2015-05-25(Mon)

おや総会。

土曜日、仕事に出かけた嫁から「やっておいて」と言われたことがふたつあった。

ひとつめ。午後、息子・タク(9才)とのサッカー練習への送り迎え。

ふたつめ。そのサッカーチームの総会への出席。

ひとつめはいつものことである。午前中まで友達をウチに呼んで遊んでいたタクは、昼ごはんの時間が近づいても一向に遊びをやめないため、

「もう終わり!サッカー間に合わなくなるぞ!」

とケツを引っ叩いて友達を帰して昼飯を食べ、なんとか練習の開始時間に間に合わせた。

問題はふたつめである。

「総会なんて別に出なくても委任状を出せばいいんじゃないの?」

内容を見ると、会計報告と簡単な活動予定ぐらいである。別に反対する意見とか質問したいことがあるわけでもなし。そんなことを言うと

「いや、できれば出て欲しいって役員の人に言われたんで…」

と嫁が言うのでなんだか嫌な予感がしながら出向いて行ったのである。

「こんちは~」

学校のとある教室に行くと、なるほどサッカークラブの役員のママさん達が集まっていた。会長とか、副会長とか、会計とか、そんな役職付きの人達が黒板を背にずらりと横一列に並ぶ。

で、単なるヒラ出席者の僕は向かい合うように座らされたのだが…いつまで開始時刻を過ぎても他の出席者が来ない。

「え、もしかして僕一人ですか」

なんと、出席者僕一人であった!役職付きの人以外、全員委任状というありさま。バカ正直な嫁とバカ正直な僕であったことよ…。サッカーだけにまサッカーとか笑えない。

「あらららら、こういうの初めてですねえ」

と役員のおばさ…ご婦人方。僕のトイメンに10人ぐらいずらっと並んでいるんである。就職活動の面接でもこんなに囲まれたことない!

「なんだかものすごい企業の面接みたいですねえ…」

「あはは…」

お互い気まずいまま総会は始まった。なんかわざわざひとりずつ自己紹介されるし。面接というよりはものすごいヒマな熟女キャバクラみたいになってきた。

「会計報告は以上です。ご質問ございますか?」

というのも僕のみに問い掛けられ、

「この案にご賛成ならば拍手をお願いします」

パチパチと手を叩くのも僕のみ。どんな拷問だ。額と鼻の頭に汗が滲み出た。体感的には永遠に続くと思われた総会であったが、実際の時間としては30分ほど、ようやくしゃんしゃんで終了した。なんか頭に良いフリして何か鋭いツッコミとか質問とかしたいなあとか思ったけれども全然それどころではなかった。恐るべし熟女キャバクラ。延長は御免である。

「どうもありがとうございました…」

全ての議案が可決され、終わって帰ってよいはずなのだけれども、僕以外の役員の人達は何かとワイワイやっているのでなんとなく席を立つタイミングがつかめず、またしばらくガマの油みたいな汗が滲み出つつ、

「ども、ありがとうございました…」

勇気を出して腰を上げて帰る挨拶をした。

「ホントにどうもありがとうございました~」

ご婦人たちも微妙な距離感を保ちながらお辞儀され、ようやく脱出した。

燃え尽きた。真っ白な灰に…。

嫁が帰ってきたからこのことを話すと

「えー、ごめーん。だってだって○○さんが出てって言ったから…」

更に燃え尽きた。真っ白な灰に…。来年の総会には是非こう言いたい。

出せ、出すんだ委任ジョー!

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2015-05-25(Mon)

水曜日のカンパネラ「トライアスロン発売記念」タワーレコード横浜ビブレ店 2015.05.24

3曲入りEP「トライアスロン」のリリースイベント。

店内イベントスペースの前の方はお子さん連れの方優先でお願いします、とDir.F(ディーイーアール・エフとは読まない)さんが采配を振る。10人ぐらいのちびっ子達がおり、オッサン主体の水カンファンの平均年齢を一気に下げる親御さん達が素晴らしい。ウチのは友達と遊びに行ってしまったことよ。

店内が溢れるいぐらいの観客がいたため、出来るだけ多くの人が見えるように、とコムアイさんはステージの上に折り畳み式の長机を立て、その上に乗ってパフォーマンス。ぐらつく机をDir.Fさんとタワレコの方が必死で支えていた。

