2016-05-25(Wed)

参観王に、おれはなる!

娘・R(12才)の中学校で学校開放日があった。

中学生になったRの授業風景を見てみたいのはもちろんのこと、最近建て直したばっかりのシャレオツな校舎の中も一度見てみたかったのだ。しかし当のRは

「絶対来ないでよ!」

と親の敵のような目で僕を睨んで登校して行った。親は僕だけど。

「よっぽどオヤジに来て欲しくないんだな…」

と、嫁の前でため息を付いたら

「私も『行く』って行ったらケリ入れられたわ」

来て欲しくないのは僕だけではないらしい。しかし

「ボクも中学校見たい」

あと2年後にはその中学校に通うことになる息子・タク(10才)も興味津々であった。だいたい授業参観なんてものは、子供や教師がちゃんとやってるかどうか親がチェックするためにあるものであって、子供から「来て」とか「来るな」とか指図されるものではないはずだ。

そんなわけで「ふざけんな思い上がるな」という勢いで3人で行ってしまった。

しかし、校舎内に保護者はポツリポツリとしかいなかった。最初に目に付いた3年生のクラスを覗いてみると生徒たちから思いっきりガンを飛ばされて完全にアウェイ。もっと保護者で溢れ返っているものなんじゃないの?と思ったが…。なんだか僕らだけがヒマなミーハーみたいである。

そうなるとRが「なんでウチだけ!」と嫌っても無理がないなあ…と思いつつそーっとRの教室を後ろから覗いたら…。

バッチリ目が合ってしまった。

ちょうどグループ作業をやるみたいで、机をガタゴトと移動している時であった。Rは僕らを見つけると、ものすごい勢いでダン!と机を叩き、鬼のような形相で睨んでいる。隣にいたRの友達のメグちゃんが驚いてこちらとRを交互にキョロキョロと見ている。

「やべ、怒った」

とびびった僕ら。しかし怖い顔だったのはほんの束の間で、涙をポロポロ流して泣き出すではないか!

「やべ、泣いちゃった」

僕らはそそくさと教室を後にした。

「まさか泣くほど嫌うとはね」

なんかすごい悪いことをしたようなダークな気持ちになり、ヒソヒソと廊下で話す。

「私、そろそろ時間だから仕事行くわ」

僕の千倍は怖い嫁もさすがに苦笑いで学校を後にした。嫁だってよかれと思ってギリギリの時間の中、都合つけてたんだけどなあ…。そんな中、

「僕らも帰るか」

とタクに言うと

「やだ、学校の中見たい」

彼だけはすっかりワクワクの探検モードになってしまっていた。僕はめんどくさいしRのリアクションによりテンションがだだ下がりだったので

「少しだけだぞ」

サーッと見てとっとと帰ろうと思ったのだが、タクがどんどん進んで行ってしまうので結局ほぼくまなく校舎内を回ってしまった。代官山の蔦谷書店みたいな図書館とかシャレオツなオープンスペースとか吹き抜けとかがあって僕らの時代とは違い、今風の校舎であった。

「パパ、トイレ~」

「しょうがねえなあ、あ、こっちにあるぞ。行って来い」

トイレも入ってみると綺麗だ、と感動するとタクが個室の扉を閉める音がバタン。

「おいお前、うん○かよ!」

「うん」

タクにとっては未知の世界であろう、初めて来た中学校なのにいきなりうん○するとは大した度胸である。そういえば僕は大学生時代、大学のそばに住んでいた。夜中ヒマだったので木村という友達とふたりでよく大学に忍び込んだ時があるのだが、そいつは

「ちょっとう○こ」

必ず女子トイレでう○こしていたのを思い出した。何が彼をそうさせていたのか良く分からなかったが、今思い出してみるとただの変態だったのだろう。

そんな感じで学校見学を終え、あとはRが帰って来たら怖いだろうなー、とビクビクしながら家で待っていたら

「ばん、だすだすだすだす」

乱暴にドアを開ける音と床を叩き付けるような足音と共に帰って来たRが

「なんで来るかなあ!」

と、恨み節を吐き捨ててヒイイイ。しばらく近寄り難かった。しかしそうこうしているうちに昼飯時。お腹がすいているはず。

「何か食べたいものある?」

恐る恐る聞いてみると

「…ひやしうどん」

とのことなので用意して食べさせるとだんだん態度が軟化してきて、

「○○室見た?あそこはねえ…」

校舎の解説をするようになったり

「パパ、足の爪切ってー」

甘えてくるようになった。中学生のRはツンデレである。

これは単に時と共に怒りが消えていっただけなのだろうか。それとも完全に許されたということなのだろうか。

前者なら今後授業参観に行きたいと言っても決して許されないだろうし、後者なら今後も許されるだろう。

いったいどっちなのだろうか。前者か後者か。

学校だけに、校舎がいいなー。なんちて。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2016-05-07(Sat)

