2014-09-02(Tue)

皿の色は うつりにけりな いたづらに

土曜日の夜、嫁は仕事からの飲み会で、娘・R(11才)はお友達のおうちでお泊り会だった。

いずれも女子会的なノリで羨ましかい。僕もオヤジ会的なお誘いがあったのだが彼女らに先を越されて行けなかった。何故ならば、息子・タク(8才)が残されてしまうからね…。

そんなわけで僕も息子と男子会的なものをしてみたいと思い、

「ふたりで寿司食いに行くか」

「行く!」

せめてうまいものでも食おうということで寿司屋に行った。勿論回転寿司である。回らない寿司屋と首も回らなくなってしまう。

「ボクねえ、カンパチも食べられるよー。」

「そうだね。マダイも食べてみるか?」

「えー。どんな味ー?」

「白身魚だ。おいしいよ」

「じゃあ食べる」

タクは寿司が好きで、特にマグロが大好きなのだけれども、他のネタもだんだん食べられるようになってきたのと、そのネタと名前を覚えるのが楽しくてしょうがないらしい。

「次、ヒラメも食べてみるか?」

「えー。どんな味?」

いちいち説明するのがめんどくなってきたので

「じゃあ最初にパパの分を頼むから、ちょっと食べてみよう」

「うん」

というわけで僕の分だけ頼んだら、

「それ、銀色のお皿だよ!高いんでしょ?だからいいよ!」

妙に遠慮することを覚えてしまっていた。うだつの上がらないオヤジだからそういう配慮
が自然に身に付いてしまってしまったのだろうか。金の皿の大トロなんか頼んだらひっくり返ってしまうだろうなあ。

食べながらタクは学校での出来事などを話してくれる。

「図書室にねえ、デビ夫人の本があったよ」

「うそお」

「ホントだよ!」

よく聞いてみたらキュリー夫人であった。

お前が頼んだのは金の皿の大トロですか?それと銀の皿のヒラメですか?それとも100円皿のかっぱ巻きですか?かっぱ巻きだけにキュウリ夫人ってやかましいわ。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2014-08-31(Sun)

娘の自由すぎる自由研究。

確か、沖縄に行ったのは7月の末で、その時に娘・R(11才)の夏休み自由研究のネタとして、

「沖縄の海で見つけた生き物とか釣った魚を調べることにしようね」

と決めていた。なので釣り船に乗ってみんなで釣りをした時には釣れた魚の写真を撮ったり、船長に魚の名前を教えてもらったりして、また、海で泳いでいた時にRが貝やカニを見つけた時にも写真を撮ってやったりしたものだが…。

帰ってから、R、何もやってない!

嫁にケツを引っ叩かれ、ようやく準備をする気になったのが確か8月半ばの頃だった。図書館で魚の図鑑を借りて調べようとして、そういう本があるかどうか区の図書館サイトで検索してみたら、見事にみんな借りられていた。

きっとRのような目的の子供達にとっとと押さえられていたのだ。やはり大切なのはスタートダッシュである。よそさまのお子様たちは優秀だなあ…。ウチは出遅れまくりの出遅れティアヌスである。

仕方がないのであまりやりたくなかったのだが(情報が正確でない可能性があるから)、ネットの魚図鑑的なサイトで釣った魚のページをプリントアウトしてRに渡したのであった。

そんな用意までをしてやったので、これで大丈夫だろうと思っていたのに、Rは更に何もやっていなかった!

嫁にマジ切れされてようやく始めたのが夏休み最後の週である。仕事を後回しにする癖はさすが僕の娘と言いたいところだが、いくら僕でもそんな崖っぷちまでは…。

色画用紙に写真を貼ったり解説文を書いたりしていたのだが、見ていると文の見出しもなくて見辛くてグチャグチャだわ

「尾柄部に1-2個の骨質板を有し、腹鰭は普通1棘3軟条である」

とか参照元丸写しで書いてあるわでもう…。

「お前、コレ、書いてあることも読み方もわかってないだろ!」

これでまた嫁と僕ブチ切れである。

「出来るだけ自分の言葉で書きなさい!そういうことしてるとオボカタって呼んじゃうよ?」

本人だけノホホンとしていて周りがイライラというドツボの状態に入り、それでもようやく仕上げの段階まで漕ぎ付けた。

「パパ、海の写真もっと印刷して~?」

「はいよ」

もうここまで来たらなんでもやってあげますよ、だって終わらないもん、と付きっ切りの土曜日。ようやく全てのページを作り上げ、最後にひもを通して綴じて完成した。

本当に夏休みがマジで終わる2日前までかかるとは思わなかった。僕が言いたいのはこの一言のみ。

魚だけに、とっとと(魚=とと)やれ!

なんちて。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2014-08-30(Sat)

水曜日のカンパネラ「 LOFT × New Action! presents Power Fool!!」新宿LOFT 2014.08.29

先日の渋谷O-nestに引き続き水曜日のカンパネラとNATURE DANGER GANG(ネイチャー・デンジャー・ギャング 以下NDG)が観れると楽しみにしていたイベント。

ところがタイムテーブルを見てみると実は2ステージを使う進行となっており、なんと水曜日のカンパネラとNDGのライブ時間がほぼまる被りなのであった。

とりあえず入場して、バーフロアで他のファンの方とどうしましょっかねーとかそんな話をしていると、たまたま通りかかったNDGのユキちゃんが足を止めてくれて、しばし談笑。

「ちょっとでもいいんで観てくださいネ」

と言ってくれたので、これはそうしなければなりますまい。タイムテーブルをよく見ると、水カンの10分前にNDGが始まることになっている。ここが狙い目だとNDGのステージで待機していたら、進行が押していてなかなか始まらない。そのうちに水カンが始まってしまったのでやむなくそちらのステージに移った。

今日のコムアイさんは「千利休」MVの服装に、背中にBiSのロゴがある黄色いハッピを羽織って登場。「モノポリー」から始まったら…

水曜日のカンパネラ
僕の後ろにNDGのユキちゃんとサックスの方が観ているではないか。えー今、出番じゃないのーと1曲目からワチャワチャと。

水曜日のカンパネラ
2曲目の「ラオウ」はバイクを吹かしたりモヒカン揺らしたりする以外の動きもキレイになっていた。

「続いては中国4千年の歴史が培った華麗なるカンフーをお見せします…」

と「カンフー・レディー」の前フリを。それからふと気付いたように

「あ、自分は日本人ですよ!コムアイって名前でやってるんでナニ人って言われるんですけど…」

なるほど。そう思う人もいるのか。

「本名は○○○って言います…」

なんか本名言っちゃってたし。

水曜日のカンパネラ
ラジオ体操のような腕を上下する動きとカンフーのポーズをみんなにもやらせる。

水曜日のカンパネラ
キレイなカンフーのポーズ。

コムアイさんは体調が悪そうで、扁桃腺をやられたと言ってマイボトルを持参。中には「菖蒲湯」が入っていると言っていたが「生姜湯」に訂正。菖蒲湯じゃ端午の節句だ。

水曜日のカンパネラ
「マリー・アントワネット」はおなじみのスケッチブック煽り芸とお菓子ばら撒き。

水曜日のカンパネラ
あ、「マリーアントワネットは言いました」の字が薄く残ってる。

水曜日のカンパネラ
最後は「お七」。人情人情!江戸前江戸前!と叫ぶ。

水曜日のカンパネラ
「発情」バージョン。

曲の終盤、これで終わりか、と思っていたら、コムアイさんがステージの柵をスポーンと飛び越えてフロアに降り、

水曜日のカンパネラ
「踊り足りない人~?」

「うえーい」

「向こうのステージに行きましょう」

ということで、みんな一列になって

「人情人情!」

「人情人情!」

「江戸前江戸前!」

「江戸前江戸前!」

コムアイさんとみんながコールアンドレスポンスしながらNDGのフロアに押し寄せて行ってしまった。

「オレ達はー、ひょうきんさ、ふざけてるー」

NDGのライブはちょうど戦メリのメロディそのまんまの歌を歌いまくっており、フィナーレを迎えようとしていた。

水曜日のカンパネラ
メンバー達が脱いだり転がったりメチャクチャに盛り上がっており、、その中をコムアイさんはステージまで乱入して行って、先ほどの「発情」スケッチブックを全裸メンバーの股間にあてがったりしていましたとさ。

コムアイさんは体調がよろしくないものの、終始ニコニコで可愛らしかった。9/3の自主企画「水曜日の視聴覚室」をとても楽しみにしているので、体調回復を願っている次第である。

【セットリスト】

1.モノポリー
2.ラオウ
3.カンフー・レディー
4.マリー・アントワネット
5.お七

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2014-08-28(Thu)

泳ぎになってティーチャー。

日曜日の夕方、サザエさんシンドロームにより憂鬱な気分になっていた時、

「早く月曜日にならないかなあ」

娘・R(11才)と息子・タク(8才)が僕の心の中と相反することを言った。

「なんでよ」

「プール!」

子供達はまだ毎日が夏休みだけど、学校のプール開放の日が月曜なんだと。本当にプールが好きなふたりである。沖縄に行った時も海よりもプールで泳ぎたがっていたのだった。沖縄行った意味ないじゃん…。としまえんでいいじゃん…。

プール開放があるということは、当然引率する先生方もいるわけで、夏休みなのにお疲れ様である。で、驚くべきことに、タクが言うには

「今日の先生は○○先生と××先生だって!」

「えー!」

なんと、父兄のアイドル・美人音楽教師の○○先生なのだった!1ヶ月以上長々と休めるわタダでプール入れるわ水着姿の美人先生が水泳の指導をしてくれるわ、パラダイスではないか。子供ってどんだけ特権階級なのよ。羨まし過ぎてパラダイス銀河過ぎて股間がガラスの十代になってしまうわのよ。

で、子供達が待ちに待った月曜日の朝。僕にとっては普通のマニックマンデー、グズグズしてるといつもの電車にマニアイマヘンデーなのでとっとと家を出た。

駅までの道をボーっと歩いていると

「おはようございます!」

突然キレイな女性の声に呼び止められてびっく。なんと○○先生ではあーりませんか!僕とは逆に、駅から出て来て学校に向かうところなのだ。

「お、おはようございますでゅふふ…」

すっごいキョドって返事をした僕の顔面は溶解していたに違いない。先生はまぶしいほどの笑顔を見せて、さっそーとすれ違って行った。カラフルなビーチバッグを持っていた。あの中に水着が入ってるのかなあ…エロい妄想をしていだたけに、すっごい生々しい。

とびうおターンをして先生を追いかけて行きたい気持ちになったが、思いっきり通報されそうなのでそれはなりますまい。いろいろと悶々とした妄想を抑えつつ駅に向かうのであった。

どんな妄想かというと、水泳と絡めて夜のシンクロナイズドスイミングとか、夜の体位メドレーとか、いつものオッサンギャグである。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2014-08-24(Sun)

床屋だけにほっとこーや。

息子・タク(8才)を床屋に連れて行った。

待っている間、床屋の本棚にあるドラゴンボールの単行本に夢中で、

「どうぞー」

ようやくお店の人に呼ばれたので

「おら行って来い」

と行かせようとしたら

「なんでだよ!今いいとこなのに」

ブチ切れられた。あのー。何しに来たか分かってますか。

「今日はどういうふうにしましょ」

本当ならば夏なので思いっきり短くしてもらいたい…のだが、タクはカリアゲや嫌だし耳を出すのすら嫌なのだという。本人が嫌だというのなら仕方がない。中学生のころ強制坊主頭だった僕は、本人の望まない断髪がいかに屈辱的かということを未だ覚えているので、タクが切りたくないと言えばそうせざるを得なかった。

だから前回床屋に来た時もそんなに切らなかったのですぐ髪が伸び、マッシュルームカットみたいな髪の毛のボリュームが多すぎる子供になってしまっている。今回も

「耳は出してサッパリした方がいいんだけどなー」

やんわり短めにした方がよい、と勧めるのだが

「やだ!」

と拒否されてしまったので理容師さんにもそのように伝えた。結果、

「お父さんどうですかー?」

仕上げ終わった理容師さんに確認をお願いされたので見てみたら、耳が出せないということでなんだか切る前とほとんど変わってないじゃないかぐらいのレベルであり、僕としてはもっとバッサバッサ切って欲しいぐらいの髪の長さあった。

「やっぱり耳出してもらった方がいいよ」

と僕は言うのだがタクはやっぱり聞く耳持たぬし出す耳も持たぬ。散髪代もったいねーなーと思いつつも家に帰った。本当に坊ちゃん刈りというよりもマッシュルームカットである。

「やっぱりもうちょっと短い方がいいんじゃない?」

家で嫁にもそう言われると、嫁に「可愛い」と言われるのが何よりも幸せなタクは

「うーんそうかなー。ねえパパ。床屋さんにやりなおしてもらえるかなー」

とかほざくので

「ふざけんなー!自分で金出して行って来い!」

散々拒否っといて何今頃猫撫で声でおねだりしてんだこのクリボーが!

息子の耳が出ない代わりにオヤジの角が出そうである。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林(Kajilin)
  • 家族:嫁と娘10才と息子8才
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • mixi :58961
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

出産内祝い

Powered by FC2 Blog