体育座りのちびっ子達が見つめる中で「ユタ」を歌うコムアイさんは不思議な雨乞いの巫女。なんだか神聖な儀式な気がしてずっと見守ってしまった。

雰囲気がガラッと変わって銭湯の歌「ディアブロ」では、曲に入る前にレッスンしたコールアンドレスポンスの注文がわりと厳しい。

「いい湯だーね」

「いい湯だね!」←元気よく

「手の指の皮が」

「ふやけるね~」←ふやーんとふやけた感じで

「ほどほどにしないと」

「のぼせるねー!」←絶叫

などと単純にデカイ声を上げればいいというわけではなかった。

「横浜ということで、海っぽい格好してきたんですけど、気付いてくれました?」

麦わら帽子をかぶり、青と白のファッションで決めてきたコムアイさん。

「かわいい」

と一部ヲタから声が上がったのだが

「どうでもいい感じでかわいい言われるとムカつくんですけど(笑)」

と返されてしまって、もっと情熱的に言えばよかったかなあと。本番ではよく訓練された水カンファンによりメリハリがついたコールアンドレスポンスが行われ、コムアイさんも足場が悪いのに軽やかに踊り、ノンストップで「桃太郎」に続く。セリフの場面では

「横浜名物ごまだんご」

と変えて。あれ横浜名物だったのか。

曲の途中でコムアイさんにマイクを向けられたちびっ子が

「きっびっだーん、きびきびだーん、おっにったーい、おにおにたーい」

とカワイイ声でキチンと歌っていたのがすごい感動。たぶんお母さんの英才教育の賜物。

最後は「ナポレオン」。ステージから降りてぎゅうぎゅうの観客をかき分け突撃して行き、後方のお客さんの至近距離で歌って盛り上げ、終演となった。

ライブ後のサイン会では長蛇の列。宛名まで丁寧に書いてくれて、最後のお客さんまで1時間ぐらいかかっていた。

その後は下北沢に移動。来週、下北沢の街中のライブハウスで開催されるサーキットイベント「Shimokitazawa SOUND CRUISING 2015」に関連したものだろう、5/30まで限定オープンのタワーレコード下北沢店の1日店長にコムアイさんが就任するというのでこちらも観に行った。

水曜日のカンパネラ
19:00から始まったのは、コムアイさんと下北沢のゆるキャラ「しもっきー」のトークイベント。しもっきーはやたらとまつげがバサバサでボディに「下北」と入っているキャラなのだが、喋れない設定らしい。

水曜日のカンパネラ
あらかじめサンプラーに用意された「しもっきー!」とか「ああ~ん」とか変な喘ぎ声とか、数種類の返答しかできないため、それを相手にトークというのはコムアイさんにとってはかなりムチャぶりだったのではないだろうか。見てるぶんには面白かった。

ここでもサイン会の特典が。観客にアナザージャケットとペンが配られ、しもっきーの絵を描いてください、と言われ、それをひとりずつコムアイさんが採点してゆく、というものであった。

「0点から150点までの点数が出ております…」

というFさんがアナウンスしている中で僕が採点してもらった結果は…

水曜日のカンパネラ
3点!点があっただけましなのだろうか…。

水曜日のカンパネラ
イベントが終了すると、コムアイさんは台車に乗り、しもっきーに押されて帰って行った。どんな店長だ。

来週の土曜日も「Shimokitazawa SOUND CRUISING 2015」のためにここ下北沢に来なければなりますまい。

【セットリスト】

1.ユタ
2.ディアブロ
3.桃太郎
4.ナポレオン

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2015-05-24(Sun)

Cupitron「ラオスフェスティバル2015」代々木公園 2015.05.24

代々木公園内イベント広場でのライブ。Cupitronの出番は11時から。

代々木公園の野外ステージで、屋台から漂う美味しそうな匂いに鼻をくすぐられながら観戦。

Cupitron
今日の衣装は旧型。それでも暑そうな日差しの中、可愛くてパワフルなパフォーマンスを披露。撮影禁止ではなかったので、前の方の人々がごつい望遠レンズを構えていた。

Cupitron
フリートークみたいなのはあまりなかったけど、屋台で伸びるアイスとステーキを食べたとか。ラオス関係なくてよい。

Cupitron

Cupitron
僕の好きな「ピポパトーク」を演ってくれて特に嬉しかった。

ライブの後、僕も屋台を見て回ってる。ラオスフェスティバルだからラオスのビールだよね、ということで早速買って飲みながら歩いていると、売り子のお姉さんから

「2杯目いかがですか?」

ちょうど飲み終わるタイミングに声を掛けられたので2杯目行ってみた。

Cupitron
酔っぱらったのでお姉さんにがっついても…無理はないな!

【セットリスト】

1.ユニコーンパレード
2.ピポパトーク
3.サマーカイジュウ
4.電子計算機の夢
5.バッテリー

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2015-05-22(Fri)

子供ピカチュウ親アルチュウ。

ブログ更新の間が開いてしまったが、息子・タク(9才)のポケモンカードバトル2日目の話である。

前日、5/9(土)に幕張メッセまで行き、夜は嫁が飲み会で参加していた居酒屋でメシを食ったところまでは前回、前々回のブログで書いた。

で、5/10(日)の早朝、僕は昨日同様タクを叩き起こして出掛けた。

「大丈夫か?気持ち悪くなってない?」

「うん」

僕はタクの体調が心配だった。少し前のポケモンカードバトルも2日連続で、その時も参加したしたのだが、2日目のタクは連日の早起きによる寝不足と1日目のはしゃぎ過ぎで、鼻血ブーだわ気持ち悪くなってゲロゲロゲロッピだわで大変だったのである。

それを口実に2日目は行かなくていいじゃん、と言ってみたのだけど、タクの意志は固く、参加した次第。

ただし2日目は娘・R(11才)は一緒ではなかった。1日目は嫁が仕事なのでひとり家に置いておくわけにいかず、彼女自身はポケモン全く興味ないのに連れて来ないわけにはいかなかったが、この日は嫁がウチにいたし、嫁が親子スイーツ教室とやらに申し込み、Rとふたりで行くとのことであった。

嫁、タクのために拘束されたRのフォローをちゃんとしていて偉いなあ。

で、2日連続でタクを幕張に連れて行くのは僕の役目。途中の新木場駅の立ち食いソバ屋で朝飯。単に僕が食べたかっただけであるが、タクとは
よく立ち食いソバ屋で食っている。

身長が足りなくてテーブルに届かないタクのために店のおばちゃんが木箱を持ってきてくれたり。なかなか風情があってよい。

さて、幕張メッセの会場に着いてからは前日と全く同じである。近所のポケモン仲間と合流し、とっととバトルに突入、僕はタクが体調を崩しやしないかヒヤヒヤしながらも基本的にはヒマなので…またカワいい女の子にがっついたりしていた。

愛美お姉さん
司会のお姉さん。2日連続でがっつく。

ツツジ
こちらはポケモンのゲームに出て来るキャラのコスプレをしているお姉さん。

「なんのキャラでしたっけ」

「ツツジです!」

はにかみながら答えてくれたのでむねきゅん。

肝心のタクのバトルは残念ながらこの日も4連勝止まり。決勝トーナメント進出要件である5連勝にあとひとつ届かなかった。

でもまあよくやった方だと思うしタクもそのようで、残りの時間は仲間とチームを組んでバトルとかして時間いっぱいまで楽しんでいた。僕はさらにヒマになってすぐそばにあるデイリーヤマザキで酒とツマミを買って来ていい感じに酔いつぶれて会場外でゴザ敷いて寝た。幕張まで来てホームレス気分。

午後5時を過ぎるとタクの顔にクマができていた。徹夜明けの漫画家みたいなのでさすがに帰ることにし、ポケモンカードバトルを終えた。

決勝トーナメント進出は叶わなかったものの、会場に来た人がもらえる限定カードとか(バトルしない僕やRももらえた)3連勝でもらえた限定カードとか、レアっぽいカードをいっぱいゲットしたんである。

レアだけど大して強くないので、僕もタクも

「売っちゃおう」

という考えで一致した。面白いもので、そういうレアカード目当てに

「カードパック一袋と交換しませんか? 」

と声をかけてくる輩がいるんである。カードパック一袋は160円程度。しかし僕はもっと高く売れることを知っている。

「ははは、転売目的?」

とあしらうと

「いえ、そういうわけじゃ…」

ボソボソと言い訳みたいなことを言って去って行った。かたっぱしから声をかけて相場を知らないお父さんが釣れるのを狙っているんだろうなあ。

とは言ったものの、そんなに高くも売れますまい…と後日、特典でもらったカード、全部で10枚ぐらい秋葉原のカードショップに持って行ったら

「5,250円で買い取らせていただきますが、いかがいたしましょう?」

「え、そんなに?」

すぐさま買い取っていただいた。連勝しないともらえないカードなどが高かったようで。タク、決勝トーナメント進出は叶わなかったものの、頑張った甲斐があったな。交通費ぐらいにはなったわ。

そのお金は全部タクに与えた。臨時収入に大喜びしながら

「どういう風にお小遣い帳つけたらいいのォ?」

と戸惑うのが可愛かった。

ポケモン、モウケモン!なんちて。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加

2015-05-14(Thu)

ウォーター、ミー。

前回の日記の続き。

息子・タク(9才)が参加したポケモンカードゲームの大会会場・幕張メッセからウチに戻って来た時は、既に夜の8時半ごろであった。

普段ならご飯を食べ終え、お風呂にでも入っている時間であるが、この時、ウチには嫁もいなかった。

「夜は職場の歓送迎会なんだけど、行っていいかなあ?」

嫁がそんなことを言っていたので、そりゃ行って来いよ、と返事をしたので嫁は既に近所の魚民に行ってしまっていたのでご飯の用意もない。

明日もタクがポケモンカードバトルに参加したいと言っているし、そのためにとにかく早く子供達を寝かせたいと思い、電車で帰る途中の新木場駅の立ち食いソバでも食わせりゃいいやと思っていたのだが、

「ボクも魚民行きたい!」

「Rも!」

娘・R(11才)もタクも揃って嫁がいるところに追いかけて行きたいという。昔なら子供を居酒屋に連れて行くとか狂気の沙汰かよという感覚があったけれども、今の魚民とか和民とかはは個室もありすんごいファミリー向けなんである。

「じゃあちゃっちゃと食べてすぐ帰るぞ!」

「うん!」

というわけで嫁達が飲んだくれる魚民に向かった。

「あらー、いらっしゃい!今日はお子さんと一緒?」

店に着くと速攻で女の子店員に声を掛けられた。この店、近所のオヤジソフトボールチームの飲み会でしょっちゅう来ているため覚えられてしまっているのだ。

「なんであのお姉さんパパのこと知ってるの?」

子供達が怪しげな目で睨みつける。単にオヤジ仲間といつも来てるからさ、と答えればよかったのに、

「まあ、大人の付き合いでね…」

気取って妙にもったいぶった答えをしてしまったので

「お、おとな?」

もっと怪しまれてしまったようだ。

嫁達のグループは、どこにいるか探そうとしたのだけれども一番うるさかったので速攻で分かり、

「ママ―」

甘えん坊のタクはすぐさま嫁に飛び付き、

「あらー、追いかけて来たの?」

嫁もなかなか嬉しそうであった。よかった。こんな時間に居酒屋連れて来るんじゃないよ!とか怒られなくて…。

一応僕も嫁職場の方々に挨拶してから僕らの個室に入り、お腹を空かせた子供達のためにいろいろと注文した。Rもタクも居酒屋という、ファミレスとはまた一味違った店の雰囲気が好きなようだ。実際子連れのママ友達が飲んでたりして、居酒屋は既に子供とって未知の世界ではなくなっている。

注文してからしばらく、料理が運ばれて来たので子供達に食べさせ、僕は適当に飲んだくれていると、

「やほー」

がらっと個室のフスマを開けて嫁がやって来た。

「抜け出していいのかい?」

「いやー、ウチのとこ、料理少なくてさ」

嫁は、せっかく腹を空かせた子供達のために頼んだチャーハンやらギョーザやらピザやらを取り皿にガサッと乗せ、もぐもぐ食べて戻って行った。なんて奴だ。酔ってるのか?

しかししばらくしてから嫁はデザートで出されたらしいシューアイスを3つほど持って来た。

「やったー!」

子供達は大喜び。一方僕は

「けっ。やっぱモンテローザは酒は薄いわ日本酒は臭いわ…」

などとグダを巻いていた。それでも酒をソコソコ飲み、子供達もいろいろ食べて満腹になったころ

「たっくーん!」

嫁の職場の同僚のお兄さんがこっちに飛び込んできた。何やらタクをお気に入りだという。

「いやー、あなたが旦那さんですか!たっくん可愛いですよね!」

「いや、ですよねとか言われても…」

僕もいい感じに酔っぱらってるつもりだったが、それよりぶっ飛んだ相手だったのでこちらが冷静になるほかない…。

気が付けば時計は午後10時。そろそろ帰らないと…ということで嫁職場のみなさんに挨拶して帰ったのであった。

ウチに帰ると子供達を速攻でシャワーを浴びせ、歯を磨かせとっとと寝かせた。いやー、僕が居酒屋に行くようになったころから比べると、居酒屋に子供なんてめったに見なかった。それが普通にファミレス並みにいるもんなあ…。

そして僕が大学生の頃はどこの街にもあったチェーン系居酒屋、つぼ八、白札屋、天狗、養老乃瀧、などは今ちゃんとあるのかなあ…そんなことを考えながら、酒を飲み過ぎてトイレが近くなった僕はなかなか眠れないのであった。

放尿の瀧。なんちて。

応援クリックお願いします↓

クリックしてね!←これだけでもいいので押してね。
ブログランキング・にほんブログ村へ←こちらもできれば。

はてなアンテナに追加
バカ写真
INFO
ABOUT
  • ■サイトの変遷
  • '00年02月開設:リンクフリー。
  • 相互リンク受付けてません。
  • 無断転載不可。
  • ■作者
  • 名前:梶林(Kajilin)
  • 家族:嫁と娘10才と息子8才
  • 住所:東京都
  • 好物:テクノ/美少女
  • mixi :58961
  • バナー
最新コメント
メッセージはこちらから
リンク
ブログ内検索
あわせて読みたい
  • あわせて読みたい
カテゴリ
日記
FEED

FC2Ad

Powered by FC2 Blog