ノート買える日本。

娘・R(12才)が中学生になったので、新しい文房具を買いに行きたいという。

安いのでいいだろ、と思いダイソーに連れて行った。

「で、どんなのが必要なんだっけ?」

Rが学校からもらってきたプリントを確認すると、まずノートである。プリントには

Campus
「Campus(キャンパス)ノート」

と書いてあった。商品名指定かよ。リベートもらってるんじゃないのか、とかつい意地悪なツッコミを入れたくなるが、コクヨのCampusノートは定番商品であり普通に使い勝手が良いし。学校側としても生徒が変なノート買って来ないようズバリ指定しておいた方が良いのであろう。

で、Campusノート、お、ダイソーにも売っているではないか…と思って手に取ると

「あ、微妙に違う」

よく見るとCampusじゃなくて…

ダイソー Complete
Completeって書いてあるー!これは…明らかにパチモン。

「これじゃダメか?明らかにニセモノだけど罫線の幅とかはキャンパスノートと一緒だよ」

とRに聞いてみると

「わかんないよ!」

そりゃそうだ。そういえば、小学生の頃、「アディダス」(Adidas)じゃなくて「アディドス」(Adidos)、PUMAじゃなくてPANTHER、みたいなパチモンのTシャツやバッグばかり使わされてる同級生がいていつもからかわれていていたのを思い出した。

Rももし

「やーいこいつパチモンのノート使ってるぞー」

といじめられたらかわいそう。なので

「じゃ、ちゃんとキャンパスノート買いに行こう…」

ケチった父を許しておくれ…とダイソーを後にして、改めて文房具屋で縦書き横書き英文用各種ノートを買った。

「あとは定規とコンパス!」

を買わなければならないということなので

「このへんにあるぞ」

何種類か置いてあるのを見つけたのでRに選ばせたところ、定規は決まったのだがコンパスは

「あんまり気に入ったのがない」

ヒソヒソと僕に耳打ちしてきた。近くに店員さんがいるので気を遣ってのヒソヒソのようだ。なんかかわいい。Rはカワイイ文房具が大好きで、好みがうるさいのだ。コンパスはゴツイ感じなモノばかりだったのでお気に召さないらしい。

「でもだいたいこんなもんだぞ。コンパスって」

「えー。だってー」

「今日決めとけよー」

「あ、プリントに、コンパスは2学期から使うって書いてあるから今日はとりあえず買わなくていい」

「なんだよう、それ最初から言えよう」

そんなわけでひとまず必要な文房具を揃え、家に帰った。

「パパ、レシートちょうだい」

「なんで?」

「今日買った文房具のお金払うから」

「いいよ別に」

「ダメなの!ちゃんとお小遣いもらってるんだから自分のお金で買いなさいってママに言われたの!」

ビシッと言われてしまい、レシートと引き換えにキッチリと文房具代を返されたのであった。

Rが自腹を切るという話であれば、やはりちょっとでも安いCompleteのノートでもよかったのでは…とも思ったり。

ともかくこれにてミッションComplete。なんちて。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2016-05-07(Sat)

あの頃は。

かめはめは

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2016-05-04(Wed)

水曜日のカンパネラ「TOKYO M.A.P.S」 2016.05.04 六本木ヒルズ アリーナ

水曜日のカンパネラ

水曜日のカンパネラ
六本木ヒルズアリーナは、屋根があるとはいえ野外ステージ。前夜から朝にかけての大雨と強風が一転、台風一過のようなカラッとした好天に恵まれた。

水曜日のカンパネラのライブは何度か台風直撃の中で行われたり、または取りやめになったことがあり、コムアイさんが雨女的な扱いをされてしまっている傾向があるが今日はまさに「ラー」のとおり太陽神。

水曜日のカンパネラ
さて、水曜日のカンパネラの出番は15:15から。両面にそれぞれ「水曜日のカンパネラ」「WEDNESDAY CAMPANELLA」と書かれたのぼりが掲げられ、戦国時代の合戦の本陣みたいでカッコいい。

普通にステージに登場するより横、上、後ろから現れることが多いコムアイさん。今日は何処から現れるのか、と思っていたら「メデューサ」のイントロと共に後ろから登場。ギンヤンマみたいな緑色のサングラスをかけ、なんかいっぱいサインが書き込まれているサーフボードを抱えていた。こんな六本木の街中で絵に描いたような丘サーファー。

しかしコムアイさんは恰好だけでなく、観客という名の波に乗ろうとしていた!ATFIELD青木さんを始め5人の屈強なメンズがサーフボードを支え、コムアイさんがその上に乗ろうとする。

「怖い!怖い!」

と絶叫しながらも

「乗れましたあ!」

と嬉しそうにサーフボード上で歌う。屈強メンズがコムアイさんの乗ったサーフボードをえっさおいさと担いで観客の前を巡回し、ステージに到着。まさに文字通りのクラウドサーフ。サーフボードのサインはなんなんだ…と思っていたら、

「コレ見える?J-WAVEの中に置いてあったんだけど、ビーチボーイズ全員のサインが入ってます!」

そんなレアなサインだったとは。

「とったどー!」

いや、盗るなよ。

曲は間髪入れずに「シャクシャイン」に。お客さんがいっぱいでぎゅうぎゅうとはいえ、体が動かせる限り踊りたくなる名曲である。

「初めて観た人?」

とコムアイさんが聞くと結構な人が手を挙げていて、初見は過半数を越えていたと思える。大原櫻子待ちの人が多かったっぽいが、既にライブが終わったMrs.GREEN APPLEファンの人も結構残っていて水カンの注目度の高さが見て取れた。

続く「ディアブロ」では、かつて物販で扱っていたオレンジ色の温泉タオルを客席に投げ込みながら

「いいっ湯っだーね!」

「いい湯だね!」

のコールアンドレスポンスの練習。既にもの凄い観客だったので、コムアイさんが

「私の姿が見えない方、声を出してください!」

と叫ぶと、姿は見えずともかなりの音量の

「いい湯だーね!いい湯だね!」

の声が響くではないか。これは皆も感動。すさかずコムアイさんが

「これでちょっとは見えますか?」

と、いつの間にか用意されている脚立に登った。脚立の両脇を青木さんとDir.Fさんが抑えているとはいえ、脚立の上でのパフォーマンスなど危険な上に恐怖心もあるだろうに、コムアイさんはそんな素振りを微塵も見せない。出来るだけ多くの人に見えるようにという心配りはさすがである。

「ディアブロ」からはカットインカットアウトで「桃太郎」にノンストップで繋ぐいつものパターン。

「明日はこどもの日なので、ちまきとかしわもちを持ってきました!」

と叫んで観客にぶん投げる。久しぶりに見たコムアイさんのお菓子投げ。かつては「お菓子を食べればいいじゃない!」のマリー・アントワネットにてブルボン製品を投げるのがおなじみであったが、今日は和菓子を食べればいいじゃない。

更には庭がなくてベランダに掲げるしかない家庭用のちっちゃい鯉のぼりセットを振り回しながらキッビッダーン、キビキビダーン、とステージを降り、出来るだけ観ている人達の近くまで寄ってって煽りまくる。まるで「ツッタカター、ツッタカター」と行進する西川のりおのようである(オッサンにしか分からん)。

鯉のぼりも観客の海に投げ捨てて、最後は「ドラキュラ」。

みんなに歌ってもらいたいということで

「血い吸うたろかー、お前の、血い吸うたろかー」

とまずはコムアイさんが歌う。わりとシーンとした観客に対して

「何かおかしいですか!」

とツッコむ。そりゃ初見の人にはポカーンなので、そこはコムアイさんもセルフツッコミなのだろう。しかし「ドラキュラ」を始め水カンのPVは全て面白いしので観てください、また、グッズも売ってるのでチェックしてください、とPVや物販のアピールを忘れずにするコムアイさん。更には

「明日、子供の日でしょ?」

とのことで折り紙で折ったカブトも歌いながらばら撒くのだけれども、ばら撒くのに気を取られたのか肝心な歌詞が飛びまくり。ちょっといろんなモノばら撒き過ぎなんじゃないの!

いつもならドラキュラの終盤で「誰かひとりにサビを独唱させる刑」があるのだけれども、今日はコムアイさんがヤフオクにて5,000円で落札したという巨大招き猫バルーンを客席に放り込んだ。猫は客の上をドンブラコとクラウドサーフしつつもちゃんと屈強なスタッフが紐で抑えていたためあまり冒険せずわりと適当なところで回収され、「ドラキュラ」の切ない締めのメロディにてライブは終了した。

今日のライブでは新曲「チュパカブラ」を期待していたが、今日は無料ライブだしお初のお客さんの方が多いことを見越して初見向けのセットリストになったのだろう。もっと見たければワンマンライブやフェスなり、充実した環境で鑑賞したいと思う。

水曜日のカンパネラのライブは、どんだけ楽しませてやろうか、みたいなコムアイさん達の心意気があっていつも楽しみなのだが、コムアイさんの姿が見えない人のためにステージを降りて端っこまで歩いて回ったり、本当は安全管理上登っちゃいけない脚立の天板まで登ってパフォーマンスをするコムアイさんにウルッと来てしまった。

おっさんだけど、純粋にそこは感動してしまった。

六本木だけに、六本木純情派。なんちて(これもオッサンにしかわからんオチ)。

【セットリスト】

1.メデューサ
2.シャクシャイン
3.ディアブロ
4.桃太郎
5.ドラキュラ

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2016-04-23(Sat)

発熱息子とツンデレ娘。

娘・R(12才)が中学校に入学した。

残念ながら仕事の都合で入学式には行けず非常に残念であり、

「パパは別に来なくていい。ママが来てくれればいい」

とRに言われて更にショボーン。遠巻きに真新しい制服姿のRを見守った。Rは中学校の制服がダサいことを気にしていて、僕もよく近所の子が着ているのを見るので確かにだっさいなあと思っていたのだが、実際にRが着ている姿を初めて見たら親の欲目のせいかとても可愛いではないか。

「きれいや 今日のお前はほんまにきれいや」

芦屋雁之助状態。そういうことを言ってもツンツンするR。これも成長したということだろうか。中学生だもんなあ…。

「ホコリが気になるの」

とブレザーのホコリをブラシでせっせと取るR。しかし何故かカーペットの床に直置きでやっており、成長してるんだか抜けてるんだか。

一方、息子・タク(10才)も5年生になった。なった途端に39度の熱を出して早退してきた。季節の変わり目のせいか、新学期直前まで栃木の実家に数泊していた疲れか、進級して環境が変わったせいか、普段はサッカーで元気に暴れているのだが意外と繊細なところがある。

嫁が医者に診せたところ幸いインフルではなかったが朝や夜に熱がガンと上がり、食欲はそこそこあるけれども喉が痛くて食べるのがつらいと言う。

熱が出てから三日目の土曜日は嫁が仕事なので僕が様子を見た。昼は37度くらいでそこそこ落ち着いていた。で、昼飯を食べた後ウトウトと寝てしまったのでしばらく静かに様子を見ていたら、なんだかほっぺたが赤くなっている。触ってみるとまた熱が上がったみたい。夕方起きてから体温を計ったらまた39度でヒイイイイ。

そして夜8時ごろ嫁が帰ってきて、

「三日間熱が下がらない場合は他の病気の場合がある!医者に連れて行こう!」

と言う。確かに三日以上熱が下がらない場合、などとぐぐると肺炎の可能性とかがあるようだ。しかしまだ「三日以上」じゃなくて「三日目」だし、夜だし、これから連れてっても帰りは深夜になる恐れもあるし、明日の朝でもいいのではないか…と思いもしたが、やはり心配で出来るだけ早く診てもらったほうがいいかな、ということで連れて行くことにした。

「よし、パパが連れてくぞ」

「ヤダ、ママとがいい」

ここでも拒否される僕。もう出家しようかな…。僕は某大学病院の救急外来に電話し、今から連れてきていいですよ、とのことなのでタクシーを手配して、乗ってゆく嫁とタクをRとふたりで見送った。

僕とRはしばらくテレビを観ていたが、夜の10時を過ぎたところで

「そろそろ寝なさい」

とRを布団に入らせた。僕だけ風呂に入ってなかったので

「パパは風呂に入ってくるぞ」

と言ったところ

「ヤダ、一緒に寝て」

あら、ツンツンして父親離れが著しいと思っていたのに可愛いじゃないか。まだまだひとりで寝るのは寂しいようだ。

「パパ、たっくんまだかなあ」

「検査してるだろうし、もっと他にも患者がいたとしたら待たされることもあるだろうし、時間かかるかもね」

「眠れないよー」

「心配だねえ」

などと話していたが、結局Rは嫁とタクが帰って来た夜11時過ぎまで眠れないままであった。

「喉が腫れてるからそこからの熱だろうって…」

肺炎などではなかったようでひとまず安心。ようやく眠れそうなRの横に添い寝していたら、ツンデレっぷりを見せられたからであろうか、このツンデレ娘の結婚する相手ってどんなやつなんだろうな、と、ふと考えてしまった。

息子の39度。娘の三々九度。なんちて。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林(Kajilin)
  • 家族:嫁と娘10才と息子8才
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • mixi :58961
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog