2017-11-05(Sun)

水曜日のカンパネラ「SOUND JUNCTION 渋谷音楽交差点」ベルサール渋谷ガーデン 2017.11.04

開演時間に間に合わず、受付でチケットを渡しながらホールの中から聞こえてくる「ゴッホ」に焦り、すぐさま中に飛び込んで行きたいが

「リストバンドを着けて下さい!」

とスタッフの人に制止され、不器用な上に焦っているからなかなか装着できず。

ホールの四隅にそれぞれステージがあって、それぞれが今日出演する4組のアーティストの演じる場所となっている。

しかしステージ以外でパフォーマンスすることが多いことで定評のあるコムアイさんなので、必ずしもそこで演じるとは限らない…。

と思いながら中に入ったのだけれども普通に「?政」をステージで歌っていた。しかし「バク」からは水曜日のカンパネラの唯一無二の演出。大きな布が観客をコムアイさんごと覆いかぶさってきた。

布が広がるのと一緒にコムアイさんもステージから観客の海を突っ切って行く。乗っかった台の上で布のうねりとシンクロしたようなダンスで魅せる。

水曜日のカンパネラ
「ウランちゃん」でもなめらかに体を動かす姿に恍惚とさせられる。



一休さんの踊りがかわいい。たまに観客にマイクを向けて「一休さーん」と歌わせていた。

水曜日のカンパネラ
最後の曲は「アマノウズメ」。ミラーボールの下でキラキラと歌って終了した。しかしこのイベントは2部制で、

『第1部では、各アーティストの定番曲を。第2部では、各アーティストが個性的な世界観で日本のポップスをカバー/アレンジしたスペシャルパフォーマンスを披露』

という進行で、第1部のトリ、中田ヤスタカのDJが終わった後に再び登場したコムアイさんは

水曜日のカンパネラ
加山雄三の「海 その愛」を披露。しかも

「ゲストをお呼びしています!」

水曜日のカンパネラ
本人も来てるし。

21071105004.jpg
若大将の圧倒的な存在感はすさまじく、大盛り上がりのうちに終了。前回観たベイキャンプの時よりもコムアイさんの美しさ度が増していたような気がする。

面白いイベントであったが、レッドブル主催だけにドリンクがレッドブルかレッドブル入りの何かしかなかったのが胸やけ気味であった。

文句雄三。なんちて。

【セットリスト】

第1部
01.ゴッホ
02.嬴政
03.バク
04.ウランちゃん
05.一休さん
06.アマノウズメ

第2部
01.海 その愛

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2017-11-04(Sat)

栃木県大田原遊郭跡を歩く。

栃木県大田原市は県北の行政・経済の中心地。

遊郭は現在の繁華街から少し離れたところにあった。その場所の地名から「深川新地」とも呼ばれていたようである。

「全国遊廓案内」(1930年)の「大田原遊廓」には

『妓楼数四軒、娼妓役二十人位居る』

と書かれている。

大田原遊郭
大田原遊郭
鳥瞰図「栃木県大田原町真景」(1924年)に描かれている大田原遊郭。妓楼の持ち主の苗字はモザイクで隠した。

「深川100年の歩み」には

『本町2丁目2813地内に明治末期から大正時代を全盛に昭和初め迄、新岩井楼、巴楼、井丸楼、武蔵楼などと呼ぶ遊郭(新地)があった所で、遊女達も敷島、福井、白梅、小春など30~40人位が住んでいたようです。
 昭和はじめ頃住宅も取り壊され町に運ばれるのを見ました。
 新地にはお稲荷さんがまつって有りました。(中略)新地の入口には石で出来た門柱が有って(3m位で太さは50cmあったろうか?)、其の石に「桜花 艶舞遊仙窟」と刻み込まれていたように覚えています』

とある。

大田原遊郭
これがそのお稲荷さんにあった手水鉢。上記の妓楼や娼妓の名前が刻まれている。今は深川公民館の敷地内に置かれている。


「本町2丁目2813地内」の実際の場所はここ。

大田原遊郭
南側から北方向を撮ったもの。道路の左側が遊郭エリアで、手前から新井丸楼、武蔵楼、巴楼、新岩井楼と妓楼が並んでいた。

大田原遊郭
現在は普通の住宅地である。

大田原遊郭
一番北側にとても古い廃墟があった。

大田原遊郭
北側から南を向いて撮った。遊郭の名残りは何もない。40年ほど前の古い住宅地図には、

大田原遊郭
先程モザイクをかけた4軒の妓楼の持ち主の苗字のうち、2軒の同じ苗字の家が残っていた。しかし現在はもう確認できない。

遊郭跡を訪ねた後は現在の盛り場を探索。

大田原遊郭
大田原市中央一丁目、南北に走る「柳小路」と呼ばれる飲み屋街。閉店したお店が目立ち寂れている。ガラスが割れたまま廃墟化している建物もある。

大田原遊郭
パンダかわいい。

大田原遊郭
やたらと猫が多い。

大田原遊郭
スナック長屋。

大田原遊郭
ママさんがお店に贈られた花を軽トラの荷台に乗せて運んでいた。

大田原遊郭
立派だが稼働率の低そうなスナックビル。

大田原遊郭
こちらは柳小路に並行し、更に細い「花小路」。飲み屋が密集し裏路地感が半端ない。

大田原遊郭
東西に走り、柳小路、花小路と交わる「つくし野通り」。通称「親不孝通り」と呼ばれているそうな。

大田原遊郭

大田原遊郭
「飲み屋街でよく見かける三大店名」のうち、「恋のから騒ぎ」「紫苑」を見つけた(残りひとつは「来夢来人」)。

大田原遊郭
親不孝通りから更に裏通りへ誘う「愛らんど愛」なる看板。

大田原遊郭
矢印のとおりに進んで行くと、これが「愛らんど愛」だった建物。店の前には滝と川の流れを模した水景設備があり、その水の流れの上を太鼓橋で渡って入店するという無駄に雅びな作りになっている。

「愛らんど愛」は2010年頃まで営業していたと思われる「本サロ」のお店であった。本サロとは「本番ピンサロ」のこと。

※ここから思いっきり下ネタになるので苦手な方は読み飛ばしてください。

本来「ピンサロ」とは口や手で性的サービスを行なう風俗店であるが、「本サロ」は表向きはピンサロでも実は「本番」も出来てしまうという限りなくアウトに近い、ていうかアウトなお店である。

今は外されているが、かつてはこの建物に「愛らんど愛」「アタック制」と書かれた看板があったという。「アタック制」とは、やって来たお客さんに対し女の子がふたり、ひとりずつ挨拶(アタック)すること。お客さんはいずれか好みの女の子を選び、サービスを受けるのである。

このお店は単に挨拶するだけだったようであるが、今でも本サロが存在し、本サロのメッカである栃木県小山市では、挨拶と共にちょっとだけお口でペロリーヌするアタック制のお店もある。

話を戻し、再び散策。

大田原遊郭
中央通り、足銀とNTTの間あたりにある風俗店の廃墟。

大田原遊郭
中央1丁目、亀屋酒店隣にある風俗店「Peach」の看板(店はもうない)。

大田原遊郭
図書館が入っている「トコトコ大田原」の裏あたりにある「高島設計事務所」。ロシアの聖堂っぽいタマネギ屋根が気になるがこれも廃墟のようだ。

大田原遊郭
図書館で調べものをしていたらいつの間にか夕暮れ時に。夕方5時少し前。飲み屋やより一足先にいくつかの中国人系エステ店(チャイエス)の明かりがぽつりぽつりと灯る。ここも表向きはエステだけれども実は本ば…。

大田原遊郭
夕焼け雲とタマネギのシルエットがキレイであった。

大田原。県北の中心地だけあって密度の濃い街並みであったが、廃墟や更地になってしまった所が多く、10年前に来たかった。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2017-11-03(Fri)

栃木県黒羽遊郭跡地を歩く。

栃木県大田原市の黒羽。

東北本線西那須野駅からバスで東へ40分ほど揺られていると到着する。明治維新まで続いた大関氏による黒羽藩の城下町として、また那珂川の水運の拠点として栄えた。

「全国遊廓案内」(1930年)には「黒羽村遊廓」についての記載があり、

『山中に在る。ぽつりんとした小さな村であるが、隣の川西町と共に那珂川の上流河畔に望んで水運の便があるので、之の町には相当に近在の人々が集って来るので、現在では遊楼が四軒、娼妓は約二十人程居る。御定まりは二円位で酒肴が付いて一泊出来る。二円以上三円、四円五十銭と費用は客の任意であるが、特に本部屋としての設備がない様である。遊興は東京式廻し制、店は重に陰店を張っている。娼妓は全部居稼ぎ制である。』

とある。「ぽつりん」というのがカワイイ。

明治時代の小説家、押川春浪の「本州横断 癇癪徒歩旅行」には、水戸から黒羽に寄る途中、八溝山に登った際、廃殿に

「明治四十三年十月二十日、黒羽町万盛楼の娼妓小万、男と共に逃亡、この山奥に逃込みし、捜索のため云々…」

という落書きがあったと記されている。また、遊郭と背中合わせに「曖昧屋」(表向きは旅館だけど売春をする非合法な売春宿。ちなみに遊郭は合法。)があったとも。

遊郭は黒羽の街の中心から北の方、現在の住所では栃木県大田原市前田にあった。



遊郭はいつごろ出来ていつごろなくなったのか全く分からず、現地に行っても当時の痕跡は全くなかった。

黒羽遊郭
遊郭の西側から東方面を撮る。

黒羽遊郭
東側から西を。

黒羽遊郭
辛うじて電柱に「新地」と名が残っていた。

黒羽遊郭
廃屋。

黒羽遊郭
なんとなく2階部分が気になった民家。

黒羽遊郭
屋根が素敵な民家。

黒羽遊郭

黒羽遊郭
山と川に挟まれてぽつりんとした黒羽の街並み。

黒羽遊郭
中世の西洋では理容師と医師は同じであったことを思い起こさせる床屋跡。

黒羽遊郭
人見さんという家が多かった。

黒羽遊郭
北朝鮮ぽいパチンコ屋(?)の廃墟。

白金はシロガネーゼ、赤羽はアカバネーゼと呼ばれるように、黒羽もクロバネーゼと呼ばれるのだろうか。なんちて。

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2017-10-21(Sat)

お父さんSWITCH。

9月末。

息子・タクの12才の誕生日が迫っていた。

なかなか誕生日のプレゼントが決まらなかったが、直前の直前になって

「ニンテンドーSWITCHが欲しい」

とか言い出した。ゲーム機である。既に3DSを持ってるのにそれとどう違うんだと聞いたら何もかも違うらしい。僕も昔はよくゲームをやっていたものだがすっかり疎くなってしまった。

「なんのゲームやりたいの」

「スプラトゥーン2!」

ああ、あのペンキをぶちまけるやつね。いくらぐらいするのか、ゲーム機とソフト1本買うとしたら…とネットで調べてみたら

「ほぼよんまんえん!」

思わず声が出てしまった。誕生日プレゼントに4万円のものをねだるとか、タクめ、大きく出たな。よそはどうだか知らないが、僕の感覚では誕生日に買ってもらうには高額すぎると思う。なので

「クリスマスプレゼントと一緒なら買ってやる」

と言ってみたら

「いいよー」

あっさりOK。そこまでして欲しいのか。じゃあ買ってやろうか、ということになった。

いちいち買いに行くのはめんどいからネットで買おうかな…と思って調べたらびっくりした。発売してから半年以上経つというのに未だ超品薄状態だというではないか!

店頭にはまずないし、ゲリラ的に売り出されてもすぐ売切れてしまうという。ネット通販も同じで、在庫が補充されたとしてもほんの数分でなくなってしまう状況。

ネットで調べるとSWITCHをめぐり、いろんな人たちが跳梁跋扈していた。

・ボッタクリ値で売っているテンバイヤー。
・「テンバイヤー死ね」と5ちゃんねるやツイッターに恨み節を書き込むSWITCH難民。
・入荷情報をまとめてツイッターで発信している人
・転売よりSWITCHをゲットすること自体に快感を覚えてしまった手段目的逆転の人。
・「SWITCH難民のために僕がゲットして定価で売ります!」とかいう正義の味方な人。

モノ売るっていうレベルじゃねーぞ状態なのがよく分かった。なので

「なかなか買えないっぽいからだいぶ遅くなってもいいか?」

とタクに言ってみたら

「全然いいよ」

タクもある程度は状況は分かっているようであった。

かつてタクに買ってやった仮面ライダーの変身ベルトや変身メダルも大変な人気で超品薄なことがあった。そのたびに夜中からトイザらスやヨドバシカメラに並んだこともあったものである。

「あの時も大変だったんだよ」

「そうなんだ」

そんな思い出話をタクにしてやったのだけれども、もしかしたらそれらはクリスマスプレゼントで買ったものだったかもしれない、ということに後で気付いた。しまった。サンタの正体がばれてしまったかかも。でももうタクも6年生だし、いいか…。

というわけで徹夜並びや長期戦を覚悟してSWITCH探しが始まったわけだけれども、探して3日めぐらいの金曜日、ヨドバシカメラの通販サイトであっさり買えてしまった。ツイッターで在庫状況の速報を出してくれるアカウントがあって、それを見ていたら

「ヨドバシで在庫復活」

のツイートがあり、すぐさまカートに入れて購入ボタンを押し、見事ゲット。ほんの5分程度の早押し勝負だったようである。たまたま事前にヨドバシのサイトを開いてログインしていたのでそれもラッキーであった。ていうかもっといいことに運を使いたい。

更に購入した次の日に配達してくれる「エクストリームサービス」とかいう配達員さんが過労死しそうなサービスにより

「宅配便でーす」

なんと翌朝にウチに届いてしまった。これがエクストリームの力…仮面ライダーWかよ。まさかこんなに早く来るとは思っておらず、タクにもまだ言っていなかったので

「え、コレ何?」

と驚いていた。


「開けてみ」

もったいぶってタクに開けさせるとそこにはSWITCHが!

「やったー!」

と強く抱きしめられてしまった。ひとつ年を重ねたとはいえ、まだまだ子供よのう。

「買ってやったけど、今まで以上にゲーム時間が増えたらすぐ使用禁止にするぞ!」

「わかったよ!」

与えたのはいいが、やり過ぎないように釘を刺しておかねばならない。もし約束を守らなかったら本気で使用禁止にして中古屋に売り飛ばすつもりである。

使用禁止のスイッチとダチョウ倶楽部はよく似ている。

押すなよ!押すなよ!

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2017-09-11(Mon)

水曜日のカンパネラ「BAYCAMP 2017」川崎市東扇島東公園 2017.09.09

BAYCAMPでの水曜日のカンパネラ。

出番は午前1時ということで、野外イベントはあまり経験がないので良く分からないが、クラブだと一番盛り上がる時間帯と言ってよい。こちらのテンションも高まった。

あらかじめ水カンファン(カンパネラー)の人たちとうろついていると、

「あそこにコムアイさんいますよ」

と教えてくれた人がいたので追い掛けてみると、ちょうど観客エリアからバックスペースに戻るところだったので

「コムアイさーん」

と手を振るとにっこり笑って手を振り返してくれた。マンモスうれP。

そしてコムアイさん情報だけではなく、

水曜日のカンパネラ
櫓のようながあるのも教えてもらう。白い三角コーンとか明らかに「IN THE BOXツアー」で使用されたオブジェであり、水曜日のカンパネラ専用の櫓であることは明らか。ステージから遠く離れた場所に築かれた出城のようであり、真田丸のよう。いわば「水カン丸」か。

「絶対ここでやるよね」

ということでここでスタンバるカンパネラー多数。しかし僕はやはり大きなメインステージでの晴れ舞台というか、パフォーマンスが観たかったので前方で待機することにした。

さて、水曜日のカンパネラのライブ時間となり、首尾よく最前列に待機出来た。「ゴッホ」のイントロが流れ、ライブの始まりを知る。コムアイさんの姿は見えず、遥か後方にでかい幌のような布が風を受けてモコモコと膨らんでいるのが見えた。多分あの辺で歌っているのであろう。

全く見えないからと言って探しに行ってしまうのはダメカンパネラー。コムアイさんはステージからではなく後ろや横や上から現われ、縦横無尽にパフォーマンスするのが常。だから、いつかはこっちに来るだろうと思い、

「探さない。待つの」

ブルゾンちえみばりに余裕をかましてモコモコを目で追いつつ踊っていたら、そのうち先程の水カン丸に登り、「ユタ」を歌うコムアイさんが見えた。それでもステージ側にいた客からすると背中しか見えない。曲は「アマノウズメ」になった頃だったか、

「スマホのライト当ててー」

コムアイさんが叫ぶと無数の観客が点したスマホのライトで辺りは光の海になった。僕はあんま充電の余裕がなかった。すまみせん。光の中、水カン丸から身を乗り出して歌うコムアイさん。ていうかもうステージで演る気ないよね…。

そんなわけで

「探さない。待つの」

とか余裕がなくなってしまった僕はブルゾンモードを解除し、水カン丸まで一気に移動。曲は「桃太郎」に。

水曜日のカンパネラ

水曜日のカンパネラ
噂には聞いていたが生で聴くのは初めてのリミックスバージョン。原曲からガラッと変わっているが、これが野外の夜空のダンスフロアにはものすごく合う。が、ウォーターボールに乗って客の上をドンブラコするパフォーマンスは相変わらず。

最後は「マルコ・ポーロ」。水カン丸を降りて、観客の真ん中を突っ切ってステージに向かいながら歩くも、ステージに登った時はほぼライブの終わりであった。

これまで水曜日のカンパネラのライブは何十回と観ていて、最前列で待機してたのに後ろから現われた、とか、ほとんどステージにいなかった、とか、そういう経験も何度もあって、今まではそれはそれで楽しいと思っていたけれども、今回初めて

「これはちょっと物足りなかった…」

と思ってしまった。何故だろう。もともと最も演じるに適しているメインステージを捨ててまで狙ったのは何だったのか。簡単に言えば

「分かりづらかった。見えづらかった」

からかもしれない。あの演出をするには広すぎたのと、時間が短すぎたのと。今まではどんなに遠くから観ていても一体感があったからこそ楽しかったように思える。また次に期待したい。

あと残念だったことは、コムアイさんが「マルコ・ポーロ」で歩いている時、先導するスタッフがいきなり現れて張り手をかまされたこと。普通、

「前を空けて下さい!」

とか言うだろう。こちらはコムアイさんがこっちに歩いて来るなんて知らないし、突然現われたものだから不意を突かれ、咄嗟には動けなかったのである。ひどすぎる。そのせいで骨が折れた。賠償しろ。いや、骨折はウソだが心が折れた。やはり賠償しろ。賠償額は、

35億。なんちて。

1.ゴッホ
2.ユタ
3.アマノウズメ
4.桃太郎 (REMIX)
5.マルコ・ポーロ

↓クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林
  • 家族:嫁と娘と息子
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog