何か飲まれますか?」

「うん。お水もらえる?」

魚民だからウォーター、ミー。なんちて。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2016-03-24(Thu)

栃木県佐野市「堀米遊郭」跡地を歩く。

「堀米町遊郭」は、現在の栃木県佐野市堀米町安良町上、日光例幣使街道から少し北に奥まったところにあった。

1923年「栃木県下職業別電話名簿大正12年度版」の「貸座敷業の部」には富田楼、若亀楼、亀楼、本肴楼、新肴楼、福田楼、藤本楼の記載がある。

また、1930年「全国遊廓案内」には「妓楼数約9軒娼妓約36人位居り」とある。

堀米遊郭
メインストリートを南側から撮影。

堀米遊郭
現在は古い民家がちらほらと残る、ごく普通の住宅街。

堀米遊郭

堀米遊郭

堀米遊郭

堀米遊郭
メインストリートを北側から撮影。

堀米遊郭
遊郭の面影は全く残っていないが、例弊使街道から遊郭を結ぶ道が左右にくねっていて、吉原の五十間道を思い出させる。

遊郭エリアに面した家に「大門」さんがあったが偶然だろう(笑)。

近隣の真光寺には、「哀悼の碑」という石碑がある。裏面に

「例幣使街道沿いの遊郭に生きた
女性たちの御霊が安らかなることを  
合 掌 
町谷町 ○○ ○ 
平成13年12月吉日  真光寺 建立」

と刻まれている。

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林(Kajilin)
  • 家族:嫁と娘10才と息子8才
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • mixi :58961
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog